したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

1359 信達資産管理

247 :2017/08/05(土) 16:10:05 ID:klNZHtZw0
此処が最重要 過去のゴミ発電の受注内容
トータル17の内訳

2011〜2015年の受注はゴミ発電所が8つで従来の方式
2016〜2017年7月までの1年半が、一体化のゴミ発電所が9つで従来式は0

これが肝 2016年以降、一体化のゴミ発電しか受注していない!!

50カ所のゴミ発電所 で 9つ受注 = 受注ペースで18%のシェア

今後のゴミ発電所の建設見通し
通説 10年間で年50カ所  = 500個所

首創環境のシェア18%を継続した場合
500個所 X 18% = 90個所 
このハイペースなら2025年には、光大を抜く?

今の、BS/PLを比較して、光大を抜く?お前、寝とぼけているのかww
て言われるが、それでも受注ペースと利益率で成長率が違っうだ
最後は、亀がウサギを抜くんだ><

ゴミ発電だけでなく、食品廃棄物でも一体化を行っている

寧陽プロジェクトが食品廃棄物処理プロジェクトで、国家発展委員会から
モデルケースとして指定されて、IMFから融資を受けている

以前、HSBCが食品廃棄物処理をテーマに、首創環境を買い推薦する研究報告を出したが、
読み直したら、一体化がテーマになっていた^^;;

中国語で、生活一体化項目と書かれても意味がわからない>< へ?何それ
英文の決算書読んでも、一体化て言葉でしか書いていない・・・

生活と一体化するプロジェクト・・・意味不明・・・何それ?
生活とゴミ処理を連動するプロジェクトとなるのかな・・それが、どうしたの?

わからないかからほって置けでは、済まない言葉だった^^;;

ゴミ収集/ゴミ発電/保存/保管の一連を、1社にお任せするプロジェクト
全く、想像も出来ない意味だったwwwww

本当に、疲れる^^;;

一体化を武器に受注数が今後、更に増えると各証券会社は予想している

一体化のメリット(発電コスト)
電力を1kw発電して、それを業界一律の7.2RBMで売る
発電のコストが低いて事は、粗利が業界他社よりも高くなる

自分も昨日、これに初めて気が付きました・・
ゴミを効率良く集める事で、発電所の稼働率が上がり発電コストが下がる

補助金も、3つ全部でもらいます^^;;

一体化が出来るのは、ドイツの小さなゴミ業者を買収しているのと、
NZの買収した企業が同じく一体化で運営されている

ゴミ先進国2社からのノウハウ提供は、今後も同業他社を引き離す武器になります
特に、NZの企業は創業100年で、10年程度の中国企業とは歴史が違います

安信国際の予想では、2019〜20年に、残りの49%を買収して100%子会社化と
予測を出している

全てのノウハウを引き出す事が出来る・・実際には、グループ内で100%買収済
それでも、全部を首創環境の下に入れるのはこれからの投資資金を捻出する為か?
それとも、フリーキャッシュを生む為?株数は増えるが、キャッシュフローは更に
綺麗になって、BSも綺麗になって、財務体質が強固になる

額面変更で、150億株増やしているから株式交換で買収すると思う
利益額の増は現状のNZの51%持ち株分で、1億3千 → 100%にして3億6千予想

気分的に、150億でも多いなが300億と表示されると^^;;
気持ちが折れそうになるが、仕方がない

兴证国际证券の業績予想額
2016年 4400万 2017年 1億4千 2018年 3億2千 此処まで出ている

2018年は、2016年比で8倍・・・

数年続けば何時の間にかEPS0.1(15億)になる^^;;
受注〜フル稼働までが5年だから成長としては、亀みたいなペース

公益事業だから市況は関係なく、受注が続く限り成長は続く
0.3以下で買うから価値がある

0.7hk$を超えて買うと、何を遣っているのか訳が分からん
それなら、他を買うwになる・・・


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

ファイアーエムブレム 覚醒 - 任天堂


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa