したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

3989 首創環境

482 :2018/08/28(火) 23:26:14 ID:klNZHtZw0
ん〜 普通の企業なら、3200tも増えたら1億2千〜1億5千の利益が増える
何で、1000万RBMしか増えないのか・・・

金利負担 +2800万RBM
買収   +16700万RBM
NZが、  1900万RBM減益

これで、2億RBM食い潰している
買収の16700万の内、1億は稼働しているから今後日銭は稼げる

6700+2800+1900 = 11400万RBMが実質マイナスになっている
    +
合弁企業設立が、3カ所 
    +
人件費増により、粗利29% → 24%

人件費増は、凄いと思う 
稼働もしていないのに河北省唐山市だけで、ドライバーを40人募集している
COST off sallは、人件費増が大きなウェートを占めていると思う

上半期の総処理量 139万t  2017年通期で130万tだと記憶している・・
今年、270万〜300万tまで行くんでないか・・・

ある証券会社が、2017年決算書を比較して実処理て部分を注目していたが、
年300万t処理した企業は、5社しかない

処理能力が高くても、実処理は300万t少ししかないて言う理屈
首創環境の実稼働している能力は、低い割に良く処理していると思う

来年は、7000t新規増するから、400万tを突き抜ける
2020年には、500万tも超えて来るんだろうが・・・一体化の効果

上がった利益を次の投資に、回されると本当に利益は、残らないよ・・・

当期利益が投資額を抜くまで、先行投資をやり抜くしかない
一体、幾ら投資したら良いのか。。。わからないwww
 
処理量が、昨年の2倍以上になるて点では本当にクソ程、成長しているが
PLに載って来るのは、まだまだ先だから リスクは、高いよ

下半期は、3つ商業稼働に入るから処理量は、更にぐぐーと増えるが、
稼いだ金を、次々と再投資しているからPLに載ってこないと思うwww

稼働 < 非稼働 が圧倒的に多い・・・まだ、年間の投資額が足らない

数年前までは、営業CF問題は無かったから、お構いなしに借入金を拡大して
投資が出来たが、今は、営業CFに対して厳しいからそれも難しくなっている

その辺りも、何処も受注だけが山積になって建設が進まないの原因になっている
だから、業界全体の増益率が一気に鈍化して減益要因になっている

成長が止まっているんでない、営業CF問題で建設が進まないから利益率が下がっている
受注だけは、溢れかえって金利だけを、払い続けているwww

中小の民間環境企業は、黒字倒産が現実に起こっている
そこに、地方政府が遣っていた企業を払い下げが進んでいるから
本当に、買収だらけになっている^^;;

受注〜稼働までのリードタイムを短くすることに注力しろよ・・・
今度は、黒字倒産問題視されるようになる

国有でも、財務危機が・・・チラッと・・・もう、あり得ないだろう


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい写真集 - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa