したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

日本ビスマス

1 かず :2006/05/14(日) 07:19:09 ID:DCnDT6w6
2株200万即渡譲渡書つき 大阪 早いもんがち

392 エヌビーアイ(株)株主 :2014/05/31(土) 11:51:45 ID:ZhQxA/Jg0
―決定版(詳細:その10)― こ  れ  が  真  実  だ  ! (会社乗っ取り事件:「判 決」 続  き

通称・日本ビスマス事件:伊○洋○の株主総会議事録偽造による会社乗っ取り事件にエヌビーアイ(株)が勝利:東京地裁裁「 判  決 」 
 ■ 註:原告の株主がミス登録をした被告会社を提訴する形を取り、正規の登記に復帰させた。伊○洋○グループは参加人として裁判に参加した。
                         (続きの記載)
1 甲事件

    (1)  主文第1項に同旨

  (2) 被告の平成21年11月6日付の臨時株主総会における以下の各決議が
不存在であることを確認する。
ァ 参加人伊○洋○、同鈴○宏○及び同佐○隆○を取締役から解任する旨の決議
イ 嶋政勝及び参加人松○謙○を取締役に選任する旨の決議
ウ 参加人伊○洋○を代表取締役から解職する旨の決議
エ 嶋政勝及び野田實を代表取締役に選定する旨の決議

  (3) 被告は、以下の各登記の抹消登記手続きをせよ

ァ 参加人伊○洋○、同鈴○宏○及び同佐○隆○が平成21年7月18日付
 けで被告の取締役に就任した旨の登記
イ 嶋政勝が平成21年7月18日付けで被告の取締役から解任された旨の
  登記
ウ 嶋政勝が平成21年7月18日付けで被告の代表取締役を退任した旨の
  登記
エ 参加人伊○洋○が平成21年7月18日付けで被告の代表取締役に就任
  した旨の登記
オ 参加人伊○洋○、同鈴○宏○及び同佐○隆○が平成21年11月6日付
   けで被告の取締役から解任された旨の登記
ヵ 嶋政勝及び参加人松○謙○が平成21年11月6日付けで被告の取締役
       に就任した旨の登記
      キ 参加人伊○洋○が平成21年11月6日付けで被告の代表取締役を退任
       した旨の登記
      ク 嶋政勝及び野田實が平成21年11月6日付けで被告の代表取締役に就
       任した旨の登記

   ■ ―決定版(詳細:その11)― こ  れ  が  真  実  だ  !・・・・に続く。

393 エヌビーアイ(株)株主 :2014/05/31(土) 11:59:52 ID:ZhQxA/Jg0
―決定版(詳細:その11)― こ  れ  が  真  実  だ  ! (会社乗っ取り事件:「判 決」 続  き

通称・日本ビスマス事件:伊○洋○の株主総会議事録偽造による会社乗っ取り事件にエヌビーアイ(株)が勝利:東京地裁裁「 判  決 」 
 ■ 註:原告の株主がミス登録をした被告会社を提訴する形を取り、正規の登記に復帰させた。伊○洋○グループは参加人として裁判に参加した。
 (続きの記載)
 2 乙事件

  (1) 主位的請求
    原告が被告の株主権を有していないことを確認する。
  (2) 予備的請求
    主文第1項の各決議が存在することを確認する。

  3 丙事件
    主文第1項の各決議及び前記1(2)の各決議が存在することを確認する。

第2 草案の概要
  1 甲事件は、被告の株主であるとする原告が、主文第1項及び前記第1の1
(2)の各決議(以下「本件各決議」という。)はいずれも存在しない旨主張して、
   各不存在確認及び前記第1の1 (3) の各登記(以下「本件各登記」という。)
   の抹消登記手続を求めた事案である。

    乙事件は、主文第1項の各決議(以下「本件7月各決議」という。)に おい
   て被告の取締役に選任されたものとされている参加人伊○洋○(以下「参加人
   伊○という。)、同鈴○宏○及び同佐○隆○( 以下まとめて 「参加人 伊○
   ら」という。)が、原告は被告の株主ではない、本件7月各決議 は存在する等
   と主張して、主位的に原告の株主権不存在確認を、予備的に本件7月各決議 の
   存在確認を求めた事案である。

    丙事件は、前記 第1の1(2 )の各決議 (以下「本件11月各決議」とい
   う。)において被告の取締役に選任されたものとされている参加人 松○謙○
   (以下「参加人松○」という。)が、本件各決議 はいずれも存在する 旨主張し
   て、各存在確認を求めた事案である。

  2 前提となる事実(いずれも、各掲記の証拠及び弁論の全趣旨により 容易に認
められるか、又は顕著な事実である。(甲乙を付した数字は、書評目録記載の証
拠番号を示す。以下同様。)  

   (1) 被告は、ビスマス鉱石等の発掘等を目的とする株式会社である。

  ■ ―決定版(詳細:その12)― こ  れ  が  真  実  だ  ! ・・・・に続く。

394 エヌビーアイ(株)株主 :2014/05/31(土) 12:13:33 ID:ZhQxA/Jg0
―決定版(詳細:その12)― こ  れ  が  真  実  だ  ! (会社乗っ取り事件:「判 決」 続  き

通称・日本ビスマス事件:伊○洋○の株主総会議事録偽造による会社乗っ取り事件にエヌビーアイ(株)が勝利:東京地裁裁「 判  決 」 
 ■ 註:原告の株主がミス登録をした被告会社を提訴する形を取り、正規の登記に復帰させた。伊○洋○グループは参加人として裁判に参加した。
                       (続きの記載)
 被告は、株券発行会社であり、譲渡制限会社であり、取締役会非設置会社
    であり、その発行済株式総数は2798株である。
   (2) 本件7月各決議の日付の当時、被告の代表取締役は嶋政勝(以下「嶋」と
    いう。であり、他の取締役は 野田實( 以下「野田」という。)のみであった。
   (3) 被告の商業登記簿には、本件各登記がされている。

  3 争点及びこれに関する当事者の主張

   (1) 原告が被告の株主権を有するか、それにより原告が甲事件に係わる原告適格
    を有するか。 (争点1)

    ァ 原告の主張
      原告は、平成16年1月26日、野田から貸付金の返済を受けた際、 同
     人から被告の株式1株の贈与を受けた。(甲1の1)。当然、当該譲渡につい
     て譲渡承認があったものと思っている。
      原告は、平成16年1月27日から同年5月1日までの間に 計5回にわ
     たって、被告の口座に各50万円( 合計250万円)を振り込み、あわせ
     て被告に対して株式申込書を提出し、そのころ 被告発行の株券各1株券分
     (合計5株分)の交付を受け、各株式を取得した。( 甲1の2〜6、 甲6
      の3〜5)

     イ 被告の主張
      原告が被告の株主であることは認める。

     ウ 参加人らの主張
      原告は被告の株主ではない。仮に 原告が被告の株式を譲り受けたとして
      も、それについての譲渡承認はない。 

   (2) 本件訴えの全部又は一部が、訴えの利益を欠くことにより、 又は訴訟制度
     の濫用として不適法か。 (争点2)

    ァ 参加人伊藤らの主張・・・・

     ■  ―決定版(詳細:その13)― こ  れ  が  真  実  だ  !・・・・に続く。

395 エヌビーアイ(株)株主 :2014/05/31(土) 12:24:19 ID:ZhQxA/Jg0
―決定版(詳細:その13)― こ  れ  が  真  実  だ  ! (会社乗っ取り事件:「判 決」 続  き

通称・日本ビスマス事件:伊○洋○の株主総会議事録偽造による会社乗っ取り事件にエヌビーアイ(株)が勝利:東京地裁裁「 判  決 」 
 ■ 註:原告の株主がミス登録をした被告会社を提訴する形を取り、正規の登記に復帰させた。伊○洋○グループは参加人として裁判に参加した。
                       (続きの記載)
    (ァ)原告・被告間において、本件各決議の不存在について争いがない。
    (イ)被告は、株式会社トレジャー・ジャパン(以下 「レジャー・ジャパ
      ン」という。)に対して一定の鉱業権(秋田県採掘権登録 第948号及
      び同第1440号)を譲渡したところ、その後、その 譲渡当時の被告代
表者であった参加人伊○を取締役 及び代表取締役に選任した株主総会決
議(主文第1項(1)及び(3))は存在しない旨主張して、トレジャー・
ジャパン等に対して上記鉱業権に関する 抹消登録手続を求める訴えを提
起した。ところが、同社の応訴にあい、被告は 上記訴えを取り下げるに
至った。
  本件訴訟は、原告及び被告が通謀して、上記訴訟の目的を 実質的に実
現すべく、訴訟制度を乱用して提起したものであり、 却下されるべきである。

    イ 被告の主張

    (ァ)本件各決議の存否について、参加人らが争っているし、 仮に参加人ら
       が認める場合でも訴えの利益があることはもちろんである。
    (イ)前記ァ(イ)の事実については、訴えの取下げがあったことは認め、そ
      の余は否認する。

(3) 本件各決議が存在するか。 (争点3)

    ァ 原告の主張

      本件各決議はいずれも存在しない。本件7月各決議に係わる臨時株主総会
     (以下「本件7月総会」という。)についても、本件11月各決議に係わる
      臨時株主総会(以下「本件11月総会」という。)についても、原告 及び
      原告の知る範囲の被告の株主に対して招集通知が行われたことはない。

    イ 被告の主張

      本件7月総会についても、本件11月総会についても、存在しないこと
      は認める。

■ ―決定版(詳細:その14)― こ  れ  が  真  実  だ  !   ・・・・に続く。

396 エヌビーアイ(株)株主 :2014/05/31(土) 12:33:36 ID:ZhQxA/Jg0
―決定版(詳細:その14)― こ  れ  が  真  実  だ  ! (会社乗っ取り事件:「判 決」 続  き

通称・日本ビスマス事件:伊○洋○の株主総会議事録偽造による会社乗っ取り事件にエヌビーアイ(株)が勝利:東京地裁裁「 判  決 」 
 ■ 註:原告の株主がミス登録をした被告会社を提訴する形を取り、正規の登記に復帰させた。伊○洋○グループは参加人として裁判に参加した。
                       (続きの記載)
      参加人らの主張に関しては、野田は被告の代表取締役でなく、したが
     って招集権限を有するものではなく、参加人伊○に委託しようもない。本件
     7月招集の手続はとられておらず、同総会は招集されていない。

    ウ 参加人伊○らの主張

    (ァ)被告は実質的には野田の一人会社であるところ、野田は、平成21年
      7月3日、参加人伊○に対し、本件7月総会に関する全業務を委託し
      (丙21)、同月7日には、参加人伊○に対し、同総会に出席して議決
      権を行使する一切の権限を委託した(丙22)。 同月18日、本件7月
      総会が開催され、本件7月各決議が行われた。
       被告の実質的なオーナーである野田は、本件7月総会の存在を否認す
      ることは、禁反言の法理からも許されない。 
     
    (イ)本件11月総会に関しては、不知である。

    エ 参加人松○の主張

    (ァ)本件7月総会に関しては、前記ウ(ァ)のとおりである。
    (イ)本件11月も開催され、本件11月各決議が行われた。

  第3 当裁判所の判断

  1 争点1(原告の株主権の有無)について

  (1)証拠(甲1の1〜6、甲6の1〜5)及び弁論の全趣旨によれば、原告は
   平成16年1月27日から同年5月1日までの間に 計5回にわたって、被告
   の口座に、1株分の代金50万円 (5回で合計250万円)を振り込み、あ
   わせて被告に対して株式申込書を提出し、 被告の株券の交付をうけることに
   より、被告の株式合計5株を取得しており、 現時点においても被告の株主た
   る地位を有するものと認められる。
    よって、その余の点について検討するまでもなく、 原告は甲事件に係わる原
   告適格を有する。また、乙事件に係わる参加人伊○らの主位的請求( 原告の株

     ■ ―決定版(詳細:その15)― こ  れ  が  真  実  だ  !・・・・に続く。

397 エヌビーアイ(株)株主 :2014/05/31(土) 12:45:57 ID:ZhQxA/Jg0
―決定版(詳細:その15)― こ  れ  が  真  実  だ  ! (会社乗っ取り事件:「判 決」 続  き

通称・日本ビスマス事件:伊○洋○の株主総会議事録偽造による会社乗っ取り事件にエヌビーアイ(株)が勝利:東京地裁裁「 判  決 」 
 ■ 註:原告の株主がミス登録をした被告会社を提訴する形を取り、正規の登記に復帰させた。伊○洋○グループは参加人として裁判に参加した。
                       (続きの記載)
   主権の不存在確認請求 )は理由がない。

 (2)これに対し、

  ァ 参加人らは、原告が占有している株券は不法に発行されたものである可
能性が極めて高い旨主張し、その根拠として、被告の発行済株式総数は2
798株であるにもかかわらず、平成15年12月25日付け及び平成1
6年10月19日付の株主名簿においては 6700株が発行されたこと
とされており(丙16及び17)、参加人伊○が平成18年4月819日に
取得した株券の番号が 「010725」、「012848」、 「0128
49」であること(丙19の1〜3)を挙げる。
しかしながら、それらの事情があるというだけでは、前記(1)の認定判
断を左右するには至らない。

  イ 参加人伊○らは、仮に 原告が被告の株式を譲り受けていたとしても、そ
   れについての譲渡承認がない旨主張する。
    しかしながら、前記(1)のとおり、原告は、被告の株式5株を、他人か
   らの 譲渡によってではなく 被告からの発行によって取得したものと認めら
れるのであり、その場合には譲渡承認は不要であるから、 参加人伊○らの
上記主張は前記(1)の判断を左右するものではない。

 2 争点2(訴えの利益の有無等)について

  (1)参加人伊○らの主張について

    ァ 参加人伊○らは、原告・被告間において本件各決議の不存在について争
いがないがら、訴えの利益がない旨主張する。
 しかしながら、本件各登記が存在すること 及び 参加人らが本件各決
議の全部又は一部の存在を主張していることからすれば、被告が本件各決
議の不存在を認めていることをもって、本件各決議の不存在確認を求める
訴えの利益を否定することはできない。

    イ また、参加人伊○らは、前記第2の3(2) ァ(イ)のとおり、本件訴訟は、

     ■ ―決定版(詳細:その16)― こ  れ  が  真  実  だ  ! ・・・・に続く。

398 エヌビーアイ(株)株主 :2014/05/31(土) 12:54:51 ID:ZhQxA/Jg0
―決定版(詳細:その16)― こ  れ  が  真  実  だ  ! (会社乗っ取り事件:「判 決」 続  き

通称・日本ビスマス事件:伊○洋○の株主総会議事録偽造による会社乗っ取り事件にエヌビーアイ(株)が勝利:東京地裁裁「 判  決 」 
 ■ 註:原告の株主がミス登録をした被告会社を提訴する形を取り、正規の登記に復帰させた。伊○洋○グループは参加人として裁判に参加した。
                       (続きの記載)
      原告及び被告が通謀して、他の目的を実質的に実現すべく、訴訟制度を濫
     用して提起されたものである等と主張する。
      しかしながら、仮に同(イ)において主張されている事実が存在したとし
     ても、そのことをもって訴訟制度の濫用等ということはできない。

(2) 訴えの利益について

    ァ 後記3 によれば本件7月各決議はいずれも不存在と認められ、したがっ
     て 参加人伊○らは いずれも取締役や代表取締役に就任していないことと
     なるところ、就任していない者を「解任」する旨の決議は、何ら法的効力
     を有するものではなく、その存否を 確認する法的利益があるものとは解さ
れない。
 よって、原告及び参加人松○の訴えのうち、本件11月総会 における参
加人伊○らを取締役から解任する旨の決議並びに 参加人伊○を代表取締役
から解職する旨の決議(前記だい1の1(2)ァ及びウ)の不存在確認ないし
存在確認を求める部分については、 訴えの利益があるということはできな
い。

    イ 株主総会決議の不存在を確認する判決が確定した場合には、それにより、
     当該決議に基づく登記についての登記嘱託が行われることとなるから (会
社法937条1項1号ト)、本件各決議の不存在確認 を求める訴えを提起
している原告において、さらに本件各登記の抹消登記手続を求める訴えの
利益があるということはできない。

 なお、本件11月総会における参加人伊○らを 取締役から解任する旨の
決議 並びに参加人伊○を代表取締役から解職する旨の決議に関しても、前
記 ァにおいて論じたところを踏まえれば、抹消登記手続を求める訴えの利
益を認めることもできない。


   (3)なお、後記3によれば本件7月各決議はいずれも不存在と認められるから、
     嶋は取締役や代表取締役を退任していないこととなり、本件11月総会にお

     ―決定版(詳細:その16)― こ  れ  が  真  実  だ  !

399 エヌビーアイ(株)株主 :2014/05/31(土) 13:02:09 ID:ZhQxA/Jg0
―決定版(詳細:その16)― こ  れ  が  真  実  だ  ! (会社乗っ取り事件:「判 決」 続  き

通称・日本ビスマス事件:伊○洋○の株主総会議事録偽造による会社乗っ取り事件にエヌビーアイ(株)が勝利:東京地裁裁「 判  決 」 
 ■ 註:原告の株主がミス登録をした被告会社を提訴する形を取り、正規の登記に復帰させた。伊○洋○グループは参加人として裁判に参加した。
                       (続きの記載)
      原告及び被告が通謀して、他の目的を実質的に実現すべく、訴訟制度を濫
     用して提起されたものである等と主張する。
      しかしながら、仮に同(イ)において主張されている事実が存在したとし
     ても、そのことをもって訴訟制度の濫用等ということはできない。

(2) 訴えの利益について

    ァ 後記3 によれば本件7月各決議はいずれも不存在と認められ、したがっ
     て 参加人伊○らは いずれも取締役や代表取締役に就任していないことと
     なるところ、就任していない者を「解任」する旨の決議は、何ら法的効力
     を有するものではなく、その存否を 確認する法的利益があるものとは解さ
     れない。
      よって、原告及び参加人松○の訴えのうち、本件11月総会 における参
     加人伊○らを取締役から解任する旨の決議並びに 参加人伊○を代表取締役
     から解職する旨の決議(前記だい1の1(2)ァ及びウ)の不存在確認ないし
     存在確認を求める部分については、 訴えの利益があるということはできない。

    イ 株主総会決議の不存在を確認する判決が確定した場合には、それにより、
     当該決議に基づく登記についての登記嘱託が行われることとなるから (会
     社法937条1項1号ト)、本件各決議の不存在確認 を求める訴えを提起
     している原告において、さらに本件各登記の抹消登記手続を求める訴えの
     利益があるということはできない。

      なお、本件11月総会における参加人伊○らを 取締役から解任する旨の
     決議 並びに参加人伊○を代表取締役から解職する旨の決議に関しても、前
     記 ァにおいて論じたところを踏まえれば、抹消登記手続を求める訴えの利
     益を認めることもできない。


   (3)なお、後記3によれば本件7月各決議はいずれも不存在と認められるから、
     嶋は取締役や代表取締役を退任していないこととなり、本件11月総会にお

   ■  ―決定版(詳細:その17)― こ  れ  が  真  実  だ  !・・・・に続く。

400 エヌビーアイ(株)株主 :2014/05/31(土) 13:13:51 ID:ZhQxA/Jg0
―決定版(詳細:その17)― こ  れ  が  真  実  だ  ! (会社乗っ取り事件:「判 決」 続  き

通称・日本ビスマス事件:伊○洋○の株主総会議事録偽造による会社乗っ取り事件にエヌビーアイ(株)が勝利:東京地裁裁「 判  決 」 
 ■ 註:原告の株主がミス登録をした被告会社を提訴する形を取り、正規の登記に復帰させた。伊○洋○グループは参加人として裁判に参加した。
                       (続きの記載)

     ける嶋を取締役に選任する旨の決議及び同人を代表取締役に選定する旨の決
     議は、在任中の者を重ねて選任ないし選定した決議ということになる。しか
     し、これらの決議に関しては、嶋の残任期等の関係で、その存否を確認する
     法的利益がないとまでは断じられない。

  3 争点3(本件各決議の存否)について

(1) 本件7月各決議に関して、参加人らは前記第2の3(3)ウ(ァ)のとおり、
    被告は実質的には野田の一人の会社であるところ、同人が参加人伊○に、本件
    7月総会に関する全業務及び同総会に出席して 議決権を行使する一切の権限
    を委託した等と主張する。

     しかしながら、参加人らの主張する業務委託等の事実を 的確に裏付ける証
    拠はない。その点を措くとしても、本件7月総会 について、取締役の過半数
    による有効な招集の決定( 会社法298条1項、348条2項、道場3項3
    号)があったとは認められず、代表権を有する取締役による 有効な招集(会
    社法 296条3項、349条1項)があったとも認められないところ、本件
    全証拠によっても、被告の実質的株主が 野田のみであったとは認められず、
    本件7月総会がいわゆる全員出席総会であったとも認められず( 甲4の4参
    照)、その他、本件7月総会の上記瑕疵を治癒すべき事情は認められない。

     よって、本件7月各決議については、少なくとも、 法律上存在したものと
    評価することはできない。

   (2) 本件11月各決議(ただし前記2(2)ァにおいて存否確認の訴えの利益が
    否定されたものを除く。以下、同様。)に関して、 参加人松○は、本件11月
    総会が開催された等と主張する。

     しかしながら、参加人松○の主張内容を踏まえても、 本件11月総会につ
    いて、取締役の過半数による有効な招集の決定( 会社法298条1項、34
    8条2項、同条3項3号 )があったとは認められず、代表権を有する取締役
    による有効な招集 (会社法296条3項、349条1項)があったとも認め

   ■ ―決定版(詳細:その18)― こ  れ  が  真  実  だ  !・・・・(「判決文」最終ページ)に続く。

401 エヌビーアイ(株)株主 :2014/05/31(土) 13:55:54 ID:ZhQxA/Jg0
―決定版(詳細:その18)― こ  れ  が  真  実  だ  ! (会社乗っ取り事件:「判 決」 続  き(最終ページ)

通称・日本ビスマス事件:伊○洋○の株主総会議事録偽造による会社乗っ取り事件にエヌビーアイ(株)が勝利:東京地裁裁「 判  決 」 
 ■ 註:原告の株主がミス登録をした被告会社を提訴する形を取り、正規の登記に復帰させた。伊○洋○グループは参加人として裁判に参加した。
                       (続きの記載)

      られず、これらの瑕疵を治癒すべき事情も認められない。
     よって、本件11月各決議についても、少なくとも、法律上存在したもの
    と評価することはできない。

   (3)なお、前記(1)のとおり、被告の実質的株主が野田のみであったことは認
     めるに足りないから、仮に野田が本件7月総会の存在を 前提とする行動をと
     ったことがあったとしても、そのことをもって、被告において 本件7月総会
     の存在を否定することが許されない等ということはできない。

  4 以上によれば、①原告の訴えのうち前記2(2)ァ及びイにおいて訴えの利益
   が否定された部分は不適法であり、 原告のその余の請求はいずれも理由があり、
   ②参加人伊○らの主位的請求及び予備的請求はいずれも理由がなく、③ 参加人
   松○の訴えのうち前記2(2)ァにおいて訴えの利益が否定された部分は不適法
   であり、参加人松○のその余の請求はいずれも理由がない。

    よって、主文のとおり判決する。

     東京地方裁判所民事第8部


           裁判官       秋  吉   信  彦

   ■ ―決定版(詳細:その19)― こ  れ  が  真  実  だ  ! (会社乗っ取り事件:関連情報;
          犯罪を犯した者に対する警視庁大崎署へ株主が提出した「伊○洋○の犯意について」・・・・へ続く。

402 エヌビーアイ(株)株主 :2014/05/31(土) 15:05:04 ID:ZhQxA/Jg0
      ■ 通称・日本ビスマス事件
    ―決定版(詳細:その19)― こ  れ  が  真  実  だ  ! (会社乗っ取り事件:関連情報;
          犯罪を犯した者に対する警視庁大崎署へ株主が提出した「伊○洋○の犯意について

 警視庁大崎警察署                     2010年2月6日(土)
〒141−0032 品川区大崎4−2−10
 ℡:03-3494-0110                  株主○■○■■○■:▲○ 洋○
Fax :03-3494-7110 住所:○○区○○■−4○−○
該当事件担当:刑事:佐々木史明様          携帯電話:090-○○○○-*・・

                       伊○洋○の犯意について

   伊○洋○は、佐々木様に 「 会社を乗っ取る気持ちは本当にない、秋田の山を何とか早く開発したい、嶋社長などに任せていたら
   いつまでたっても出来ない、トラブルになって申し訳ない、(エヌビーアイの)会社と(和解の方向で)話し合いをしていきたい
   ・・・云々 」
   という趣旨の弁明をしたそうですが、彼は―――――
  1)エヌビーアイ株式会社が所有していた「鉱業権2つ」を株式会社トレジャージャ パンとTriple Axel へ移転登記したという事実、
   その時、法務局より不法に入手したエヌビーアイ株式会社(嶋社長を解任、伊○洋○が代わりに社長に就任等「偽造議事録」を基に不法
   に変更登記)の登記簿謄本を持参。
    また、上記の登記には偽造したエヌビーアイ株式会社の印鑑を持参・使用している。
 2)「公正証書」の効力は裁判所に申し立てて強制執行の命令文を取得しなければ効力は発生しないという事実を知りながら、
   昨年7月、自己判断で社長に強引に就任
 3)昨年、7月に秋田の事務所「サテライト&ラボ」で臨時株主総会を開催した、と豪語しているけど、我々株主に招集をかけていない。
   取締役の野田實氏も承知していなかった。野田氏の証言に依れば、臨時株主総会を表示する「立て看板」もなかった。
   ただし、元々、彼には臨時株主総会を開催する権利もない。
   彼に、7月に送付した筈の「臨時株主総会を知らせる株主への通知」先一覧を提示するよう求めれば、一層、7月の総会開催の欺瞞性が
   一層判明すると思われます。

   ―――――等々の事実を見れば、彼の「会社乗っ取り」の犯意は鮮明であります。
   昨日の会談で、私は「公正早期問題解決要請書」に伴う添付書類を提出させて頂きましたが、そこにも同様な記載が為されていると
   思います。
    然しながら、私たち自身は「和解」による「早期解決」を望んでおり、彼が法務局に過去の不正に登記した会社変更届の抹消手続き
   をし、また、東北経済産業局に不正に移転登記した2つの鉱業権をエヌビーアイ株式会社(嶋、野田両代表取締役)へ返還する手続き
   をするならば、これに越した事はありません。未だ若い彼を犯罪者にしたくはありません。  なお、私たちの名前を伏せた形なら、
   「心配して株主有志が早期問題解決を求めて来た。」程度の事は伊○洋○らに伝えて頂いても構いません。
   一定の圧力になるかも知れません。        以下、余白。

     ★上記文章の文尾に次の記載があるが、この私たちの好意を伊○洋○は無視もしくは拒否した。
            (■ 註:当時、伊○洋○は、**から 脅迫を受けていた、という情報もあった。)

    私たち自身は「和解」による「早期解決」を望んでおり、彼が法務局に過去の不正に登記した会社変更届の抹消手続きをし、
   また、東北経済産業局に不正に移転登記した2つの鉱業権をエヌビーアイ株式会社(嶋、野田両代表取締役)へ返還する手続
   きをするならば、これに越した事はありません。未だ若い彼を犯罪者にしたくはありません。  

  ■ ―決定版(詳細:その20)― こ  れ  が  真  実  だ  ! (会社乗っ取り事件:関連情報;・・・へ続く。

403 エヌビーアイ(株)株主 :2014/05/31(土) 20:39:31 ID:ZhQxA/Jg0
■ 通称・日本ビスマス事件
    ―決定版(詳細:その20)― こ  れ  が  真  実  だ  ! (会社乗っ取り事件:関連情報;

  ■註: 東北経済産業局へ行政による仲介指導を期待して発信したもの。残念ながら、裁判による解決を求められた。
  
  東北経済産業局:                           2009年12月8日(火)
 資源エネルギー環境部               
 資源エネルギー環境課            
 TEL:022-221-4927                             エヌビーアイ(株)
 FAX:022-213-0757                              株主:■○ *○
 〒980-8403                                 090ー**        
 仙台市青葉区本町3-3-1                            Tel/Fax03−・・・・・
 資源・燃料課:出願登録係長                           東京都・・・・・・・・・
         ○井 ○子様

                          重要な事実

 伊○洋○がその資格もないのに今年11月2日開いた「臨時株主総会」で、一般株主から、「おまえ一体いくつ
エヌビーアイ(株)の株券を持っているのか?」と質問を受けたときに、「3株です。」と答えたそうです。
「音声記録もある」とエヌビーアイ(株)幹部から聞きました。私自身は、エヌビーアイ(株)幹部からの欠席
要請通知を受けて、株主として、敢えて欠席しました。成立させる必要を認めなかった為であります。
伊○洋○は、今年6月下旬、「エヌビーアイ(株)に対して、正式に1510株の名義書換請求を行う。公正証書
の記載通り、会社側は強制的に応じる必要がある」(伊○洋○記載:今年10月19日付、「株主各位」の文より)
・・・・ とありますが、すでに彼から借用したお金の内、昨年12月31日までに約72%を返済している野田
實氏は、「公正証書」に記載した担保物権としての過半数の株券を渡す必要を認めず、断固、拒否したわけであります。

★ 同時に、野田氏は裁判所から、「伊○洋○に過半数の株券を渡せ」との命令書を受けておりません。

◎この事実こそ、伊○洋○が裁判所に上記の命令書を申し立てなかったか、あるいは、裁判所に申し立てたけど、
却下されたかのどちらかである事を示しているのではないでしょうか? 
この事は、貴局担当課長が伊○洋○に質問すれば容易に判明する事であります。もし、伊○洋○が裁判所に強制執行
を申し立てなかったのであれば、強制執行を申し立てても「出来ない、負ける」と思ったからに他なりません。
もし、裁判所に申し立てたけど、却下されたのであれば、「公正証書」の記載
を唯一の武器にして、「法」に拠らないで自己判断の元に行動した事がより一層明白になります。
 これは、重大な法令違反であります。  
                            
株券を3株しか持たない人物がどうしてエヌビーアイ(株)の社長に就任できるのでしょうか?出来ないことは明白です。

そして、株券を3枚しか持たない伊○洋○は
「7月中旬・・・・嶋 前社長は、エヌビーアイ(株)の代表としての責務を果たせていないという判断もあり、上記 
 公正証書を元に新オーナーとして過半数の株式で、代表取締役に就任する。」
(伊○洋○記載:今年10月19日付、「株主各位」の文より)
 という自己判断で法令違反を犯して
「新オーナーとして過半数の株式で、代表取締役に就任する」形をとったわけであります。
      ↓
 この「7月中旬」というのは、株券を3株しか持たない伊藤洋二が、その資格もないのに、「臨時株主総会」
 を開催したという「7月18日」です。そして、その総会の議事録を偽造して、品川の法務局に登記申請した
 のが、「7月21日」であります。
・・・もう此処まで記載すれば、貴局は、伊○洋○の違法性は認識されたのではないかと拝察しております。

   貴局の適切かつ迅速な行政判断を仰ぎたいと存じます。                 以下、余白。

  ■  ―決定版(詳細:その21)― こ  れ  が  真  実  だ  ! ・・・・に続く。

404 エヌビーアイ(株)株主 :2014/06/01(日) 15:53:42 ID:ZhQxA/Jg0
 ■ 通称・日本ビスマス事件
 ―決定版(詳細:その21)― こ  れ  が  真  実  だ  !

  真実を知る株主より:  〜〜〜 【 ご 注 意 】 〜〜〜
【―決定版― こ  れ  が  真  実  だ  !】
・・・の情報:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/lite/read.cgi/business/4361/1147558749/l30
  =したらば掲示板の最新情報・・・を熟読すればお分かりのように、
いわゆる、「日本ビスマス事件」は全て「終   結」しております。 

■重要! 下記の2鉱業権は、2014年5月現在、エヌビーアイ株式会社
(社主・野田實=筆頭株主)に所属しております。

 ★東北経済産業局・鉱業原簿に掲載されています。申請すれば受領できます。
       別紙物件目録        
              記
   1 秋田県採掘権登録第948号の鉱業権
     所在  北秋田郡 鷹巣町(現・北秋田市)地内      
         金銀銅鉛亜鉛鉱
     面積  19、102アール

   2  秋田県採掘権登録第1440号の鉱業権
     所在  北秋田郡 鷹巣町(現・北秋田市)地内       
         金銀銅鉛亜鉛硫化鉄鉱

     面積  26、200アール   ・・・・・・・・・・・・
以上です。

★(ご忠告) 以上の報告をご覧になれば分かるように、野田實氏は、命を張って正義を貫いてここまで辿りついた意志の固い信念の人です。
       病以外の面で、山の中で身の危険を感じる場面もしばしばあったと伺いました。
         野田氏曰く:「 秋田の山のお宝は、神様が私たちに、世のため、人のため、お国のために使いなさい、
       と授けてくれた天の恵みです。 今日あるのは、今まで資金面や裁判闘争で助けていただいた古くからの株主や
       優秀な代理人弁護士が支えてくれていたからです。 かような株主、また長い間、辛抱強く待っていただいた
       良心的な株主や支えて頂いた弁護士には深い感謝の念を強く抱いています。
       まず、その人たちに報いるのは当然です。
       そのために、大切な鉱業権を大企業に売り渡さずに資金面で血のにじむような苦労しながら、
       背水の陣を敷いてここまでやって来たのですヨ。
       そうして、その後は、幅広く世のため、人のためにお宝を運用・活用したいと思っています。

 ■ ―決定版(詳細:その22)― こ  れ  が  真  実  だ  ! ・・・・・に続く。

405 エヌビーアイ(株)株主 :2014/06/01(日) 16:09:42 ID:ZhQxA/Jg0
 ■ 通称・日本ビスマス事件
 ―決定版(詳細:その22)― こ  れ  が  真  実  だ  ! 【 野田實氏の心情:続きー「ご忠告」文書 】

 それが、貴重なお宝(鉱業権)を私どもに譲渡してくれた堀部八十治様(■ 註:2006年12月28日死去) の温かな御心、遺言です。
  亦、こうした後には、いずれ、秋田の山はお国に返して行こうと心に誓っています。  」・・・・と。
 また、野田實氏はこのようにも言っております。

「 私は、亡き堀部さん(■註:鉱山採掘者、偉大な鉱山学者)の遺志を引き継ぎ、
  秋田のお宝を世に出すのが私に課せられた重大な使命です。
  秋田県は、就職口も少なく、自殺者も多い県で、この山が【世界に類を見ないお宝のある山】
  として、世に出れば、一大観光・娯楽地にもなり、経済的に大いにも繁栄するでしょう。
  世に出てからは、間もなく、必要な役割を果たした後、私はいつでも引き下がる用意をしています。
  余生は 質素に静かに暮らしたいと思っています。 」
   また、更に野田實氏はこのようにも言っております。

  「あの秋田の山は、神様が授けてくれた天の恵みだから、悪意のある人、
   ただ私腹を肥やすことを考えている人が近づくと、お宝の鉱石(金、銀、ビスマス、レアメタル)は
   パッと消えてしまいます。」
  (■註:そう言えば、利権を狙った邪心のある人たちは全部、裁判にも敗訴し、退却してしまいました。
     これを聞いた私は、不思議なことを言う人だと内心感じたものです。)

     斯様な言葉は、常々株主に野田實氏が言っていることです。
    ネット上で無責任に 野田實氏に対して誤解と偏見に基づいた誹謗中傷を流布することは厳に謹んで下さい。
    かような行為は彼に対する「名 誉 毀 損」に当たる可能性があり、そうした場合には
     告訴は免れません事を 一株主として強くご忠告いたします。
    現在、過去を含め、野田氏に対する中傷誹謗の書き込みをされている方々は、
    速やかに削除の手続きに入ってください。

    関係弁護士の方々もご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

    ★ 追伸:詳細ー関連情報を継続掲載することを検討中

406 エヌビーアイ(株)株主 :2014/06/02(月) 10:19:19 ID:ZhQxA/Jg0
■ 通称・日本ビスマス事件
 ―決定版(詳細:その22)― こ  れ  が  真  実  だ  ! 【 野田實氏の心情:続きー「ご忠告」文書 】
        【 訂  正 】・・・・上記タイトルの文中、1 箇所訂正アリ。
                         下記、文中の末尾に訂正箇所があります。
「 私は、亡き堀部さん(■註:鉱山採掘者、偉大な鉱山学者)の遺志を引き継ぎ、
  秋田のお宝を世に出すのが私に課せられた重大な使命です。
  秋田県は、就職口も少なく、自殺者も多い県で、この山が【世界に類を見ないお宝のある山】
  として、世に出れば、一大観光・娯楽地にもなり、「 私は、亡き堀部さん(■註:鉱山採掘者、偉大な鉱山学者)の遺志を引き継ぎ、
  秋田のお宝を世に出すのが私に課せられた重大な使命です。
  秋田県は、就職口も少なく、自殺者も多い県で、この山が【世界に類を見ないお宝のある山】
  として、世に出れば、一大観光・娯楽地にもなり、経済的に大いにも繁栄するでしょう。

  ・・・・経済的に大いにも繁栄するでしょう。⇒ 経済的にも大いに繁栄するでしょう。(正)

      ★ 追伸:詳細ー関連情報を継続掲載することを検討中

407 株主さん :2014/06/07(土) 22:28:19 ID:O.RXdSyc0
The長縄温容疑者、逮捕間近。
公開銃殺刑がふさわしい!

408 株主さん :2014/06/08(日) 17:54:37 ID:O.RXdSyc0
The長縄温容疑者、逮捕間近。
公開銃殺刑がふさわしい!

409 株主さん :2014/06/21(土) 12:12:07 ID:YhJZ.xjg0
長縄温の実態

長縄温は、金が無いから
日本ビスマス株を買うことができない。

そのため他人から金を借りて、日本ビスマス株を買ったとの事
その借りた金は、もう10年以上になるのに、未だに返していないとの事。

410 株主さん :2014/06/22(日) 22:42:09 ID:YhJZ.xjg0
長縄温の銀行口座番号を発表します!

411 株主さん :2014/07/11(金) 22:18:17 ID:Ubc4e2I20
あつかましい長縄温の実態

あつかましい長縄温は、金が無いから
日本ビスマス株を買うことができない。

そのため他人から金を借りて、日本ビスマス株を買ったとの事
その借りた金は、もう10年以上になるのに、未だに返していないとの事。

あつかましい長縄温の実態でした

412 株主さん :2014/07/11(金) 22:25:42 ID:Ubc4e2I20
あつかましい長縄温の実態

あつかましい長縄温は、金が無いから
日本ビスマス株を買うことができない。

そのため他人から金を借りて、日本ビスマス株を買ったとの事
その借りた金は、もう10年以上になるのに、未だに返していないとの事。

あつかましい長縄温の実態でした

413 株主さん :2014/07/11(金) 22:31:38 ID:Ubc4e2I20
あつかましい長縄温の実態

あつかましい長縄温は、金が無いから
日本ビスマス株を買うことができない。

そのため他人から金を借りて、日本ビスマス株を買ったとの事
その借りた金は、もう10年以上になるのに、未だに返していないとの事。

あつかましい長縄温の実態でした

414 株主さん :2014/07/11(金) 22:38:02 ID:Ubc4e2I20
あつかましい長縄温の実態

あつかましい長縄温は、金が無いから
日本ビスマス株を買うことができない。

そのため他人から金を借りて、日本ビスマス株を買ったとの事
その借りた金は、もう10年以上になるのに、未だに返していないとの事。

あつかましい長縄温の実態でした

415 株主さん :2014/07/11(金) 22:44:05 ID:Ubc4e2I20
あつかましい長縄温の実態

あつかましい長縄温は、金が無いから
日本ビスマス株を買うことができない。

そのため他人から金を借りて、日本ビスマス株を買ったとの事
その借りた金は、もう10年以上になるのに、未だに返していないとの事。

あつかましい長縄温の実態でした

416 エヌビーアイ(株)株主 :2015/06/22(月) 23:27:08 ID:Cm1wrKls0
日本ビスマス株式会社の被害者へ

エヌビーアイ株式会社の創立当初からの一株主として、野田實氏に対する偏見と誤解に基づく間違った情報がインターネット上に氾濫していた事に、長い間、私は胸を痛めておりました。
それ故、私は「野田實氏の真実の姿を知る者」としてブログにて種々発信して参りました。
 この際、これ以上の間違った情報が流布されないように、下記の核心的な事実をお伝え申し上げておきますので、関係者はどうぞご覧ください。

 即ち、野田氏は、平成12年7月21日付にて、日本ビスマス株式会社を設立し、初代代表取締役に就任し業務を行ってきましたが、
設立後わずか約3か月後に、不法に後から就任した代表取締役により、創立者の彼に何の予告もなく、一方的に代表取締役を解任されました。

ところが、登記簿謄本によれば、退任登記は平成13年10月31日となっております。
この間、不法に代表取締役になった者が、約1年間登記をしなかった行為は 悪質 と判断せざるを得ません。

 ☆野田實氏は、ネット上に流布された【 詐欺事件 】とは一切関わりなく、
全く潔白である事は明々白々であることをお知らせいたします。

■ 追記:
就いては、今後、根拠のない「偏見と誤解に基づく間違った情報」を見つけた場合は、
本人に対する重大な名誉棄損に当たる事を指摘し、法的措置も取られる可能性がある事
を通告申し上げます。
なお、野田實氏は2015年6月現在、エヌビーアイ株式会社の社長並び社主であり、
日本ビスマス株式会社や利権を狙った様々な悪意のある者たちとの過酷な裁判闘争に勝訴
しており、従前より保有していた鉱業権2鉱区を立派に維持しております。

★詳細は前述 決定版― こ れ が 真 実だ! 揚ノ沢鉱山 事実経過など、ご覧下さい。

417 エヌビーアイ(株)有力株主 :2015/07/08(水) 01:04:28 ID:Cm1wrKls0
日本ビスマス株式会社の被害者へ

補足:下記文章  日本ビスマス(株)事件関連:野田實氏が不当な弾圧・住所移転被害を蒙った件
 野田實氏が「警視庁鷹巣警察署長」宛て被害届
 
 警視庁鷹巣警察署長
 ご担当官様
         被害届け出書
                              平成14年8月13日
1、本件要件  野田實の住所を突如何の了解もなく無断で本人の知らない間に勝手に移動された為に著しく社会的、精神的、経済的に被害致しました。
2、経過説明  ①野田實は平成13年2月5日住所を東京都港区赤坂9丁目1番 7―816号  から 秋田県北秋田郡鷹巣町綴〇字向■沢〇番地1に転入致しました。 目的は会社の事業推進の為です。
          ②後日、競売物件入札買入れ、通産省(■註:経済産業省)鉱業権の名義変更書類等に必要になり、住民票の交付を鷹巣町役場に願い出ましたが、住所が移転になっているという事で交付が受けられませんでした。
           その時に住所が移転になっている事が判明致しました。
          ③調査の結果、平成13年10月13日付で野田實の住所を  東京都品川区上大崎4-3-14に転出証明書が鷹巣町役場より交付されている事が判明致しました。
        ④上記転出証明書の新住所と思われる東京都品川区上大崎4-3-14の担当区役所に、住民票の交付を願い出ましたが交付されませんでした。区役所で調べていただきましたところ、転出届が出ていない事が判明致しました。
        ⑤何処に住所があるのか?何かあった場合、住所が不定では不安で心配でした。
          又、生活者本人が必要とする住民票及び印鑑証明証等がどこからも交付されず大変、困ってしまいました。
        ⑥これは重大かつ大変な事だと思い、八方手を尽くしましたがなかなか判らず、不安な日が続きましたが、ようやく下記の事実が判ってきました。
         下記の通りでございます。
         【日本ビスマス(株)事務員藤田成子さんのご本人の立場を考慮の上聞いた処 本社住所 東京都港区浜松町2丁目5番2号 秋田事務所 秋田県北秋田郡鷹巣町〇子字向▲沢〇番地1、 野田實は当時、代表取締役であった。
         藤田成子さんは当初より現在まで日本ビスマスの秋田事務所の事務員であります。】 
         平成13年10月21日頃上記秋田事務所に、当時 日本ビスマス(株)の取締役であった謝〇佳〇氏(現同社代表取締役)が来て、当時及び現在同社の取締役・島袋〇雄氏に命じて、藤田成子さんに鷹巣町役場に、「野田實の住所移転の届けを提出する様強く指示されました。」  
         との事で、事務員の立場上やむを得ず上司の強い命令で鷹巣町役場に届け出をした様です。
        ⑦競売物件入札買入れ及び通産省に鉱業権の名義変更手続き等その他で
         住民票及び印鑑証明書が至急必要になり、再度、藤田成子さんに聞いた処 謝敷佳明氏の指示で島袋〇雄氏が持っていた、と聞いてびっくり致しました。
         日本ビスマス(株)の本社に野田實の転出証明書等住所移転の書類がある事が判り、とんでもない事をする人間だと、卑劣極まりなく、大変に失礼・無礼な事で許せないと思いました。
         それまでは何が何だかさっぱり判らなく不安でいっぱいでした。
         住所不定ではどうにもならず大至急、【日本ビスマス(株)が】住所変更を勝手にしようと思った書類を返還するよう強く藤田成子さんに申し出た処3〜4日後に書類が戻り、鷹巣役場にも 「どんな状況で本人でない人が手続き出来るのか 」
         とクレームを申し込みましたが、本人の届け出のない事の確認は出来たものの何の責任も役場にはない、とも言われました。
         それ以上の追及はしておりません。
         役場での住民票の処理は、前住所 鷹巣町〇子字向▲沢〇番地1に戻しただけです。その後、野田實本人が平成14年1月28日付で現在住所鷹巣町字湯車・・・・(秘匿します)・・・・・に転居致しました。

    ■ 註:次ページへ続きます。引き続きご覧ください。

418 エヌビーアイ(株)有力株主 :2015/07/08(水) 01:37:17 ID:Cm1wrKls0

 (前回-417 :エヌビーアイ(株)有力株の続き)

 日本ビスマス株式会社の被害者へ

        ⑧以上によりまして個人の住所を無断で勝手に変更する行為は絶対に許されない行為であると思います。
       野田實が本日まで被害届を申し出なかった理由の一つは、鷹巣の住民として ゴタゴタが起きたら他の善良な町民の為に申し訳がなくなることと、
       数々種々の妨害がありました事は事実です。かなりの恐怖心があり、夜も眠れない日もあり、住所を鷹巣に移転後から10キロ近く精神的な恐怖心から痩せてしまいました。
これ以上大きな問題が起きては困ると思い、本件の届け出を躊躇しておりました。 【 日本ビスマス(株)及びその関係者及び田■正■氏からの数十回以上の恐喝、嫌がらせ、器物破損等、野田實関係の堀部八十治翁の
本人の承諾なしの日本ビスマス(株)の取締役就任事件及び器物破損 又野田實関係のエヌビーアイ(株)への恐喝、不法侵入等 
又 エヌビーアイ(株)が七日市大沢103番地にオープンした サテライト&ラボ の開設祝賀パーティ会場に来客人数十人の祝宴中に、
大声で罵声を発したり等事件がありましたが、 (同席した社長より鷹巣署に口頭でお話はあったと思います)お祝日として
110番するのを控えておりました。その後、1ヶ月後にも3名で不法侵入をしようと来ていた様ですが、エヌビーアイ(株)社員が止めて事なきになった様です。 】
        ⑨又 野田實 及び エヌビーアイ(株)及び 堀部八十治氏の顧問弁護士 小谷恒雄先生に平成14年7月末頃、小谷先生事務所内で、田■正■氏が
         「体をかけても色々 ヤル」と捨てセリフを言っていた事と、堀部八十治氏  及び 顧問弁護士小谷先生がやむを得ず 日本ビスマス(株)に「(揚ノ沢鉱山 入山禁止」の通告
の看板を、堀部八十治氏が自分から立てられた看板を 日本ビスマス(株)取締役 島袋〇雄氏が自社の社員にその看板を外させた器物破損(損壊)が確認されました。
( 堀部八十治氏が所有している採掘鉱業権の一部の売買、2鉱区の契約が日本ビスマス(株)との間で支払最終期日..平成14年6月19日になってもほんの一部の金額しか支払われず
再々の催告に全く応じる様子がなく、堀部八十治氏には権利がナイ とか 田■正■氏の所有権とか、わけのわからない
事(を言うもの)で 堀部八十治氏が 通告の「入山禁止」の張り紙を5ヶ所にしたものです。 )
       ⑩以上によりこれ以上放っておくと、鷹巣町―県―国にまで及ぶ事件に発展する可能性大と判断致しました。
         野田實本人はじめ関係各位様の生命及び身体 器物等に危険があると思い、本状の申し願いを決断致しました次第で御座います。
         一生懸命に世の為人の為を思い事業に専念しようとする者と、
         ヤクザを使い、公正証書を偽ってまでも、無理やり通そうとする心、行為は 世に通用するはずがないと信じております。
         お調べの上、処罰されたく何卒お願い申し上げます。

            本人住所:秋田県北秋田郡(註:ここでは秘匿します・・・)
              氏名:              野 田 實 ○印
         携帯番号(註:秘匿します)

               添 付 書 類
         ①住民票写し     平成13年10月15日付 1通
         ②転出証明書写し   平成13年10月23日付 1通
         ③住民票本証     平成14年 8月 1日付 1通

              尚、①②は野田實本人は交付依頼をしておりません。
              
    追伸: ご多忙と存じますが野田實本人が平成14年8月21日13:00頃
        お伺い致します。                       以上。

★詳細は前述 決定版― こ れ が 真 実だ! 揚ノ沢鉱山 事実経過など、ご覧下さい
  参照:日本ビスマス - 1147558749 - @未公開株式道場
    http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/business/4361/1147558749/

419 エヌビーアイ(株)有力株主 :2015/07/08(水) 01:46:56 ID:Cm1wrKls0
日本ビスマス株式会社の被害者へ

▲ 下記:関連リンク:―決定版― こ  れ  が  真  実  だ  ! 
番号をクリックして下さい!
(まずは「判決文」 382  383 384 385:エヌビーアイ(株)株主:をクリック! )
374 :エヌビーアイ(株)株主:2014/05/23(金) 13:14:13 ID:ZhQxA/Jg0
揚ノ沢鉱山・・・・・事件― 事 実 経 過 (その1)
375 :エヌビーアイ(株)株主:2014/05/23(金) 13:19:54 ID:ZhQxA/Jg0
揚ノ沢鉱山・・・事件― 事 実 経 過 (その2)
376 :エヌビーアイ(株)株主:2014/05/23(金) 13:25:51 ID:ZhQxA/Jg0
揚ノ沢鉱山・・・・事件― 事 実 経 過(その3)
377 :エヌビーアイ(株)株主:2014/05/23(金) 13:33:40 ID:ZhQxA/Jg0
揚ノ沢鉱山・・・事件― 事 実 経 過(その4)
378 :エヌビーアイ(株)株主:2014/05/23(金) 14:09:06 ID:ZhQxA/Jg0
補        足  上記と連動:(その5)
379 :エヌビーアイ(株)株主:2014/05/23(金) 17:35:24 ID:ZhQxA/Jg0
追記)     ―決定版― こ  れ  が  真  実  だ 
380 :エヌビーアイ(株)株主:2014/05/23(金) 17:49:50 ID:ZhQxA/Jg0
追記)     ―決定版― こ  れ  が  真  実  だ  !揚ノ沢鉱山 ・・・事件― 事 実 経 過:通称・日本ビスマス事件
381 :エヌビーアイ(株)株主:2014/05/23(金) 18:32:12 ID:ZhQxA/Jg0
追記)     ―決定版― こ  れ  が  真  実  だ  
382 :エヌビーアイ(株)株主:2014/05/25(日) 14:34:27 ID:ZhQxA/Jg0
 ―決定版(詳細:その1)― こ  れ  が  真  実  だ  !
平成17年10月26日判決言渡 同日原本領収  裁判所書記官  吉田要  ★ 東京高裁「 判  決 」▲堀部八十治氏が勝訴! 
平成17年(ネ)1457号 鉱業権返還請求控訴事件 
 (原審:東京地方裁判所 平成15年(ワ)6723号)
         口頭弁論終結日:平成17年9月28日
     控訴人  堀部八十治   被控訴人 日本ビスマス株式会社
383 :エヌビーアイ(株)株主:2014/05/25(日) 14:41:55 ID:ZhQxA/Jg0
 ―決定版(詳細:その2)― こ  れ  が  真  実  だ  ! (上記、判決文続き)
384 :エヌビーアイ(株)株主:2014/05/25(日) 14:50:58 ID:ZhQxA/Jg0
★ ―決定版(詳細:その3)― こ  れ  が  真  実  だ  ! 揚ノ沢鉱山【鉱業権2鉱区(948号、1440号)】事件― 事 実 経 過
 通称・日本ビスマス事件:日本ビスマス(株)との裁判闘争にエヌビーアイ(株) 〜堀場八十治翁が勝利:東京高裁「 判  決 」 (―続き―)
385 :エヌビーアイ(株)株主:2014/05/25(日) 14:57:58 ID:ZhQxA/Jg0
  同上、「 判 決 」(―続き―)
386 :エヌビーアイ(株)株主:2014/05/25(日) 15:13:12 ID:ZhQxA/Jg0
全面勝訴おめでとう御座います!
387 :エヌビーアイ(株)株主:2014/05/25(日) 15:19:41 ID:ZhQxA/Jg0
  【 上記判決 関連情報〜株主から「おめでとう!」の祝意の言葉ー続き 】
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ★その他、374〜387以下、406(406)までの番号:
―決定版―これが真実だ! をご覧ください。【したらば掲示板】
関連リンク:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/business/4361/1147558749/

420 日本ビスマス株主 :2015/09/13(日) 02:24:59 ID:HX0MeQxM0
平成13年〜15年(2001〜2003)で3回株を購入しました。それぞれまちまちな株価です。公募毎のただしい
公募価格を知りたいのですが

421 株主さん :2015/09/19(土) 23:08:57 ID:LyPHhvJI0
>>420
詐欺師が決めた紙くずの値段確認してどうするの?

>>417
白痴のエヌビーアイ(株)有力株主へ

警視庁鷹巣警察署長
 ご担当官様

警視庁は東京都が担当地域だよ。いつから秋田は東京に編入したのww

警察署長に渡したいの?担当者に渡したいの?
詐欺行為やめて日本語勉強しようねwww

422 日本ビスマス出資者 :2015/11/01(日) 23:09:07 ID:8hE0wMwE0
さいきん うわさで聞いたんですが、出資したお金を名義のひとが返してくれるそうんですが
どなたか知りませんか?
紙屑みたいな株になって困っています
大籠から買った株ですけど、岐阜の小鹿さんが返してくれるそうなんですけど、本当なのか教えて
ください
もし可能ならばやり方も教えてください

423 株主さん :2015/11/12(木) 23:21:15 ID:LyPHhvJI0
>>422

詐欺師がお金返すかよ。
馬鹿じゃないの?

424 日本ビスマス出資者 :2015/11/14(土) 01:19:47 ID:8hE0wMwE0
小鹿は詐欺師だよ。
岐阜のやつだろ。
金は戻っては来ないから諦めなさい。
オジカインダストリーの代表で、健康製品を売っている。
偽物らしいけど。

425 日本ビスマス出資者 :2015/11/14(土) 01:31:28 ID:8hE0wMwE0
一人二役で、物語を更新していきます。
150万円で、斉木からも買わされました。
ビスマスを採掘して、上場するから価値が上がるといわれました。

426 日本ビスマス出資者 :2015/11/14(土) 01:37:39 ID:8hE0wMwE0
馬鹿だねあんたは。
山師の未公開株を信じて買うなんて!
150万は仲間で山分けして、とっくに使い切っているさ。
社長はじめ名うての詐欺師集団だよ!
信じたのが間違いです。

427 日本ビスマス出資者 :2015/11/14(土) 09:06:13 ID:8hE0wMwE0
だってほんとうに上場すると言ったんだよ
1株が何千万になるとのはなしだtったし、斉木からも買ってしまった。
今金が無くなってきて、女房から責められて辛い!
あ〜、駄目なことも分かっているオレもいるし
情報は正しいんだよな?

428 日本ビスマス出資者 :2015/11/15(日) 16:41:31 ID:8hE0wMwE0
山はとっくに乗っ取られて、今は廃墟になっている。
だから、日本ビスマスの事業など幻の架空話ですよ。
最初から詐欺目的で、金を集めた犯罪集団にだまされたと思いあきらめなさい。
関西で、訴えるという動きもあるから、情報を取って一矢報いが出来たらいいところでしょうね。

429 日本ビスマス出資者 :2015/11/16(月) 19:18:51 ID:8hE0wMwE0
じゃあ、うわさはどうなの?
小鹿が責任をつきあげられて困っている話で、金を返すそうなんだけど。
大籠、斉木はどこにいるかわからない。
とにかく何とかしてほしい。
お金を返して欲しい!!!
岐阜の長縄と小鹿は同じグループなのでしょうか?
だれか分からないかな
山が廃墟だったら、ほんとに何も財産はないの?
差し押さえるもの何もないの?
ほんとに困っている!

430 日本ビスマス出資者 :2015/11/18(水) 00:41:26 ID:8hE0wMwE0
(もう一人の自分へ)
何年間だまされたら気が済むの?
いい加減、現実を受け止める時が来たのではないでしょうか。
奥さんに謝って、金は諦めなさい。
もし、納得がいかないとしたら、浜松町の本社と岐阜の小鹿の家に乗り込んで、
直談判するしかありません。
他の被害者と連帯して、情報取りも必要ですよ。
悔しいのは分かるから、詐欺師の大籠・斉木・小鹿・謝敷の名前を広めてやりましょうよ!
詐欺師は罪悪感なんか全く持っていません。

431 日本ビスマス出資者 :2015/11/18(水) 21:45:21 ID:8hE0wMwE0
鉱山を乗っ取った野田が悪人だと思っていたけど、実際の詐欺師は社長の謝敷と株販売グループが、
一番の悪党だったんだな。
小鹿は岐阜とか大阪での販売元締めなのかな?
集めた金は何億にもなるはず、その金はどこにいったの?
税務署は何もつかんでいないのかな?
あ〜腹立つ! だれか天罰をあたえて! こいつらがのうのうと生きているのおかしいでしょ!!!!

432 株主さん :2016/04/17(日) 12:04:43 ID:CtN38ml20
野田實氏は、ここに書かれいるような悪人ではありません。

433 株主さん :2016/04/21(木) 08:33:31 ID:LyPHhvJI0
じゃあ、極悪人だ。

434 ちん :2016/07/17(日) 00:07:23 ID:0DeB7bNM0
日本ビスマスの株式が上場されるのは、いつですか?

435 日本ビスマス :2017/06/12(月) 23:31:02 ID:QWuNupYU0
何かわかる方いませんか?

436 T.T. ◆FwjTMjHvyg :2017/06/13(火) 01:28:32 ID:zaBk82jc0
なんか、
せっかく
判決書いている人はいるみたいなのですが、

事件番号、判決に至る時系列で、
判決文を載せてくれないですか?

地裁での検察の詰め形もね会わせて。
判決文。そこに至る地裁の公判を教えて欲しいです。

437 日本ビスマス :2017/06/15(木) 17:25:30 ID:QWuNupYU0
一般財団法人 秋田県鉱業会の発行している秋田県鉱山誌の73. を見ると
揚の沢鉱山の沿革 履歴がわかりますよ。

438 鉱山研究生 :2017/06/16(金) 16:49:22 ID:QWuNupYU0
ビスマス(天然蒼鉛)産出できてもほとんど無価値ですよ。鉛、モリブデン、タングステンの製錬の副産物で生産されるものです。
ビスマスを目的に採掘することはありませんね。

439 鉱山研究生 :2019/01/14(月) 21:17:37 ID:BZJVThaU0
月刊誌 FACTA 2018.9月号に詳しく掲載されているよ、

440 鉱山研究生 :2019/01/14(月) 22:40:26 ID:BZJVThaU0
FACTA  は国会図書館に置いてありますよ。

441 困っている人へ :2019/03/10(日) 00:30:58 ID:BZJVThaU0
岡村は入ってないよ。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

坂本ですが? 1 (ビームコミックス) - 佐野 菜見


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板