したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

穂乃果「変人クラスの高坂さん」

1 ◆UBJU4NwTVE :2017/12/03(日) 16:16:01 ID:KZd41Dco
先生「で、あるからして……」

穂乃果「……」ポケー

キーンコーンカーンコーン

先生「ん、もうチャイムか。じゃあ授業はここまで、今日の部分はテスト範囲に入ってるからな、きちんと復習しておけよ」

穂乃果「……」ポケー 

きりーつれーい

穂乃果「……」ポケー

先生「……高坂?」

穂乃果「……」

先生「高坂ァ!」

穂乃果「うぇ!? は、はい!?」

235 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 20:55:40 ID:BvP9cxWs


穂乃果(そこからどう帰ったのか、覚えていない)

穂乃果(気付いた時にはもう部屋のベッドの上だった)

穂乃果「裏切り者、大嫌い、か……」

穂乃果(本当はそんなこと、思ってはいなかった。ようやく私は思い出したんだ)

穂乃果(全ては私が引き起こしたことだった)

穂乃果(離れるのが嫌で、何で残ってくれないのか悲しくて……幼い頭では大人の事情なんて何も考えられはしなかった)

穂乃果「私は海未ちゃんのことも、ことりちゃんのことも」

穂乃果(……大好きだったから)


第十二話 完

236 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 20:57:24 ID:BvP9cxWs
今日はここまで
多分次の更新は明日です

237 名無しさん@転載は禁止 :2018/01/12(金) 21:04:47 ID:99OUoDj.
ことほのうみ関連楽しみにしてたのでワクワクが止まらん
何があったのか…

238 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 21:21:44 ID:BvP9cxWs
更新は明日と言いましたが冷静に考えたら特にやることなかったので更新します

239 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 21:22:07 ID:BvP9cxWs
第十三話『変人クラスの高坂さん』

240 名無しさん@転載は禁止 :2018/01/12(金) 21:23:23 ID:CWu8zy4g


241 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 21:25:40 ID:BvP9cxWs
学校

穂乃果(教室内にぎくしゃくとした雰囲気が流れていた)

海未「……」

ことり「……」

穂乃果(園田さんと南さんと……私はいつものことだけど、この三人が無言で何とも言えないピリピリとした空気を出している)

穂乃果(それがクラスメート達にも伝染し、全体的に余所余所しい空気が滲み出ている)

モブ女B「あ……消しゴム落としましたよ」

モブ女A「あっ、ありがとうございますすいません」

穂乃果(その空気感たるやギャルも厨ニも思わず素に戻るほどだ。居心地が悪い)

242 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 21:29:31 ID:BvP9cxWs
ことり「ねぇ、穂乃果ちゃん。昼休み時間ある?」

穂乃果「えっ……う、うん。大丈夫だけど」

海未「……」

穂乃果(園田さんは誘われなかった。あれを思い出した上でどんな顔をすればいいか分からなかったから丁度いいや)

穂乃果(……私のせいとはいえ、嫌なことからは逃げたいもんね)

ことり「……穂乃果ちゃんは、海未ちゃんのことどう思ってる?」

穂乃果「どうって、それは」

穂乃果(好きだ、嫌いだ。そのどちらも陳腐に思えた)

243 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 21:33:36 ID:BvP9cxWs
穂乃果「南さんは、どう」

ことり「ことり」

穂乃果「へ……」

ことり「ことりって呼んで。海未ちゃんのこともだよ。私は穂乃果ちゃんのこと、友達だと思ってるから」

穂乃果「け、けどわたっ! 私っ、昔からみょ、名字でっ!」

ことり「いいから」

穂乃果「……ことりちゃんは、海未ちゃんのことどう思ってるの?」

ことり「私は昔から海未ちゃんのこと、好きだよ。勿論穂乃果ちゃんのことも……前にも言ったでしょ? 初恋だったんだよ?」

穂乃果「それは悪かったと思ってるけど……」

穂乃果(仕方ないじゃん、あの時はヒーローになりたかったんだから)

244 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 21:38:31 ID:BvP9cxWs
穂乃果「……それで言うなら私だって、大好きだよ」

ことり「じゃ、じゃあそれを海未ちゃんに」

穂乃果「けど……あんなこと言った手前、今更どうしてそんな風に伝えられるの?」

穂乃果「海未ちゃんは怒ってるんだよ、私のこと……私が大嫌いだって言ったこと」

ことり「けどあれは……あんな状況なら仕方ないよ。海未ちゃんだって離れたくなかった筈だし、穂乃果ちゃんだって……」

穂乃果「ごめんね、ことりちゃん」

タッタッタッ

ことり「!」

ことり「謝らないでよ、穂乃果ちゃんも海未ちゃんも誰も悪くないのに……何でこんなことに……」

245 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 21:41:13 ID:BvP9cxWs
屋上

穂乃果「……」

絵里「……うふふ、ポカポカ」

穂乃果「うぉぁっえ!? せ、生徒会長!?」

穂乃果「ど、どうしたんですか屋上なんかに来て」

絵里「貴女が……来るのが見えた……じめじめもいいけどポカポカもいい……」

穂乃果「何だか雰囲気違いません……?」

絵里「……っと、駄目ね。何でだか貴女の前だとついつい気を抜いちゃう。気にしないで」

穂乃果「は、はぁ……」

246 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 21:45:53 ID:BvP9cxWs
絵里「それで、何があったの?」

穂乃果「へ?」

絵里「随分顔色が悪いわ、それに今から私は自殺しますムードが全身から出ている……自殺……うふふ……」

穂乃果「そ、そんなムードが出てたんですか!?」

絵里「生徒から相談されることもよくあるから分かるのよ、落ち込んでる子はね。何かあるなら話してみて? 話すだけで楽になることだってあるんだから」

穂乃果「……」

絵里「……じめじめしてても……解決はしない」

穂乃果「じめじめ……?」

絵里「じめじめは心地良い……けど、本当はポカポカの方がもっと心地良い……」

絵里「貴女も本当は、ポカポカの方がいいんでしょ?」

247 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 21:47:43 ID:BvP9cxWs
穂乃果「……」

穂乃果(言っている意味はさっぱり分からなかった。けれど、何でだろう)

穂乃果(この人になら話してもいいか、何故かそんな気にさせられた)

穂乃果「……私がまだ子供の頃の話です」

穂乃果「舌の呂律も回らないほど、小さい頃の話」

穂乃果「私にはいつも一緒に遊んでいる幼馴染がいました」

248 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 21:51:42 ID:BvP9cxWs
回想

穂乃果「ねぇねぇ、二人とも! 向こうの山の方に行ってみない?」

海未「踏切を超えて向こうの山ですか? いいですね、わくわくします」

ことり「だ、駄目だよ、あそこは危ないからお母さん達が子供だけで言っちゃ駄目って……」

海未「平気ですよ平気! だって私達には穂乃果がいるんですから!」

穂乃果「そうだよ、オレがいればどんな危険からでも守ってあげる!」

穂乃果『あの頃は海未ちゃんも、活発な子で……よく二人で無茶をしてことりちゃんを困らせていました』

海未「さぁ早速行きましょう! 私達は冒険隊です!」

穂乃果「冒険隊! 昨日のアニメでやってたやつだ!」

ことり「かっこいい……!」

249 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 21:55:46 ID:BvP9cxWs
穂乃果『あの日私達は、こっそりと山の方へと向かったんです。山と勝手に呼んでいただけで、本当に山かは知りませんけど』

穂乃果『そこで、私は……』

穂乃果「さーて、お宝はどこかなー!」

海未「お宝があるんですね、ワクワクします!」

ことり「や、やっぱり危ないよ……帰ろうよ」

穂乃果「へへっ、平気だって! 怖がりだなぁ、ほらほらオレなんかこんな先に……!」

穂乃果『あっ、と思ったときには私の身体は宙に投げ出されていました。草に隠れて見えていなかっただけで、崖があったんです』

250 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 21:58:54 ID:BvP9cxWs
穂乃果『高さはそれほどでも無かったんだと思います、けど私は身体が痛くて自力で登れず泣きじゃくりました』

穂乃果「あ……うぁぁぁっ! いだいよぉぉっ!」

ことり「あ、あわわ……ど、どうしよう、どうしよう!」

海未「お、お母さんを呼んできます! 待っててください!」ダッ

穂乃果『……海未ちゃんは助けを呼びにいってくれたんです。けれどパニックになっていた私の目には、海未ちゃんが逃げたように見えたんです』

穂乃果「痛いよ……痛いよぉ……」

ことり「おのがぢゃ……うぁ……うぅぅ……」

251 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:02:53 ID:BvP9cxWs
穂乃果『私が助け出されたのは、三十分ほど経った後でした』

穂乃果『後で聞いた話ですが、腕の骨が折れていたそうです。そのくらいで済んで良かったと医者に言われたらしいです……』

穂乃果「うっ……うう……」

うみ母「穂乃果ちゃん!? な、何でこんな……あれほど危ないから行ってはいけないと言ったのに!」

海未「ごめんなさい……ひっく、助けてあげてぇ……」

ことり「うみちゃ……うぅ……」

穂乃果『病院へ行き、すぐに入院となったことは覚えています。そこから記憶が飛んで……次に覚えているのは、海未ちゃんとことりちゃんが御見舞に来てくれたとき』

252 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:06:11 ID:BvP9cxWs
海未「あ、あの……腕、大丈夫ですか」

ことり「痛そう……包帯でぐるぐるまきだぁ……」

穂乃果「……」

海未「大丈夫、ですよね……? 穂乃果はヒーローなんですもんね?」

穂乃果「……くも」

海未「……?」

穂乃果「よくも、にげたな」

海未「ほの、か……?」

穂乃果「わたしをおいて、にげたんだね。だいっきらいだ、うらぎりもの!」

穂乃果『それは……当時流行っていた特撮の台詞でした。主人公を裏切った悪役との決別のシーンで使われたものです』

穂乃果『海未ちゃんはすぐにそれを理解したようでした。何事か言っていましたが、最後には泣きながら去っていったのをよく覚えています』

253 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:09:35 ID:BvP9cxWs
穂乃果『そして二週間経ち、私は自宅療養とのことで退院しました。……帰って真っ先に向かったのは、いつも皆で集まっていた公園です』

穂乃果『あの時は気が動転していましたが、その時には海未ちゃんが自分のことを考えて助けを呼びに行ってくれたんだと気付いていたんです』

穂乃果『……だって、戻ってきた海未ちゃんの服はどろんこで、足だって傷だらけだったんですから』

穂乃果『けど……』

穂乃果「……今日も皆来ないなぁ」

穂乃果「早く謝らなきゃいけないのに……」

穂乃果『もう誰も、公園には来ませんでした』

254 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:12:51 ID:BvP9cxWs
穂乃果『親に聞いても、舌の回らない私では名字を上手く言えません。親も分からないと答えました』

穂乃果『……それでもずっと待っていたんですけど、海未ちゃんが公園に来るわけ無かったんです。海未ちゃんは引っ越していたんですから』

穂乃果『ことりちゃんとも会えず疎遠になり……そして』


絵里「この高校で再会した、というわけね」

穂乃果「はい……」

絵里「ところで、貴女はどうしたいの? 海未ちゃんって子とことりちゃんってこと子と、また仲良くしたいの?」

255 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:15:46 ID:BvP9cxWs
穂乃果「私は……」

穂乃果「私は謝りたいんです。海未ちゃんに、酷いことを言ってごめんねって」

穂乃果「けど、けど私は……謝って自分だけスッキリしたいだけなのかもしれないんです」

穂乃果「こっちは謝ってスッキリして、海未ちゃんは気分を害したまま……そんなこと許されるわけないんです!」

絵里「……ネクラ」

穂乃果「……」

絵里「やっぱり……私と同じ……うじうじ悩んで、行動も出来なくて……」

絵里「泥沼にハマっていって……」

256 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:20:21 ID:BvP9cxWs
絵里「……海未ちゃんが怒ってるのは、貴女に裏切られたと思ったから」

絵里「……貴女が怒ってたのも、海未ちゃんに裏切られたと思ったから」

絵里「根っこは同じなの……貴女はまだ、海未ちゃんに恨みを持ってるの?」

穂乃果「私は……持っていません。全部私が悪いんです」

絵里「……向こうも意地を張っているだけなのよ。だから、今すぐ謝った方がいいわ……うふふ」

穂乃果「け、けど! あんなに……人格が変わるほどに、私の言葉を……」

絵里「全てがじめじめになってからじゃ、遅いのよ。ね、一度謝ってきなさい」

絵里「それで無理だった時は、私も力を貸すわ。学園内の揉め事解決は生徒会の仕事だし……貴女にはこの賢い可愛い生徒会長がついている、勇気が出ない?」

257 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:22:54 ID:BvP9cxWs
穂乃果「……」

絵里「……」

穂乃果「ぷっ、あははっ。自分で言うんですね、それ」

絵里「そうよ、賢い可愛いは自認してるもの。……やっと、笑ってくれた」

穂乃果「あ……」

絵里「じめじめしてるのもいいけど、笑った方が良いわ。こんな天気の良い日にはね」

絵里「さっ、行ってらっしゃい!」

穂乃果「は、はい!」タタタ

絵里「ふふ……また迷える子を救っちゃった……やっぱり私は賢い可愛いエリーチカぁ……何だか死にたくない……うふふ」

258 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:24:12 ID:BvP9cxWs
教室

ガララッバンッ

クラスメート「」ビクッ

海未「……」

穂乃果「……」ツカツカ

海未「……何ですか? 提出物ならば」

穂乃果「海未ちゃん」

海未「……」

穂乃果「私ね、海未ちゃんに言いたいことがあるんだ」

259 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:26:35 ID:BvP9cxWs
穂乃果「ずっとずっと言えなかったこと、いっぱいあるんだ」

ことり「……穂乃果ちゃん」

海未「……私は」

穂乃果「私の言葉なんか聞きたくないかもしれない」

穂乃果「不快だったり、許したくないかもしれない」

穂乃果「けど、せめて。聞いてほしいんだ……私の言葉」

海未「穂乃果……」

穂乃果「私は、海未ちゃんに――」

260 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:26:54 ID:BvP9cxWs
.



 
.

261 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:30:31 ID:BvP9cxWs
ーーー



穂乃果「ふぅ……」

穂乃果(夏も近くなってきたからか、日が落ちるのが遅いなぁ。何で部活も終わったのに夕方にすらなってないんだろ)

穂乃果「まぁいいや、今日はさっさと帰ってマンガを……」

ワーワー

穂乃果「あ」

凛「げ」

花陽「げ、って凛ちゃん……」

真姫「そうよ、いくら相手が穂乃果だからって汚物を見たような声を出しちゃ可哀想じゃない」

穂乃果「真姫ちゃんの方が酷いよ!? うう、暑さと暴言で辛くなってきたよ……」

262 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:33:49 ID:BvP9cxWs
凛「穂乃果ちゃん、まだ部活中じゃないの? 昨日は夜までやってたのに」

穂乃果「いやー、それがにこちゃんがPV撮影の絵コンテ凝って作り直し決めちゃって。構図決まらなさそうだから先に帰ることにしたんだ」

花陽「へぇ……って、後ろ!」

穂乃果「へ?」

にこ「穂ぉぉ乃果ぁぁぁっ!」ガシッ

穂乃果「うわぁぁぁっ!? にこちゃん!?」

にこ「やっと決まったわよ、最高の構図が! 世界一のPVになるわよっ!」

にこ「って一年トリオじゃない。緊張しちゃうわね」スッ

穂乃果「唐突に消えないでよ……」

263 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:37:25 ID:BvP9cxWs
絵里「何だか随分賑やかそうね」

希「まぁ仲良いことはええことやん。にこっちは相変わらずみたいやけど」

にこ「……あんたら生徒会の仕事あるでしょ、何サボってんのよ」

希「もう終わったんやけどー? サボり扱いする悪い子はワシワシ……また消えよった!」

絵里「あはは、にこを捕まえるのは無理よ。……無理、うふふ、無理だと思うと何だか嫌になってきたわ……」

花陽「絵里ちゃん手首切ろうとしないで!?」

凛「手首切ろうとする生徒会長なんて本当に前代未聞にゃ……」

264 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:40:13 ID:BvP9cxWs
穂乃果「いやー、ははは……」

穂乃果(何だか不思議な気分だなぁ。別に皆、友達ってわけでもないのにこうして集まって帰宅して)

ことり「ちょ、ちょっと待ってよ穂乃果ちゃん! 帰るんだったら連絡してって言ったのに!」

穂乃果「うぉぇ!?」ドシャガラ

ことり「穂乃果ちゃん!?」

真姫「またやってるわ。よく飽きないわねぇ」

希「あれは生粋やろうから一生治らんよ」

凛「……あれ、そういえば海未ちゃんは」

265 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:42:34 ID:BvP9cxWs
海未「私もいますよ……はぁ。ことりが走っていくから何事かと思ったら、高坂さんですか」

穂乃果「あ……海未ちゃん」

海未「全く、連絡をしろと言われていたのならばきちんと連絡を取るべきです。何故貴女はそうやってすぐに忘れてしまうのですか? 大体普段からもっと……」

穂乃果「ご、ごめんって! 反省してるから許してよぉ!」

ことり「……えへへ」

海未「何を笑っているんです、ことり」

ことり「いや、何て言うのかな……また穂乃果ちゃんと海未ちゃんが仲良くしてるのが嬉しくて」

266 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:45:29 ID:BvP9cxWs
海未「誰が仲良くしてるんですか! 私は別に穂乃果と……あっ」

穂乃果「海未ちゃん、今無意識に穂乃果って……」

海未「こ、高坂さんと言おうとして噛んだだけです!」

凛「流石に無理があるにゃ」

にこ「無茶もいいところね」

絵里「私も同意よ」

海未「み、皆さんまで……!」

花陽「まぁまぁ、仲良きことは美しい、って言うじゃないですか♪」

希「せやせや、穂乃果ちゃんと海未ちゃんがラブラブでウチ妬いてまうわー」

海未「う、うう……!」

267 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:47:29 ID:BvP9cxWs
穂乃果「ねぇ海未ちゃん! もう一回穂乃果って言ってよー!」

海未「い、いまわの際に言ってやります」

真姫「一生言い争い続ける気?」

ことり「あははっ、それもいいかもね」



モブ女A「おっつー我ちゃん、何見てんの?」

モブ女B「おお、ギャルっち。我はあの集団を見ていたのだよー」

268 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:51:45 ID:BvP9cxWs
モブ女A「あー、高坂さんのあのグループ? 不思議よなー、あーし面子がどういう基準かさっぱりわかんね」

モブ女B「友達の集まりってわけでもないらしいからなー。我も不思議に思っておるよ」

モブ女A「……なんか、友達でもないのに集まるって教室みたいじゃね? クラスメートっつーか」

モブ女B「言い得て妙ぞー。つまりはあのグループは……」

穂乃果「皆と帰るとかリア充だよねこれ? リア充って言ってもいいよね?」

凛「友達じゃないから駄目にゃ」

穂乃果「そんなぁ……」

モブ女B「変人クラスってことだなー?」

モブ女A「あはは、言えてる言えてる。変な奴ばっかだもん」

269 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:53:22 ID:BvP9cxWs
穂乃果「うう……早くリア充になりたい……ぼっち卒業したいよ……」

モブ女A「まぁ一番の変人は高坂さんだけど」

モブ女B「それなー」



第十三話 完

270 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/12(金) 22:56:33 ID:BvP9cxWs
今日はここまで
回収出来てない伏線って絵里の「あれを止められる」と「浦女廃校で転校生来るかも」以外ありましたっけ

271 名無しさん@転載は禁止 :2018/01/12(金) 23:31:38 ID:igLPxDS.
おつ

しれっと真姫ちゃん出てきてるけど和解シーンあったっけ。それともこれからかな

272 名無しさん@転載は禁止 :2018/01/12(金) 23:50:38 ID:vRgLo6FQ
サブタイトルと話の内容的に最終回なのかと思ったけど、まだ続きそうなのでひと安心

273 名無しさん@転載は禁止 :2018/01/13(土) 00:26:23 ID:z/Z9TFZQ
2期期待

274 名無しさん@転載は禁止 :2018/01/13(土) 08:00:58 ID:1kdYWcwY
変人クラスってそういう意味だったのね、綺麗なタイトル回収
一区切りっぽいのでここまで乙でした
続きも楽しみ

275 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/13(土) 19:22:06 ID:LDVeH6Bo
>>271
作中の話が「春」を描いていて、最後に「夏が近い春」に時間が飛んでますので、書かれていない間に9人皆が仲良くなったんだよーって感じを出したかったんです
ただ穂乃果も真姫も謝らないのは確かに何だかあれなので和解回も入れときます

276 名無しさん@転載は禁止 :2018/01/14(日) 00:00:25 ID:CHB0y5R6
>>275
そういうことか
ちゃんと読めてなくて申し訳なかった

追加エピソード楽しみにしてるよ

277 名無しさん@転載は禁止 :2018/01/14(日) 08:35:53 ID:iHn.Jksc
消えるにこちゃん好き

278 名無しさん@転載は禁止 :2018/01/14(日) 11:53:26 ID:fH4adcOU
にこちゃんの設定が美味しすぎる

279 名無しさん@転載は禁止 :2018/01/16(火) 00:33:36 ID:.i2dIbOQ
にこちゃんの人気に嫉妬
そんな私もにこちゃんの消える設定好き

280 名無しさん@転載は禁止 :2018/01/16(火) 00:40:55 ID:LwADnc06
ネクラだけど頼りになる賢い先輩が好きです

281 名無しさん@転載は禁止 :2018/01/18(木) 07:06:59 ID:lp3HAAdc
期待

282 名無しさん@転載は禁止 :2018/01/21(日) 03:32:01 ID:oavPIF2.
まだかな

283 ◆UBJU4NwTVE :2018/01/21(日) 12:17:26 ID:qjl.LOm2
すいませんが今月中忙しくて更新難しいです、次の更新は2月入ってからになります

284 名無しさん@転載は禁止 :2018/01/21(日) 12:29:48 ID:Az7TlWY6
待ってるで!!


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)




掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa