したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

【妄想】着ぐるみ小説スレ第11章【連載?】

1 名無しさん@着ぐるみすと :2016/03/05(土) 02:59:09
【ルール】
■執筆者以外の人はsage進行でお願いします。
■あなたが作ったオリジナルの文章を募集します。
■長い文章は何回かに分けて連載してください。(何話でも可)
■1回の投稿では30行以内で書いてください。
■執筆者は識別の為、名前欄には『必ず』ペンネームとトリップを入れてください。
■1度使ったトリップは変えないでください。
■題材が着ぐるみならどんな内容でもOKです。(アダルト可)
■文章を読んだ人はこのスレに感想を書いてください。(任意)
■関連・過去スレは>>2-10の辺りに記載します。

684 中の人フェチ ◆4iSBiGGFMw :2017/11/28(火) 22:52:48
雑談をしながら休憩していると、表広場から賑やかな声が聞こえてくる。
時間は3時過ぎで、表広場ではパレードが行われている時間。
石川さんも同じことを思った様だ。

「表広場はパレードの時間だね。ちょっと覗いてみようか」

そう言うと石川さんは俺に確認もせずに席を立ち、フードコートの裏手から表広場を目指す。
慌てて石川さんの背中を追うと、フードコートの制服の白いポロシャツから彼女の付けているスポーツブラが、薄っすらと透けていて、慌てて俺は視線を外す。

フードコートの混み方から予想はしていたが、表広場はいつも以上に人がごった返していた。
普段も従業員である以上、遠目で見ている程度にしているが、今日の混み具合では近づこうと思っても近づけそうにない。

俺は遠くからフローラ姫を目で追う。
流石に着ぐるみのお面越しの限られた視界で、これだけ離れていると俺には気付いてくれないだろう。
それに動きを見ると何となく、例のフローラ姫の中の人ではない気がする。
気になって観察しているうちに、最近は仕草や僅かな身長差で中の人の違いが分かるようになってきた。

「何? 生田君はフローラ姫がお気に入り?」
「え!? いや違いますよ! 何となくです!」

横にいた石川さんに気付かれた?俺は慌てて否定する。

685 中の人フェチ ◆4iSBiGGFMw :2017/11/28(火) 22:56:46
「え〜。必死に否定するのが逆に怪しいんだけど……」
「あんまり、いじらないでくださいよ! いや、なんかフローラ姫が閉演後に会った時とか、俺にだけ絡んできたりするんですよね。それでです」

下手に詮索されるならと思い、正直に理由を白状する。

「へ〜。どうしてだろうね?」
「なんででしょう? 以前に子供に悪戯されてるのを助けたことはありますけど……。それだけですからね。中の人が俺の知り合いなんじゃないかと思っているんですけど……」
「そうじゃなくて、助けてくれたことを凄く感謝してるとかじゃない?」
「ちょっと仲裁したくらいですよ。それだけとは思えないけどなぁ」
「実は生田君のことが気になってるとか?」
「まさかぁ! 悪戯してきたり、俺が困ってるのを楽しんでる感じですよ」
「それも今更名乗れない照れ隠しとかでさ」

そんな答えの出ないやり取りをしながら、ふと時計に目をやると休憩に入ってから、いい時間が経過している。
俺達は慌ててフードコートに戻ると、お客さんも少なくなってきたことでヘルプの人たちは、自分の持ち場に戻り、解散という指示が出ていた。

「じゃあ、生田君はもう一頑張りだね。私はこれで戻るけど、今日はありがと」
「いえ、こちらこそ、ありがとうございました。ヘルプが石川さんで本当に助かりましたよ」
「嬉しいこと言ってくれるじゃん。じゃあまたね」

そう言って石川さんは去ろうとするが、俺は少なくとも、ここでバイトを始めてから今日まで石川さんと会った記憶がない。
またねと言われても全然ピンとこないし、一体どこで会えるというのだ。

686 中の人フェチ ◆4iSBiGGFMw :2017/11/28(火) 22:59:56
「って、石川さんって普段はどこの職場ですか?」

フードコートを出ようとしている石川さんを呼び止めて尋ねた。
石川さんは振り返ると、人差し指を口に当てて

「さあ、どこでしょう?」

その仕草はフローラ姫が俺の追及をはぐらかす時の仕草で、動きやシルエットが、いつも見ているそれと完全に一致した。

「え!? 嘘! 石川さんが!? え???」

混乱している俺を余所に、石川さんは疑問には答えず、悪戯っぽい笑いを浮かべると小走りでフードコートを去っていった。
俺は追いかけたい気持ちで一杯だったが、職場を離れるわけにもいかず、その背中を見送った。

687 中の人フェチ ◆4iSBiGGFMw :2017/11/28(火) 23:04:32
ゴールデンウイーク明けのバイト帰りに、いつものようにフローラ姫と出くわす。
フローラ姫の中の人が石川さんか違う人か確信は持てなかったが、目が合った時に一瞬、動きが止まった。
これで俺はフローラ姫の中身が石川さんだと確信する。
中の人が別人とごまかそうとしていたのかもしれないが、俺が確信しているのを察知してか観念したように、こちらに歩み寄ってきた。

「お疲れ様です。い・し・か・わ・さ・ん!」

閉演後だし、名前を出しても問題ないだろう。
俺は、なんで教えてくれなかったんですかと、抗議の視線を送る。
よく見ると、この日は5月とは思えない程暑く、30℃を超えていたせいか、首周りやドレスから伸びる二の腕を包むタイツの一部が汗で濡れて変色していた。
いつも笑顔のフローラ姫のお面の中には、あの石川さんが汗びっしょりになりながら、キャラクターを演じているのだと思うと変な気分になってくる。

そんなことを考えている隙にフローラ姫は後からきたアテンドの女性に後ろに隠れて、わざとらしく怯えるような仕草をした。
アテンドの女性は俺とフローラ姫の間に挟まれ、困り顔だ。
そしてアテンドの女性越しにフローラ姫は人差し指を口に当てる、いつもジャスチャーをした。
それはフードコートで見た石川さんの姿と一致する。
こうなると、もうお手上げ。
今日はこれ以上、追及出来ないと俺は観念した。

688 中の人フェチ ◆4iSBiGGFMw :2017/11/28(火) 23:08:12
フローラ姫以外の着ぐるみ達も俺とすれ違い園内の奥に帰っていく。
いつもの俺は振り返らず、そのまま帰っていくが、この日はフローラ姫の背中を最後まで見送った。
イベント等を行うステージ横の建屋が着ぐるみ達の控室の様で皆、アテンドに誘導されながら、その中に入っていく。
きっと、あの中で石川さんは汗に濡れたフローラ姫の着ぐるみを脱いでいるのだろう。

「にしても……全く……。あの人は一体何がしたいんだよ」

俺は閉演後の寂しい園内で、周りに誰もいないことを理解しながら声に出して悪態をついた。
でも、気が付けばフローラ姫、いや、フローラ姫の着ぐるみを着ている石川さんが大好きになっていた。
もしかしたら、俺はまんまと彼女の術中に嵌っていたのかもしれない。

「今度、見つけたら絶対文句言ってやる!」

終わり

689 中の人フェチ ◆4iSBiGGFMw :2017/11/28(火) 23:09:39
拙い文章に沢山の支援頂き、ありがとうございました。

690 名無しさん@着ぐるみすと :2017/11/28(火) 23:23:14
もうちょい続いても…
もっと読みたいっス

691 名無しさん@着ぐるみすと :2017/11/28(火) 23:49:35
中の人フェチさん、ブラボー
フローラ姫の控室に生田君が呼び出されるか、潜入するかで石川さんのマスクオフ
するシーンを描写されたら、さらにドキドキします。

692 名無しさん@着ぐるみすと :2017/11/29(水) 20:28:29
とてもよかったです
中フェチさん、ありがとう

693 名無しさん@着ぐるみすと :2017/11/29(水) 21:41:09
「にしても……全く……。あの人は一体何がしたいんだよ」 つづき が 楽しみです

694 名無しさん@着ぐるみすと :2017/11/30(木) 10:14:26
正統派?着ぐるみフェチという感じでツボでした。
是非続編お願いします。

695 名無しさん@着ぐるみすと :2017/12/02(土) 18:31:02
乙!

696 名無しさん@着ぐるみすと :2017/12/03(日) 14:45:54
着ぐるみ小説スレまとめに
小説投稿道場が開設しました

着ぐるみ小説スレまとめ
https://www63.atwiki.jp/kigurumi-novel/sp

雑談スレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/17897/1512185297/

697 宣伝ぶちょう? :2017/12/03(日) 14:59:11
使い方という小説
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/17897/1511998246/

698 名無しさん@着ぐるみすと :2017/12/03(日) 15:17:11
ホスト制限もNGワードも現状無いため
感想や小説の書き込みができずもどかしい思いをしていた方もぜひお願いします

699 名無しさん@着ぐるみすと :2017/12/17(日) 18:04:14
ありゃ小説まとめWikiの一部がログイン必須になってる

700 名無しさん@着ぐるみすと :2017/12/17(日) 18:28:18
未成年がいるからってことでいきなり掛けた

ヒント
斧などで画像ファイルを配布する際使用されるパスワードがユーザー名
パスワードはこちらでも扱っているフェチのどれかになります。
これ知ってたら年齢層高いです。


だそうですよ?
分かりますか自分は解りません

701 名無しさん@着ぐるみすと :2017/12/17(日) 18:31:01
いきなり自分以外の小説を過去ログ倉庫送りにしたし
ヤバメなふんいき
過去ログ倉庫に二本あるので見てみてください

702 名無しさん@着ぐるみすと :2017/12/17(日) 18:50:04
あっちのスレたてたやつこのスレどうするの?
さっさと消すなり他の使い道探すなりしろよ
このまま雑談とか宣伝に使うんなら削除申請しろ

703 名無しさん@着ぐるみすと :2017/12/17(日) 18:55:57
向こうの管理人は平行運用を希望してるけどね
安定するまではこっちをどうこうはしない方がいいと思う

704 名無しさん@着ぐるみすと :2017/12/18(月) 02:33:38
んー過去作品見返すって意味でWikiはありがたいんだけど、スレが1人の手の上に乗っちゃうのはな〜

705 名無しさん@着ぐるみすと :2017/12/18(月) 11:56:46
興味薄いから向こうも見てないけど板作った人は事前にここで相談とかしなかったの?
何か妙に批判されてるから逆に興味出たわw

706 名無しさん@着ぐるみすと :2017/12/19(火) 08:36:44
>>700
本人は面白いと思ってやってるんだろうけど、お前の頭の中なんかしらねーっつーの
「フェチのどれかです」って。そういうクイズいいから

wikiのトップページに「編集委員長 こまちちゃん 
@ishikawa_komati
facebook.com/mya.kigurumi」
Twitterのアカウントにも「着ぐるみ小説編集委員長とかやってます。」
とか書いてるし私物化酷いな

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/17897/1512185297/16
「twitterではすでに公告しましたが。
午後からまとめサイトの仕組みを変えます。」

知らねえよ。管理人様のTwitterはフォローして当然ってか。
自分以外を過去ログ送りにしたり、こういう奴は都合が悪いとwikiごと消して逃げるタイプだな

707 名無しさん@着ぐるみすと :2017/12/19(火) 15:35:25
ここは管理されるよりも書き逃げ(写真等はうp逃げ)する方が性にあってる気がする。
小説では無いだろうけど、写真とかだと
当然過去ものうpして誰かに迷惑掛ける場合もあるけど。

709 名無しさん@着ぐるみすと :2017/12/20(水) 22:34:59
倉庫送りになってた
このスレでは途中で終わってしまった
>>652
の続きが元に戻ったので興味のある方は是非
雑談スレとリクエストスレもありますよ?人が来ないけど

710 名無しさん@着ぐるみすと :2017/12/30(土) 18:48:15
どうすればいいんだろう
どうすれば活気があふれるようになるんだろう

711 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/04(木) 11:59:17
ちゃんと書けてても、好みに合ってないとボコってくる輩がいるのが問題
書き手はモチベーションで動く生き物だし

712 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/04(木) 15:55:35
全くだ。

好みが合わないなら自分で書けばいい。

713 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/04(木) 16:05:23
批判するなら敬語ぐらい使えないものか

714 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/04(木) 17:39:55
確かに批判が、うざいときあります。

715 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/04(木) 17:42:40
>>661
あたりとかなあ…向こうの道場なら一応管理人に頼めばブロックや削除できるが…

716 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/04(木) 18:01:14
向こうの道場ってどこのことですか?

717 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/04(木) 18:02:25
向こうの道場ってどこのことですか?

718 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/04(木) 18:04:37
すいません。間違えて二つ書いてしまいました。

719 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/04(木) 18:51:53
着ぐるみ小説スレまとめに
小説投稿道場が開設しました

着ぐるみ小説スレまとめ
https://www63.atwiki.jp/kigurumi-novel/sp

雑談スレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/17897/1512185297/

720 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/04(木) 18:53:20
正直雑談でもいいからしたいけど
話題がない…人割といるのかな

721 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/06(土) 18:12:52
正直あっちの編集がウザいからあっちではやりたくない
pixivでこそこそ今まで通りやるよ

722 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/06(土) 18:39:13
どこかに同じ事書いてあったが先にここの管理人に訴えかければよかったんじゃね?
ようは禁止ワード多いから小説が書けないってことなんだからそれを緩和してもらえばいいじゃん

723 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/06(土) 18:40:41
禁止ワードもそうだけど回線ブロックが…

724 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/06(土) 22:00:45
>>723
だーかーらーそれは雑談スレで延々と僻みあってる女装バカ共に言ってやれよww

725 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/06(土) 23:14:24
批判ばかり

726 ケルネ :2018/01/07(日) 18:10:29
時計の画面が12月31日23:59から0:00になった。
「それじゃ行く準備でもするか。」
「うん」
ここから数時間は掛かる浜辺スポットがある。そこで彼と初日の出を見に行く。
私は自分の部屋にいき、準備を始める。

着ていたものを全部下着を含め脱いだ。
洋服タンスの戸を開けるとコートやマフラーが掛けてる中で右端に掛かってる『物』はそこには不似合いな物。
ウルトラマン。の着ぐるみ。
ダランと頭や腕や足が垂れている。
それをハンガーからはずし、背中のチャックを開ける。

椅子に座って足を通していく。
中はとてもヒンヤリと冷たい。
「く〜!?ストーブで軽く温めときゃよかった」
足を通したらお腹のところまでたくし上げる。
次に腕を通していく。
「ん?今回は通りにくいな。」
この着ぐるみは彼が私の体に合わせて作ってくれた特注品。ウェットスーツとラバースーツを改造して作られてるらしい。
ブーツや手袋は一体になっており、手の指のサイズまで合わせてある。
ただこの着ぐるみの欠点は採寸時の各所のサイズから変化があると着ずらくなること。まあ当然か。
なんとか腕を通し、肩まで来た。
首から下は完全なウルトラマン。だけど女性的な体のラインが出て少し違う。
ウルトラマンの頭に顔を沈め、目と口の位置を合わせる。
呼吸をする穴は口元だけ。入ってくる空気が少ないから激しい動きはできない。
そして視界も狭い。
最後に背中のチャックを閉めることで私はウルトラマンに変身するのである。

鏡の前で私は色んなポーズをとる。
「スペシウム光線!!」「おのれ!メフィラス星人!!」
大の大人が子供の用にはしゃいでる姿は自分でも笑ってしまう。

そしてその勢いで「愛と希望の戦士ウルトラマンガール参上!!」と言いながら決めポーズをとったところで横から何やら視線が。
そこにはスマホをかざしてニヤニヤしている彼が。
「いや〜かっこいいねぇ〜愛と希望の戦士ウルトラマンガールちゃん。もう一回やって。(笑)」
「ちょっ、入るならノックしてよ」
「随分楽しそうにやってたからつい。おっと、そろそろ出発しないと初日の出見れないかも」と言いながら逃げるように部屋から出ていく。
「あ、待ちなさい!たくもう」
そして私も追いかけるように部屋を出ていった。

727 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/07(日) 22:54:20
支援!

728 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/07(日) 23:27:34
こっちで書くことにしたんですか?
まぁあれはなぁ…

729 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/08(月) 09:57:50
支援
あとトリップはつけてね

730 ケルネ ◆Dt60uNdH0c :2018/01/08(月) 20:50:32
テスト

731 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/08(月) 21:45:33
#つけてから、#1118

733 名無しさん@着ぐるみすと :2018/01/11(木) 22:52:18
あぼーん


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

さくら荘のペットな彼女〈7〉 (電撃文庫) - 鴨志田 一

朝、目覚めた俺の眼前にはなぜか妹のパンツが。ってなんで○○がここに!?

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa