したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

3989 首創環境

322 :2018/04/07(土) 16:51:32 ID:klNZHtZw0
初めて、光大国際のCFを見たけど・・営業CFが大きくマイナスでないか
もっと、金持っているのかと思っていた

何で、光大よりも首創環境の方がPREが高いのかと、
雪球で真剣に書いている奴がいて、フンと思っていた
xueqiu.com/7173595940/103037108

グラフで比較しているが、
上2つのグラフ (2016年決算書からの抜粋だから、2017年を反映していない)
经营活动产生的现金流量净额/营业收入

営業CF/売上高 が 灰色 PREがオレンジの線

8社の比較グラフ
1番  光大緑大
2番  首創環境
3番  テン池水務
4番  光大国際
5番  東江環境
6番  康達国際環保
7番  北控水務
8番  雲南水務

営業CFが黒字でない奴程、当然だが数字はマイナスになる
2016年決算だから、2017年決算は反映されていない

例として、
光大国際 2016年 1.58% → 2017年 -15.4%に大きく悪化
光大緑大も、2017年営業CFはマイナスに転落している

下2つのグラフ(2016年決算で比較している)
经营活动产生的现金流量净额/流动负债
営業CF / 流動負債

1番   東江環境
2番   首創環境
3番   テン池水務
4番   同率で光大国際/緑大
5番   康達国際環保
6番   北控水務
7番   雲南水務

例として、
光大国際 2016年 0.02% → 2017年 -22%に悪化
長期借入が、90億hk$増えている

このグループの研究報告では、この様に比較すると首創環境や東江環境の
PREが高いのは営業CFが良いからだと結論付けている

市場は、長期視野でなく短期的な営業CFを注視している論法を展開している
数字を並べられると、間違いではないように思える

2012年のBOREが、同じだった。利益を出していても株価は右肩下がりだったが
営業CFを改善した途端に、跳ね上がった
PLよりも、営業CFの改善に市場は飛びつくは間違いではない気もする

営業CFが悪化している原因は、キチンと精査する必要はある

営業キャッシュフローマイナスの原因が、売上債権、棚卸資産、仕入債務に
あるということは、「運転資金の増減」が、営業CFに大きく影響していると
説明している

プロジェクト獲得の為の初期投資が凍結される期間が長い為に、
運転資金が不足し借入に頼らざる得ない状況に陥りやすい

PPPをダボハゼの様な食い付きをしていたら長い場合は、5年運転資金を凍結される
完成後も、金になるのは更に2年とかになると・・7年金を寝かせる様になる

売上債権が回収できないに繋がる
受注額が多い所程、営業CFは悪化しやすい

北控水務が、PPPを精査してくだらないPPPには参加しないと
言ったのは、わかる気がする

あの発言をネガティブに取る?単純に売る為の理由を探していた?
単純に売る為の、理由付けだったと思う
借入金の増大にビビったのと、建設が進まない事に不安になったと思う

唯、受注したものは何時かは完成して稼働し金は戻って来て借入金を
減らせば、営業CFは改善する

その時には、売上の伸び率よりも最終利益の伸び率の方が高くなるから・・・
麦わら帽子は、冬に買え て言いますから^^;;

長い長い、氷河期かもしれない そりゃわからない

固形廃棄物に関しては、2020年がピークOUT説が出ていた
2020年までに、市場で3000億投資になる
13次5スタート時に、1000億で今では3000億になっている・・・
これも、営業CFを更に悪化させるて不安感に繋がる^^;;


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

装甲騎兵ボトムズ ウドのコーヒー マグカップ - コスパ(COSPA)

むせる

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板