したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

3989 首創環境

493 :2018/09/09(日) 16:53:58 ID:klNZHtZw0
PPP 相当読み込まないと、訳がわからない 
でも、これを理解しないとインフラがどうなっていくのかも理解できない

要点
①PPPを行う様になった原点は、融資平台と呼ばれる省が遣っている投資会社が
シャドーバイキングや銀行から金を集めて、インフラ投資を行ってきた

②融資平台の返済能力が疑問だと その場合、誰が返済に責任を持つのか?
 融資平台の支払い責任は融資平台が責任を負う・・・・ここが肝

③融資平台の投資先  公共性があり且つ、料金が徴収出来る事業 上下水道/ゴミ収集等
           公共性があるが、料金徴収が出来ない事業 学校/一般道路等

徴収できる物も、出来ない物も全部、融資平台で金を集めて投資している
地方政府には、財源が無いから何処から借入してきて投資するしかない・・大昔からの問題

今までの、融資平台の返済は、政府が行うの暗黙の了解が崩れ
融資平台も、一般企業の様に自力で利益を出さないといけない・・・此処、理解しないとインフラはわからない

結果として、
先日、日経新聞にシャドーバイキングのインフラ投資が年々前年割れとなっているので、
インフラが投資が、大きく落ち込んでいると出ていたのと、シャドーバイキングの収益性も大丈夫か?

金融大混乱の引き金になるかも知れない

PPPが広がれば、融資平台はどうなるんだ?新たな投資先は?料金徴収を伴わない投資だけを、
融資平台が遣っていたら・・・そりゃ、利益が出る所がありません

だから、融資平台へのシャドーバイキングの貸し出しが大きく減っている

           ↓  ↓  ↓
PPP承認後、1年間何の進展もないとデーターベースから削除される

データーベースから外された、案件の財源をどうするのかが、新たな問題になっている
データーベースから外されると、PPPではないので民間資本の導入は出来ない

環境関連も、2017年末に1年間進展のない1兆RBMのPPPがデーターベースから削除された
1兆RBMの財源をどうするんだ・・・これも又、大問題

金融機関も、データーベースに登録されている案件には融資するが、
削除されたら信用力がないから融資を止める

幾ら、受注を持っていても、1年間何の進展もないとデーターベースから削除されて、
資金調達が出来ないから、計画その物が進展しなくなる問題が起きている

金融機関も、機械的にデーターベースにあるか無いかで、融資の判定をしている
受注の時に、総投資額の25%を手付金が払っているのに融資されないと、
手付金の回収も出来ない状況になり、金が回らなくなって企業がドボンする

企業の融資に対して、政府は関与してはならないとなっているが、
政府が、口利けば金融機関は直ぐに融資してくれる・・・
一部の政府が、一部の企業に対してこれを遣っている・・・・腐敗がある

これを今後、徹底調査するとしている
片方では、新規企業参入を推奨しながら、片方では潰し捲るwww

もう一つの問題は、地方のGDP格差
2015年の一人辺りのGDP
北京市 106,284元(2位) 河南省 39,423元(17位) 貴州省 6,895 元(最下位の31位)
参考上海 2017年 120,300元(1位)河北省 47,827元 丁度真ん中

2018年PPPの投資額TOPは、貴州で3位が河南省 北京は最下位
貴州は、GDPは最下位だが、PPPは頑張っています・・・

全国一律、1t60RBM以上でと言っても、北京の60RBMと貴州の60RBMはGDPに占める
ウェートが全然違う。貧乏省に対しては、中政府が保証しないと行きたくない^^;;

GDPの低い省に投資額を増やすと回収に対して不安がある
貧乏省でも重点プロジェクトに参加して確実に回収しないといけない
何でも、受注すればいいて話でないてのは、この事


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX) - 森 薫

アミルさん20歳で既に行き遅れ扱いされてるけど俺ときたら…

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa