したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

3989 首創環境

410 :2018/07/05(木) 23:22:57 ID:klNZHtZw0
quote.eastmoney.com/hk/03989.html
月足チャートを眺めながら思う事

2017年6月〜2017年10月まで盛り上がったのは、
河南省での3つの重点プロジェクト受注が、材料だった

完成は第1期が2020年 第2期が2023年には全て完成する
受注した事で材料出尽くしで、そのまま右肩下がりになっている
何時かは、ファンダメンタルが材料を追い抜く時が来る

総受注が145億RBMを超えて来たが2018年受注分までは、2023年には全部稼働する

思うが、国内景気が下がって来るのなら、雄安新区のインフラ投資計画は、
前倒しになると思う・・・
過去の事例から言えば、景気悪化局面はインフラ計画を前倒しする

これしか、手立てはないんでないの?

既に、受注分はこれ以上早まる事は無いだろうが、水面下で計画されている奴が
計画前倒しで、2018-2020年の受注を押し上げると思う

2014〜2016年受注分が、第1期が2017〜2018年末に完成する
遅い奴で、4年 早い奴は、2年で完成する

2018〜2020年受注分の第1期は2021〜2024年に完成する
第2期分は、第1期が完成の2年後完成が普通の流れ

第1期分の稼働率が、80%になると第2期分の建設が始まる
稼働率が80%になるには、2年掛かる

このロジックで、第1期と第2期は流れている

2018〜19年受注分は、何とか2023年末までの完成に間に合う
2024年1月10日で退職するから何とか、2023年末までに目途を付けて欲しい

2018〜19年受注を、後50億やってくれ・・・2023年末完成が200億に届く
此処まで行けば、光大に継いで2番手企業になるよ

先の景気観が悪化するれば、するほどにインフラは前倒しになる
今は、恐怖感でミソもクソも、一緒に売り叩いていやがる

インフラと言っても、投資分野は限られているから・・・


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

装甲騎兵ボトムズ ウドのコーヒー マグカップ - コスパ(COSPA)

むせる

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板