したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

3989 首創環境

345 :2018/05/06(日) 12:39:37 ID:klNZHtZw0
成程、おっしゃる通り単純比較は出来ないです
>>そのうち何か政策が出ると思いますが。

中央政府が、地方政府を指導しています

利益率が下り安易に安物を作る事で、国の基準をクリアー出来ない物が多発しています
それによって、引き起こされる2次公害
2次公害を引き起こした為に、住人に受け入れらない新規建設計画
それによって、建設が長期化して経費は膨らむ

毎年出るゴミの量と処理している量が、全く合わない矛盾

何をやっているのか訳がわからない^^;;
このまま、価格を下げると+に働くのでなくマイナスに働きます

国の環境基準をクリアーさせる為には、価格を上げるしかありませんが、
地方政府が財源がない為に、安易のその補填を企業に求める事に対して
批判が集中しています

又、地方政府が難しい名前で憶えていませんが、グレーゾーンの仕組みを使い
企業が投資した建設費を100%負担しているケースがあるのも問題となり
グレーゾーンの徹底管理が言い渡されました

そのシステムを悪用しての、企業補填は許さないと通達が、3月にでて
先進の省は、その通達を踏まえて規定を新たに強化し公開しています

面白いのは、設計図等を審査して承認するのが、今までは地方政府の役人だけが
そこに、第3者機関をいれて2重で審査する事としています
第3者機関は、大学が請け追っていますが何度も、図面から手直しをさせられています

建設経費は、右肩上がりwww
一体、何時なったら図面は通んだよ^^;;の状況に陥っています

先進の市/省が発表した条文の中には、政府は第3者機関の調査や意見書をいかなることがあっても
妨害してはならない。規約に反した公務員は、首にすると条文が盛り込まれています

GDPの高い省は(直轄3市+5省)が4月以降次々と声明文を発表していますが、
それ以下の省は出しません

これを遣ると、政府負担が増えますから財源確保が出来ない
今の計画中のものにも支障がでますので、右に倣えとはいかないようです

新規の計画が素人目にも減っているてわかる位、減っています^^;;
建設しても、その後の契約金が高いから政府側の負担は大きくなります

政策も、都市部への投資より農村部への投資を増やしていますので、
都市部の建設より、農村部の建設の方が増えています
中央政府からの補助が、農村に増え続けています

但し、農村部への投資は効率が悪い為、企業側は投資効率が悪い為躊躇する
この政策に乗って行くには、企業側は小型化をするしかないです

今までの様に、3000tや4000tの大型物件は、年に数件しかありません
600t〜1200tが主流になりつつあります

小型化を行い、600t〜1200tで利益が出せるように
企業側は、努力するしかないです

光大もわかっているので小型化へのR&Dを一生懸命しています
今までの、簡単で美味しい市場はありません
小型化して、効率を上げて利益率を上げるしかありません

技術革新を行って、乗り越えていくしかないです
今までの様に、都市部でドンと大きなのを作って利益を上げていた
安易に儲かる時代は終わっています

一般企業に、厳しい環境基準を押し付けているのだから、
環境関連企業にも、同等の厳しい基準値を設定されるのは
当然だと思いますよ

数より、質への転換ですから


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

モンスターハンター:ワールド(発売日以降お届け分) - PS4 - カプコン

一狩りいこうぜ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa