したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

3989 首創環境

55 :2017/10/07(土) 15:26:58 ID:klNZHtZw0
北京市の石景山区で首創集団が環境に関する戦略協定を結んだ

四川省眉山市とも、戦略協定を結んだ・・・
四川省とは、首創集団が合弁でファンドを立ち上げているから今後、幅広く
進出するだろう。首創環境は、現状展開0だが2〜3年の内に受注する

河北省秦皇島市とも 河北省も首創環境はない

又、将来の展開地域が更に広がったな・・・

首創集団のネットワークが13省17市と書かれているが実際もっと多いだろう
首創環境は、11省で受注しているが、これで13省に拡大するだろう

又、広くなった・・・

他の固形廃棄物企業は、2〜3省で展開しているだけ、
他社でこれだけ広範囲で展開しているは、光大国際だけだか?

掘り下げて行けば2〜3省でしか展開していない企業と、13省で展開している企業が
競争したら13省で展開している企業の方が、圧倒的に成長率が高いのはわかりきった話

理由は、過去受注した企業が次も受注するが中国では常識

戦略協定を結んでいる省が、どこかの市で投資しました
次は、この市に投資しますとなると前の市で受注した企業が次の市でも受注する

一つの市と戦略協定を結べは、市の中の県で1つ受注したら、次の県でも同じ企業が受注する

戦略協定が広ければ、広いほど後々、受注する確率は高くなる
1つ出来れば、後は芋つる式で次々と同じ企業が受注する

だから参入障害が高く 大手10社に集中する社会構造になっている
固形廃棄物は、大手10社で市場シェアが90%と言われている

10省以上の広範囲で展開しているのは、首創環境と光大国際の2社だけか?
光大国際も10省あると勝手に思っているだけで、実際調べた事はない^^;;
あるんでないのかな?なかったりして・・・

普通は、展開している省が多いて事はそれだけ戦略協定を結んでいるに繋がる
河南省にまで、来るくらいだから広いと思う・・・段々トーンDWする
持っていない企業の事まで、真剣に調べるかになる

上海環境は、上海市と安徽省
啓迪桑徳は、陜西省と甘粛省と上海東浦
後の企業は、精細には調べていないが2〜3省だ

首創集団が遣ろうとしているのは、人より早く戦略協定を結んで投資先を確保
あとから実績が付いてくる戦略を取っている

PPPが動きだした時の年成長率は、他社を圧倒する成長率にならないといけない

この中間を見たら、他社が30〜60%にたいして、160%成長をしている

BCGNZの買収分51%が、前年あったとして、前年実績を修正してから
純粋な160%だから同業他社と同条件での前年実績からの成長率て事になる

買収分が丸々プラスですの数字でいけば、660%成長になる・・・
動きだしたら、面の広さで他社を圧倒する構造になっている

5年間プー太郎をしたのと、5年間一生懸命働いた人の差が今見えている業績
今から、ムチを入れて来年から人の3倍働かせますw

それが、今の各社のPREの違いだと理解している
調べても調べても、尽きる事が無い・・・


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 メイドVer. (1/8スケール PVC塗装済み完成品)


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa