したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

3989 首創環境

435 :2018/08/04(土) 10:35:13 ID:klNZHtZw0
www.capitalenv.net/press/market/2017-12-08/798.html
我国生活垃圾年产量超过四亿吨 环卫市场大幕开启

2017年末E20が、発表した生活ゴミが年4億tを超えているから、
環境企業の市場開放が進むてタイトル

市場開放して、民間資本を導入して行かないと追いつかない

で、2000亿环卫市场空间待释放
2020年には、2000億RBMの市場になるて予測を出している

これ、矛盾だらけ・・・

上場企業147社の2017年末時点で公開された、総受注高は5000億RBMあり、
非公開の物は、その2倍程度の規模がある

非公開を除いて公開分の5000億に対して、2020年までに2000億しか出来ない
3000億RBM分は、14次5に持ち越し

5000億RBMのプロジェクト受注に対する手付金は、1500億RBMの金を既に支払っている
その内、2000億しか出来ませんて・・・

残りの3000億は何時回収できるんだ・・・・

その合わない金は、何処にいるんだ?
各社のBSの負債の部に計上されているww

業界の今の手持ち受注が、2020年までに稼働する何て、100%あり得ない

北控水務が、何故あれだけ社債や新株発行をしているのか・・・
途方もない受注を抱えた結果の副作用が起きている

借りた金は、返済しないといけないのに建設が始まらない
それでも、返す為には、借り換えするしかない

今年から来年にかけて、業界上位10社が返済のピークを迎える
例え、借り換えが出来たとしても、建設が進まないのだから回収は
もっと先になる

水利は、元々建設が大きく後れている分野だから・・・金利負担は大変だね
それが、何時まで続くのか・・その出口すら見えない・・・

その内に、建設するからそれまで、金策して無意味な利子を払い続けるしかない

受注はしたが、資金不足で建設遅れている・・・><
その遅れた分は、企業側に金利負担て形で押し付けられている

誰が考えても、総受注と2020年の市場規模が大きくかけ離れている
PRE何て、上がるわけがない・・A株の公益企業の株価は、ここ1年 右肩下がり

BSは悪化するが、PLは上がるから見逃しくれるかなと考えていたが、
BSの悪化は、許さないになって、投資者もBSが悪化する
企業への投資に対して、および腰になっている

13次5中に、営業CF問題が解決する事は100%無いからwww
総受注と市場規模が、全然合わないんだから・・

資金不足で、建設が始まらない所に対して国が補填する何て言っていたが、
それが、具体的に見えてこない・・・

何処までの、プロジェクトに対して保証するのか?具体策を示せ
今のままでは、さっぱりわからない

今、一番問題が大きいのは、長江デルタだよ・・・広東省系企業は、
アホ見たいに、受注を抱えている

そのTOPが、東方園林のシンセンの水利企業・・700億て・・・
ダボハゼで、喰いまくって身動き取れなくなっている
もう、こいつは取引停止にした方が良いて・・無理だよ

長江デルタは、アホ程計画して置いて資金不足で建設が始まらないのが多すぎる><
住人でさえ、そんなにいるのか?と疑問の書き込みをしているwwww

国が慌てて、資金不足のプロジェクトに対しては、補填するて発言をしたが、
具体策が出てないから、A株の環境企業の株価右肩下がりが止まらない


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

EMOTION the Best プラネテス DVD-BOX - 谷口悟朗

星屑の空へ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa