したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

3989 首創環境

517 :2018/10/02(火) 22:35:35 ID:klNZHtZw0
tenbou.nies.go.jp/science/description/detail.php?id=75
これは、知っておかないといけない物だな・・

親会社の北京キャピタルが、下水道事業をしているが下水道には泥が溜まる
除去した泥を、どうるんだ?泥を更に再利用する

北京市延慶区のプロジェクトは、ゴミ発電所日300t 生ゴミ処理日50t 油処理日20t
そして、汚泥処理日120tの3つで構成されている

ゴミ発電所と生ゴミ処理と油処理は、読んで字の如くだからわかる
汚泥処理を見落としている・・何度か読みかえしていて、これ何?

t.zgzhhw.com/plus/view.php?aid=19373
生ゴミ処理フォーラムの話だけど、

2.有机垃圾处理行业发展历程 有機廃棄物処理業界の開発プロセス
2010年以前は、生ゴミも燃えるゴミも一緒に埋め立てや、焼却処理されていた 
これを第一期

2011年-2017年は、廃油や水気を含んだ食品が人気となり対応する為に
台所廃棄物に関する政策方針を推進し第二期に入った
台所廃棄物は家庭ゴミから選別され、資源処理のために別途収集されます。
政府は試験都市5つを指定しています。

此処が重要>>このプロセスは、主として嫌気性処理に基づいている。

2017年前は、この段階では、台所廃棄物は家庭ゴミと混合して埋め立てまたは焼却されている

2018年以降、家庭廃棄物の分類政策は徐々に浸透していき、第三期に入った
複数の都市は家庭廃棄物の必須分類を実施し始め台所廃棄物はすぐに別々に処理され、リサイクルされ、
台所廃棄物の乾いた嫌気性処理が徐々に主流のプロセスになります。

現在、ヨーロッパやアメリカの先進国は、スマートシティを設計する際の有機廃棄物とエネルギーの大きな
サイクルを行う予定です。 有機性廃棄物からバイオガスを生成するために嫌気性発酵を行い、バイオガスから
天然ガスを精製してごみ処理の推進力とし、残りのバイオガス残渣を有機肥料に転換し、土地利用に戻して
完全な自然環境を作る大きなサイクルを構築します

家庭廃棄物の強制分別を推進することで、有機廃棄物の生産が急速に伸び、有機廃棄物総合処理市場の急速な
成長が将来にわたってもたらされると述べた。

汚泥も生ゴミも、仕組みは同じ見たい
水を含んでいるから水と分離して遣れば、どちらもリサイクル出来て、
これを、バイオマスの燃料として使える見たい・・・

ゴミ発電所でも、汚泥が出ていて南昌冷泉式ではこれを、発電所内で処理している
安いのは、汚泥処理施設が無い見たい・・・だから、安いのと、汚泥が適切に処理
されないで、垂れ流されて2次公害が発生する元になっている

埋立地も同じで、汚泥が処理されないで地下水に流れ込んで
地下水が飲料用水として使えなくなったのが北京の水不足の原因

生ゴミを100%リサイクルするのが、浙江省宁波市世行贷款厨余垃圾处理厂项目
で、嫌気性処理される中国初のIMF融資によるPPP

嫌気性処理で、国家指定PPPモデルに指定されて、国内初の大型嫌気性処理施設て話
嫌気性処理で、国内TOPにたっているんだ・・・意味が分からなかった・・

中国語だから、細部がわからない
中国は、嫌気性処理に向かって進んで行く


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス) - 樫木祐人

マキナタで暮らしたい……

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板