したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

のんたぬ にお仕置きするスレPart.3

1 名無しで叶える物語 :2015/07/11(土) 08:10:21 ID:DIX8mXb60
ここはゴミクズ知恵遅れ我儘糞袋害獣のんたぬにお仕置きをするためのスレです

〈注意点〉
・アンチスレではありません。キャラdisはしないようにお願いします。

・このスレのノリを外に持ち出さないようにしてください。

・このスレに投稿された作品は転載しないようにしてください。また、転載を防ぐため、イラストを制作される方は転載禁止と一言入れて頂くと助かります。

・他のスレやTwitter、pixivなどからこのスレに作品を転載することはやめてください。
直接の転載でなくとも、このスレ外に投稿された作品の設定等を流用し、改変したうえで投稿することはしないようお願いします(場合によっては盗作になります)。

・荒らしは反応せずスルーしてください。荒らしに反応する人も荒らしです。

・自薦他薦問いません。
初心者ベテラン問いません。
どんな些細な内容でも構いません。
SS・イラストをどんどん投下していってください。
皆さんでスレを盛り上げていきましょう。


より良い雰囲気でスレ進行するためにも、以上のルールの尊守をお願いします。


※のんたぬwiki
http://lovelivenontanu.wiki.fc2.com/

※前スレ
のんたぬ にお仕置きするスレPart.2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/anime/10593/1432445411/

2 名無しで叶える物語 :2015/07/11(土) 19:08:20 ID:25RkUg/M0
のんたぬ可愛いからいじめたい派です

3 名無しで叶える物語 :2015/07/11(土) 19:40:57 ID:kvbdbG/w0
>>2
キモ

4 名無しで叶える物語 :2015/07/11(土) 19:44:56 ID:Vm.jDI6E0
>>3
キモ

5 名無しで叶える物語 :2015/07/11(土) 19:55:52 ID:pYXEe91k0
>>4
キモ

6 名無しで叶える物語 :2015/07/11(土) 19:56:59 ID:4cO8Pt3Y0
>>5
キモ

7 名無しで叶える物語 :2015/07/11(土) 19:58:07 ID:kvbdbG/w0
>>6
キモ

8 名無しで叶える物語 :2015/07/11(土) 20:13:57 ID:kvbdbG/w0
>>2
キモ

9 名無しで叶える物語 :2015/07/11(土) 22:25:00 ID:1mxYpzkg0

  ( ^)   だから♪
  (  ) ̄
(  | |  )
  _(^o^)  今♪
    ( )|
  (  | |  )

       ( ^o)  1秒ー♪
      ̄(  )
   (   //  )
             (o^ )  ごとに〜♪
            (  )ヽ
             | | 

..三  \ \  V  /   (o^ ) 三 世界ー♪
 三  \ \  V  / (  )ヽ 三
三   \ \  |  /  / /   三

三  ( ^o) \  V // / /  三  線をー♪
 三/( ) \  V / (o^/   三
三   ヽヽ  \ |  /(  /  三

..三/( )  \  V  /    (o^ ) 三 越ーえてー♪
 三  ヽヽ^o) \ V   /  (  )ヽ 三
三    \  )\ | (o^/  / /   三

10 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 17:09:53 ID:tdmBDwoE0
ノンタヌクエスト


オットー・ノキザーカ大陸では魔物の一種であるノンタヌが大量発生し
作物に被害をもたらしたり、街で繁殖して商品を盗んだり
糞尿を撒き散らして伝染病の原因となったりと
人々に迷惑を掛けていた
街や大きな村では定期的な駆除により被害を減らすことができたが
人の手が少ない小さな村や原野、森の中には
いまだに多くのノンタヌが跋扈していた

そこで冒険者向けの依頼としてノンタヌの駆除が大量に発注されるようになり
ノンタヌ駆除を中心に請け負う冒険者が多く登場した


俺「じゃあいこうかチカちゃん」

キツネーチカ「チカ!」


俺氏はアキバシティを拠点にノンタヌハンターをしている冒険者である
モンスターテイムによって仲間にした妖狐キツネーチカとともに
今日もノンタヌの駆除に向かう

11 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 17:12:32 ID:tdmBDwoE0
〜魔物の森〜

キツネーチカ「チー!」


キツネーチカが何かに気づいたようだ


??「ヤン!ヤン!」

俺「お、早速害獣のお出ましか!」


ノンタヌは何故かキツネーチカに擦り寄ってくる習性がある
そこで俺氏はノンタヌをおびき寄せて狩るためにキツネーチカをパートナーとしている

ノンタヌ「や〜ん!えぃちやん!しっぽさんモフモフさせてやん!」ポフポフ

キツネーチカ「……(気持ち悪いチカ)」プイッ

俺「ふられたな糞狸www」

ノンタヌ「や゛ん!そんなことないやん!おまえじゃまだからどっかいくやん!」


まるで強引なナンパをするチンピラのような物言いである

そう言っている間にさらに4匹のノンタヌが出てきた

身の程知らずにもだれがキツネーチカを手に入れるか口論をはじめている


俺「よし、大分集まったな。そろそろぶっ殺すか!」

キツネーチカ「チカ!」



まもののむれがあらわれた!

せんせいこうげき!

キツネーチカはきつねびをとなえた!

ノンタヌDに13のダメージ!

ノンタヌAはショックをうけている!
ノンタヌBはぎゃくぎれしている!
ノンタヌCはショックをうけている!
ノンタヌDはいたがっている!
ノンタヌEはこんらんしている!

12 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 17:14:21 ID:tdmBDwoE0
俺君はノンタヌたちをちょうはつした!

ノンタヌたちはおこっている!

ノンタヌAのこうげき!
ミス!俺君はダメージをうけない!

ノンタヌBのこうげき!
俺君はひらりと身をかわした!

ノンタヌCはすぴりちゅわるぱわ〜を注入した!
しかしなにもおこらなかった!

ノンタヌDはいたがって身をすくめている!

ノンタヌEはわちわちと手を動かした!

俺君のSPが1奪われた!

俺君はいらいらしている!
俺君のちからが上昇した!
俺君のクリティカル率が上昇した!

俺君のこうげき!

会心のいちげき!
ノンタヌEに53のダメージ!
(ノンタヌのHPは15程度)
ノンタヌEをたおした!

俺君はれいせいになった!

13 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 17:15:41 ID:tdmBDwoE0
ノンタヌAはにげだした!
しかしまわりこまれてしまった!
ノンタヌBはにげだした!
しかしまわりこまれてしまった!
ノンタヌCはきもちわるくこびた!

俺君はいらいらした!

俺君はてかげんしてなぐりつけた!
ノンタヌCは糞をもらした!
俺君はノンタヌCをたこなぐりにした!
ノンタヌCはなきわめいている!

ノンタヌAは身がすくんで動けない!
ノンタヌBは身がすくんで動けない!
ノンタヌDはか細い声で鳴いている!

キツネーチカはハラショーをとなえた!

俺君のやる気がました!

ノンタヌCはいまさらあやまった!

しかし俺君にはまったく効かなかった!

ノンタヌCを倒した!

ノンタヌAを倒した!
ノンタヌBを倒した!
ノンタヌDを倒した!

14 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 17:16:41 ID:tdmBDwoE0
まもののむれをやっつけた!
がいじゅうの毛皮を手に入れた!
プチタヌを5匹手に入れた!

なんとノンタヌがおきあがり
なかまになりたそうにこちらをみている!
なかまにしてあげますか?


→ぶっ殺す
ぶち殺す
虐待して殺す


ャ゛ァ゛ァ゛ァ゛ァ゛ン





15 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 17:18:56 ID:tdmBDwoE0
おまけ
各キャラステータス

俺君
職業:ノンタヌハンター
レベル20
HP: 90
SP: 15
ちから:50
かしこさ : 45
すばやさ: 60
装備 : 皮のグローブ
武器 : なし
とくぎ : てかげん、たこなぐり、なぶりごろし

キツネーチカ
レベル10
HP : 20
SP : 30
ちから : 20
かしこさ : 40
すばやさ:70
とくぎ : きつねび、ハラショー


ノンタヌ
レベル5(MAX)
HP:15
SP: 0
ちから : 2
こざかしさ : 5
すばやさ : 15
とくぎ :
えばる、せびる、わちわち、すぴりちゅわるぱわ〜、こびる、
いいわけ、いかく、かみつく、いいつける、
えぃち召喚(成功率ゼロ)、にげる(成功率ゼロ)、
もらす、わめく、形だけ今更あやまる、いのちごい、異常生命力

16 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 17:55:41 ID:qRsjSYQo0

ノンタヌクエストは草生えた
TVゲームで売りだしてほしい、大ヒット間違いなしだな

17 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 18:02:02 ID:4ICV7JQI0
設定は面白かった

18 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 18:14:15 ID:BJY6Wyi60
>>17
こんなゲームがあったらいいなと思いついて
やっつけでSSにしたから納得の評価

19 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 19:56:02 ID:.TsARMB.0
乙。
形だけ今更あやまるw

20 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 21:09:46 ID:Te6/90k60
いっぱい仲間のノンタヌよんで俺君の経験値になりそう。でもノンタヌぐらいじゃロクな経験値にもならないかw

21 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 21:42:17 ID:Mu2coKCA0
マドハンドより効率悪いか

27 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 22:09:23 ID:4ICV7JQI0
今度こっちに来たwwww

28 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 22:09:49 ID:tdmBDwoE0
>>20>>21
経験値はいたずらもぐらくらい

29 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 22:10:02 ID:UmG3PVaY0
たこカスwwwwww

136 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 23:29:33 ID:6.3/4qIA0
こんなんで潰せると思ってるたこカス無能やーんwwwwww
荒し方のレベル低すぎてワロタやーんwwwwww

152 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 23:35:07 ID:hnC03RRU0
間違い探しかな?

154 名無しで叶える物語 :2015/07/12(日) 23:41:38 ID:b2gSyswI0
おい休憩してんじゃねえよ!!たこカスぅ!!!やる気あんのか!!??

168 名無しで叶える物語 :2015/07/13(月) 00:04:32 ID:m08LJpL20
サボってんじゃねえよ!!ゴミ!!

169 名無しで叶える物語 :2015/07/13(月) 00:31:12 ID:N3cqDBUI0
煽る奴はなにゆえ煽るのか
効いてないアピールだとしたら薄ら寒いぞ
荒らし相手にゃスルーが一番

170 名無しで叶える物話 :2015/07/13(月) 00:43:11 ID:ncpdNtPI0
>>169
何故なら彼はラブライブ板に居る
虐待「厨」のiPhoneだからだよ
純粋にのんたぬを虐待したいんじゃなくて
愛護や対立煽りと戯れたいだけの
構ってちゃんなんだよ

171 名無しで叶える物語 :2015/07/13(月) 00:57:49 ID:lDKkdRH.0
798 名前:名無しで叶える物語(たこやき)@転載は禁止 [sage] :2015/07/13(月) 00:47:57.05 ID:Qx4J9G+l
したらばってスレ容量512じゃないんだな今更知ったわ
埋め立ては無理か1000まで埋めるほど暇じゃないし

172 名無しで叶える物語 :2015/07/13(月) 01:31:19 ID:zfUKA9Pk0
>>170
おれだって純粋に楽しみたいけどこいつずっと荒らし続けるみたいだし早めに潰したいじゃん

173 名無しで叶える物話 :2015/07/13(月) 01:41:56 ID:khdzULm60
>>172
これは対立煽りですねぇ…

174 名無しで叶える物語 :2015/07/13(月) 01:42:29 ID:/iia2baY0
>>173
お?たこやきか?

175 名無しで叶える物語 :2015/07/13(月) 20:49:54 ID:V8GCwzg60
ss書いてみました!
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1436787872/

こんなゴミssで絶賛する愛護は頭おかしい

176 名無しで叶える物語 :2015/07/13(月) 20:51:48 ID:Lg7oXil60
どう見てもちょけてレスしてる

177 名無しで叶える物話 :2015/07/13(月) 23:56:36 ID:tkccjdx20
言うてもクオリティとしては
一部除いてここもあんまり変わらないでしょ

178 名無しで叶える物語 :2015/07/14(火) 00:04:43 ID:rv1zKPUc0
と書いたこともないやつが申しておりますww

179 名無しで叶える物語 :2015/07/14(火) 07:48:35 ID:b7am/D6I0
拾い主も戻ってきたようだし一安心だな

180 名無しさん :2015/07/14(火) 08:47:29 ID:4BUuxb..O
見つけたぞのんたぬスレ
この化物狸が
くたばりやがれ気持ち悪い

181 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 16:28:27 ID:lSls3b5o0
糞害獣のんたぬ虐待スレの過去ログとかアーカイブって見れないもんかな
閉鎖すると思ってなかったからSS保存してなかった
のんたぬレストランとのんたぬジャンケンのやつサルベージしたいんだが

182 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 17:43:37 ID:GHMcmS/60
閉鎖されてるから無理じゃね?

183 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 17:45:19 ID:5QOYMyW60
のんたぬレストランって見たことねーな、どんなの?

184 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 19:00:31 ID:XlG6SNcc0
2匹ののんたぬが山へ狩りに行くが、狩りは失敗するわちびたぬとはぐれるわ挙句の果てには道に迷ってしまいます。
それでも最初の内はちびたぬはまた産めばいい、何とか山を降りられるだろうと2匹は高を括っていました。
散々迷った挙句、自分たちが遭難したのだとはっきりと分かり、慌てふためき何とか降りようとしているうちに一軒の西洋料理店の灯りを見つけます。
2匹は助かった思いでその料理店に駆け込みますが、衣服を脱げだの身体にクリームを塗れだのと料理店から次々と注文を受けます。
自分たちなりの理屈で指示に従い続けた2匹でしたが、最後の注文として料理店は2匹に塩を塗り込んで下さいと指示を出します。
さすがにおかしいと気付いた2匹でしたが、時すでに遅く料理店のテーブルには2匹を待ち受ける俺くんがいたのです。
2匹は震え上がりその場にへたり込んでしまいますが、2匹が食べられてしまいそうになったその時、狩りに連れて行ったちびたぬ達が料理店に駆けてきます。
ちびたぬは俺くんと勇敢に戦います。
ちびたぬと俺くんの闘いで2匹は我に返りなんとか料理店から逃げ出すと、必死に山道を駆けているうちに町の灯りが見えてきました。
何とか町まで辿り着き命は助かった2匹でしたが、その顔は料理店で塗ったクリームのせいか、くしゃくしゃになってしまいました。(完)

185 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 19:15:55 ID:8ZAUdKRI0
>>184
ありがとう
でもこれじゃなくて
害獣をなんとか利用できないかと考えたシェフがのんたぬ料理の店を開業して
アナウンサーがのんたぬ料理をレポート
アナウンサーがちびたぬを丸呑みして腹の中から鳴き声が聞こえる
こんな話

186 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 20:30:38 ID:vmpYZwsM0
>>184
糞害獣親子が痛めつけられてないし死んでない
これは大きすぎるマイナスポイントですねぇ…

187 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 21:57:53 ID:nwKlbnzA0
【悲報】虐待民、太宰を知らない

188 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 22:01:07 ID:XlG6SNcc0
>>187
(宮沢賢治ですよ)

189 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 22:01:34 ID:5QOYMyW60
太宰?

190 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 22:04:27 ID:r0zT/y8M0
愛護だっせええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ

191 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 22:05:23 ID:AnGagTJw0
ワロタ

192 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 22:07:05 ID:nwKlbnzA0
急に湧いてきたな
どっちが愛護なんですかねぇ^^

193 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 22:07:57 ID:9qBfOagc0
これはダサい

194 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 22:08:50 ID:yMzuGhZE0
>>193
太宰だけに?

195 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:10:39 ID:84Hzo4TA0
>>194
面白くないよキミ

196 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 22:10:50 ID:vYMgo/9I0
これは恥ずかしすぎるwww

197 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:11:32 ID:Roe5gsz60
ラブライブ板にスレ立てる馬鹿が
間違いなく出てくるなコレは

198 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 22:41:00 ID:XlG6SNcc0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働くところを失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住むところもない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわり

199 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:43:36 ID:u1vqb7nU0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働くところを失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住むところもない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわり

200 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:44:27 ID:u1vqb7nU0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働くところを失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住むところもない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわり

201 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:45:02 ID:u1vqb7nU0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働くところを失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住むところもない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわり

202 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 22:45:31 ID:leeY27uM0
俺くんアホだ

203 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:45:34 ID:u1vqb7nU0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働くところを失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住むところもない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわり

204 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:46:15 ID:u1vqb7nU0
糞袋なんざ弔わなくたって
何も悪いことねぇよwwwwwwwwwwwwwww

205 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 22:46:27 ID:9vVjQky60
もしかして>>192か?
恥ずかしくて荒らしてるのかな?^^;

206 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:46:49 ID:u1vqb7nU0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働くところを失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住むところもない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわり

207 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 22:47:11 ID:AnGagTJw0
おもしれー

208 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:47:23 ID:u1vqb7nU0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働くところを失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住むところもない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわり

209 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:47:57 ID:u1vqb7nU0
はいはいおもしれーおもしれー

210 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:48:31 ID:u1vqb7nU0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働くところを失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住むところもない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわり

211 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 22:48:57 ID:leeY27uM0
ちなみに平安時代に「ところ」という単語はない
明治〜昭和最初期に出来たと言われてる
学校で習わなかった?画数多い漢字を羅列してもバカは隠せないよな

212 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:49:04 ID:u1vqb7nU0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働くところを失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住むところもない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわり

213 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:50:17 ID:u1vqb7nU0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働く と こ ろ を失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住む と こ ろ もない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわり

214 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 22:50:48 ID:AnGagTJw0
のんたぬ虐待は昔から歴史ある日本文化なんだなww

215 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:50:55 ID:u1vqb7nU0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働く と こ ろ を失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住む と こ ろ もない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわ

216 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:51:36 ID:u1vqb7nU0
>>214
アホ

217 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:52:10 ID:u1vqb7nU0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働くところを失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住むところもない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわり

218 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:52:43 ID:u1vqb7nU0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働くところを失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住むところもない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわり

219 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:53:49 ID:u1vqb7nU0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働くところを失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住むところもない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわり

http://i1.wp.com/grotty-monday.com/wp-content/uploads/zansatuzan14

220 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:54:36 ID:u1vqb7nU0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働くところを失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住むところもない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわり

http://i1.wp.com/grotty-monday.com/wp-content/uploads/zansatuzan14.jpg

221 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:55:23 ID:u1vqb7nU0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働くところを失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住むところもない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわり

222 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:56:50 ID:u1vqb7nU0
茹でられるのんたぬ
https://pbs.twimg.com/media/BTO6dpiCUAA8b4D.jpg

223 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 22:57:23 ID:u1vqb7nU0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働くところを失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住むところもない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわり

224 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 22:58:46 ID:XlG6SNcc0
1つ目
宮沢賢治『注文の多い料理店』
2つ目
芥川龍之介『羅生門』
よりのんたぬ虐待改変でした

>>211
ほーんそうなのか
これは知らんかった次から気をつける

231 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 23:02:29 ID:nwKlbnzA0
>>211
http://kobun.weblio.jp/content/%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D

こマ?
更科日記にところって単語あるのにマジ?

233 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 23:02:57 ID:AnGagTJw0
>>224
面白かった
個人的には、割と文章力あると思うぜ

235 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 23:04:04 ID:XlG6SNcc0
>>233
面白かったと言ってもらえて嬉しい限りなんですが
実はこれYahoo!知恵袋あたりからあらすじ引っ張ってきてチョロチョロって改変しただけなんですよね(笑)

238 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 23:05:33 ID:AnGagTJw0
>>235
まじかよw

249 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 23:12:00 ID:cD3.EMi.0
このスレッドは過去ログです。
2ちゃんねるプレミアム会員に登録すると続きを読めます。

───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/

───────────────────
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。

250 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 23:13:13 ID:cD3.EMi.0
>>198

「プワーオ……」
午後3時、とある公園の片隅にある巣の中で、1羽のピヨチュンがお昼寝から目を覚ましました。
季節は初夏。気象庁の梅雨明け宣言から約1週間が経過し、陽射しも気温も上り坂。今日も元気に太陽が大地を照り付け、気温は35度近くまで上昇していました。
ピヨチュンは巣の中を見回し、親鳥が目覚めていないことを確認します。このピヨチュン、寝苦しさのあまり起床したわけではなく、どうやら目的があって早起きしたようです。
親鳥の優しい寝顔と微かな寝息を確認してから、起こさないよう静かに巣を出発しました。

ピヨチュンが向かう先は、公園の隅に開設された砂場です。
この公園に住むチュンチュン達はここでよく砂浴びをしているのですが、先の冬に生まれたばかりのこのピヨチュンにはまだ早いとの判断から、親鳥が止めているのでした。
「ピヨチュンハマダウブゲダカヤ,スナバハアブヤイチュン ママチュンガケヅクヨイスユカラ,ガマンスユチュン」
親鳥はこう言ってピヨチュンを優しく撫でてくれますが、歓声を上げながら砂に絡まり全身をくねらせる他のチュンチュン達を見ていると、どうしても憧れが募ります。

10分ほど歩いたところで、砂場にたどり着きました。
単独での外出が初めてのピヨチュンにとって、独力で目的地にたどり着けたこと自体が大きな喜びでした。

251 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 23:13:54 ID:cD3.EMi.0
>>198

ピヨチュンは助走をつけ、他のチュンチュン達がやるように、声を上げて砂場に飛び込みました。
「ピュワァァオ!!!」
ふかふかの砂場に頭から飛び込むピヨチュン。初めて経験する微粒子の柔らかさ、親鳥の羽毛とは全然違うけれども、同じく安心感を覚える柔らかさに驚き……
「ピィィ!」
カンカン照りに炙られた砂が目に入り、反射的に顔を持ち上げ立ち上がります。
「ピヨッ!!ピヨ--ッ!!!」
顔面より硬く鈍感なはずの足裏ですら耐えがたい熱さを感じ、本能的に危機を察したようです。
それもそのはず、炎天によりじっくり熱された砂は70度を超えていました。
先の冬に誕生し、今回が初めて経験する夏であるこのピヨチュンが知らなくて当然なのですが、夏の砂場は成鳥にとっても過酷な環境で、砂浴びは春秋しか行わないのでした。

252 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 23:14:31 ID:cD3.EMi.0
>>198

親鳥ですら耐えかねる熱砂です。柔弱な羽毛、薄い皮膚のピヨチュンが砂に触れていたら、確実に酷い火傷を負ってしまうでしょう。
「ピィッ…ピィッ…」
足裏に突き刺さるような熱さに喘ぎながら、ピヨチュンは必死に両脚を動かし、砂場を囲う木枠を目指します。
傾きかけの太陽がピヨチュンの進行方向に居座り、ピヨチュンの全身を正面から激しく照り付けます。
強烈な陽射しと気温にも煽り立てられ、全身から汗を吹き出しながら、懸命に両足を前へ、前へ、踏み出します。
しかし……脚をいくら動かしても、木枠へは近づけません。それどころか、徐々に視界に砂が押し寄せてきます。
「ピィ…ピィ…」
ピヨチュンの短い脚、貧弱な脚力では、連日の猛暑日で乾ききったサラサラの砂道をかき分けることができず、前に進めないのです。
しかも脚を動かせば動かすほど砂がほぐれ、一歩がより深く熱砂の中に沈み込んでいくようになっていきます。
間もなく脚全部が砂に沈むようになり、下腹部が熱砂に擦れるようになりました。
「ピィィィーーッ!!」
まんチュンや排出口といったデリケートな部分が直に熱されるたびに飛び上がりそうになりますが、柔らかい砂地に足を絡め取られ、跳躍は叶いません。
努力の甲斐無く、ほどなくして尾から下が砂に埋まってしまいました。
「ビヨーッ!!マービヨ--!マービヨ--!」
熱さそのものだけでなく、いくら抵抗しても熱さから逃れられないという事実に直面し、ついにパニックに陥りました。
脚だけでなく両翼をもばたつかせ、砂からの脱出を試みますが、そのせいでますます身体が砂中へと沈み込んでいきます。
さらに砂が舞い上がり、目にも口にも奥深くまで砂が入り込み、ピヨチュンは涙を流しながら咳き込みます。
「ビヨッ,ビヨッ……マービヨ--!マービヨ--!」
ざらつく喉を懸命に震わせ親鳥を呼びますが、巣から離れているうえお昼寝の真っ最中ですから、親鳥の耳に届くことはありません。
「マ、マービヨーー!!マービヨ--!!!」
それでもピヨチュンは天を仰ぎ、叫び続けました。

253 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 23:15:30 ID:cD3.EMi.0
>>198

「マ、ビヨ……マー、ビヨ……」
懸命に鳴き続けるピヨチュンですが、初めて経験する夏の暑さに体力を奪わていくだけでなく。砂と陽射しにより全身あちこちを火傷しつつあり、その鳴き声は徐々に弱くかすんでいきました。
そんなとき、灰色の大きな雲が流れてきました。灰色でふかふかで、まるで親鳥のような、立派な入道雲です。
あっという間に全天が雲に覆われ、ピヨチュンを焼いていた日差しが遮られます。
風に流された雲が太陽を隠す、単なる自然現象の一コマにすぎないことですが、生死の境目にいるピヨチュンにとっては、親鳥が自分を助けてくれたかのような錯覚を覚えました。再び叫び声に力が漲ります。
「マー……マーピヨ!!!マーピヨ!!!マーピヨ-----!!!」

「プワプワーオ…!?ピヨチュン!?ピヨチュンガイナイチュン!!」
ピヨチュンの叫びが届いたのか、チュンチュンが目を覚ましました。
「ピヨチューン!?ピヨチューン!?ドコニカクエテユチューン??オヤツノジカンチューン!デテクユチューン!?」
このチュンチュンにとって、ピヨチュンは初めて自分が産んだ卵から孵った、初めての雛でした。
巣の中をかきわけピヨチュンを探しますが、一向に見つかりません。
さらに焦り、巣の外に出ます。分厚い雲に覆われて薄暗くなっている中に、うっすらとピヨチュンの足跡を見つけました。
「ピヨチュンノアシアトチュン!!ピヨチュンハヒトリデオサンポシテユチュン……?」
チュンチュンが足跡を追いかけようと一歩踏み出した瞬間、突如空が金色に煌めき、雷鳴が轟きました。
「ピィィ!!カミナイチュン!!コワイチュン……デモピヨチュンハモットコワガッテユハズチュン……」
雷に続き、雨が降り始めました。間もなく視界を遮るほどの強雨となり、チュンチュンを濡らします。
「ピヨチューン!?ドコニイユチューーン!!??オヘンジスユチューーン!!」
せっかく手がかりになりそうだった足跡は、すっかり流れ消えてしまいました。
それでもチュンチュンはめげることなく、全身に雨を打たれながら、ぬかるんだ公園を歩き回り、ピヨチュンを探します。
羽毛が雨水を吸うせいで体が重く、泥だらけ水たまりだらけの悪路に何度も足を取られ転びますが、愛するピヨチュンのため、立ち上がります。
「ピヨチュンガマッテユチュン……ハヤク、ハヤクピヨチュンヲミツケユチュン……」

254 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 23:16:10 ID:cD3.EMi.0
>>198

夏の入道雲は夕立をもたらすものですが、ピヨチュンはそんなこと知るはずもなく、ついさっき自分を炎熱地獄から救ってくれた優しい雲の急変に、ただただ戸惑います。
「ビヨォ」!!ビヨォォーーー!!」
大粒の驟雨がピヨチュンに打ち付けられ、砂場に濁流を作ります。
ピヨチュンがいるあたりは、ピヨチュンが暴れたせいで周囲よりくぼんでいたため、砂交じりの濁流がピヨチュンに否応なく押し寄せてきます。
「ゴブッ マッ、マービヨ!!マービガボオッ」
ピヨチュンは溺れないよう必死に上を向きますが、そのせいで大粒の驟雨を顔面に打ち付けられ、雲間に煌めく雷光が嫌でも目に入ります。
強烈な光と轟音、突風により大揺れする木々のざわめき。そして自分の呼気を危うくする水流とに同時に襲われ、ピヨチュンの頭は恐怖一色に染まりました。
「マ゙ーービヨ゙ォ゙ォ゙ーー!!マ゙ーービヨ゙ォ゙ォ゙ーー!!」
目を固く閉じ、両翼で耳を抑えながら、必死に親鳥を呼びますが、雨音と風音にすべてかき消されてしまいました。
「マ゙ーーーー!!マ゙ーーゴプゥッッ」
やがて濁水を大量に呑み込み、意識を失いました。

にわか雨が止んでからしばらくして、チュンチュンが砂場までたどり着きました。
「アノプワプワ……ピヨチュン!?」
ピヨチュンは首から下が完全に砂に埋まり、しかも水を吸ったせいで砂が固まったせいで、一切身動きがとれなくなっていました。
「ピヨチュン!!ピヨチュン!!シッカリスユチュン!!メヲアケユチュン!」
「ハー、ハー……」
チュンチュンに両頬を撫でられ、ピヨチュンはうっすらと目を開きます。
「ピヨチュンッ…ピヨチュンッ…」
砂を掻き分け、ピヨチュンを掘り起こしていきます。
「ハ、ハー…」
「ピ…ヨ…チュン……?」
ピヨチュンを抱きかかえて、チュンチュンはようやく、ピヨチュンの現状を理解しました。
砂に埋まっていた部分を一面に火傷して水ぶくれて、白い羽毛は血と膿で汚れ、ところどころ皮膚ごと剥がれ落ちていました。
強烈な日差しと雷光を直視し続けたせいで目を痛め、真っ黒な瞳はチュンチュンのほうを見つめてはいますが、焦点が合っていません。
濁水におぼれたせいで脳に酸素が回っておらず、意識はほとんどありません。
絶叫を繰り返したせいで喉だけでなく呼吸器系全般が壊れ、半開きになった口からは、かすかに呼吸するだけでも不気味な音を奏でていました。

255 名無しで叶える物話 :2015/07/15(水) 23:16:44 ID:cD3.EMi.0
>>198

それでも。
ピヨチュンは生きていました。
「ピヨチュン!!ピヨチュン!!チュンチュンノタイセツナタカヤモノ!!」
「ハーヒホ……ハーヒー……」
混濁した意識の中であっても、親鳥の呼びかけに応じるピヨチュン。
チュンチュンの両目から零れ落ちる大粒の涙が血と砂を洗い流し、さらに強く抱きしめます。
「モウゼッタイニハナサヤイチュン……ズットママチュンガイッショチュンッ!!!」

チュンチュンはピヨチュンを抱えたまま駆け出しますが、雨の勢いはいまだ激しく、巣に帰る前に木の下で雨宿りすることにしました。
この公園で一番大きな、葉の茂った木です。
「プワー……ツカエタチュン……チュンチュンハウスニカエッタヤ、スグニケヅクヨイスユチュン……モウスコシノシンボウチュン……」
地上に盛り上がった立派な木の根に腰を下ろし、緊張が弛んだ瞬間。
鉛色の曇天を引き裂くような特大の雷光が走り、空気だけでなく大地をも揺るがすほどの轟音が鳴り響きました。
そして、雷鳴に比すれば微かな物音にすぎませんでしたが、2羽の絶叫が響きました。
「ヂュビヤァァァッッ!!!!!!」
「イ゙イ゙イ゙イ゙イ゙イ゙!!!!」
チュンチュン達が身体を休めていたこの木に、雷が落ちたのです。
高い所・高い物・高く突き出た物に落ちやすいという雷の特性を知るはずもなく、また自分たちが雷に打たれたと気づく間もなく、
チュンチュン達は消し炭になってしまいました。
強烈な光熱によりこんがりと焼きあげられたため、チュンチュンとピヨチュンは固く一体となり炭化していました。

暑さ、にわか雨、そして落雷……チュンチュン達にとって、夏は試練の季節です。
そして、夏はまだ始まったばかり。
これから何羽のチュンチュンが、ヒナチュンが、ピヨチュンが、生のドラマを見せてくれるのでしょうか?


暑くて苛々するのでピヨチュンで憂さを晴らしたくなりました

264 ◆8FkXl6M1Oc :2015/07/15(水) 23:35:07 ID:u1vqb7nU0
>>263
了解


釣り人「釣りは楽しいなぁ」

釣り人「あれ、餌がもうないな…」

のんたぬ「ちぃしゃあ、ぷちしゃあ、おみずにぽっちゃんしたらあぶないからきをつけてあるくんやで!」

ちぃたぬ「やーん!」ヨチヨチ

ぷちたぬ「やーん!」ヨチヨチ

釣り人「お、これはちょうどいい」ヒョイ

ぷちたぬ「やーん!」

のんたぬ「あー!なにするやん!ちびしゃあかえしてやん!」

釣り人「どこに針通せばいいかな…とりあえず尻尾だな」ブスリ♂

ぷちたぬ「や゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙ん゙!」

のんたぬ「やめてやーん!ちびしゃあいたがってるやーん!」

釣り人「それ」ヒョイ

ぷちたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん!!」ポチャン

のんたぬ「いややー!ぷちしゃあおよげないんや!はよ、はようあげてやーん!」

ぷちたぬ「ゴボゴボ」

魚「お、餌ゥー!」ガブ

ぷちたぬ「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!」

釣り人「お!引いたぞ!」グイ

ぷちたぬ「や゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙ん゙!」ギュウウウ

魚「うわ、釣り針やんけ!」ブンブン

ぷちたぬ「うぉげゃあ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!」ブチ

のんたぬ「ぷちしゃあ!ぷちしゃあ!…あああああ!しっぽさんしかのこってないやん!ぷちしゃあどこいったやーん!」

釣り人「喰われたか。もう一回」ヒョイ

ちぃたぬ「やーん!」

のんたぬ「やめてやめてやーん!やめろやあああああん!」

釣り人「今度は耳に通してみるか」ブスリ

ちぃたぬ「や゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!ま゙ま゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!」

のんたぬ「いややいやや!ちぃしゃあやめてやーん!はなせやあああああん!」

釣り人「それ」ヒョイ

ちぃたぬ「やあああああん!」ポチャン

265 ◆8FkXl6M1Oc :2015/07/15(水) 23:38:06 ID:u1vqb7nU0
のんたぬ「あげてやーん!ぽっちゃんしないでやーん!はやくたしゅけてやーん!あげろやーん!」

ちぃたぬ「ゴボゴボ」

サメ「お!血の匂いゥー!」

釣り人「サメだ!」

のんたぬ「やー!ちぃしゃあサメさんにたべられちゃうやーん!はやくはやくあげてやーん!はようあげんかあああああ!」

ちぃたぬ「ままー!ま゙ま゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!」

のんたぬ「やめろやーん!ちぃしゃあたすけろやーん!はよせえいうとるやろがあ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!」

サメ「いただくで」ガブリ

ちぃたぬ「い゙や゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!」

親「ちぃしゃあー!まっててやん!いまたすけにいくやん!」サブン

サメ「うまくねえ!」ガブガブ

ちぃたぬ「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!ま゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙ま゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!」

のんたぬ「やーん!の、のんちゃーおよげないやーん!ちぃしゃあ!サメさんやめてやあああああん!」

ちぃたぬ「やあああああん!ま…ま…」

サメ「ごちそうさまでした」スイー

のんたぬ「やああ…のんちゃーおぼれちゃうやん…」

釣り人「あれ、サメがいなくなったな。また餌だけ食われたか?簡単に千切れて使えねー餌だったな…」グイ

のんたぬ「やあ…ん…」ゼエゼエ

釣り人「なんだお前、飛び込んどきながら子ども見捨てて自分だけ針にしがみついてノコノコ帰ってきたのかよ」

のんたぬ「お…おまえのせいやん…ちぃしゃあとぷちしゃあかえせやん!かえせやあああああん!がえ゙ぜえ゙え゙え゙え゙え゙!!!!!」

釣り人「お前キャッチアンドリリースって言葉知ってるか?」

のんたぬ「んなもんどうでもええんや!ちぃしゃあとぷちしゃあのしかえちやー!」ポカポカ

釣り人「そうか。要するに釣った獲物を海に戻すことだよ。こんな風にな!」ドガッ

のんたぬ「うぎゃい!」ザバーン

釣り人「じゃあな!」

のんたぬ「な、なにすんや…のんちゃー、およげガボガボ、やめ、お、おまえ、じぇったいゆるさないやん…まてや゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙ん゙!」

サメ「お、また来たか」ガブ

のんたぬ「や゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!いたいいちゃいいたいあ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!や゙め゙でや゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙ん゙!た゛す゛げでや゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!!!!」

おしまい

266 ◆8FkXl6M1Oc :2015/07/15(水) 23:39:22 ID:u1vqb7nU0
>>264

面白かった

269 名無しで叶える物語 :2015/07/15(水) 23:43:46 ID:u1vqb7nU0
虐待はやってはいけないからこそ面白いんじゃないか。残酷であればあるほど、やってはいけない度合いが高くなるほど、そのカタルシスも大きい。そのために、のんたぬが可愛いほど禁止を破る快感が増すし、憎くいほどその禁止を越えやすい。この可愛いというのは、自分が可愛いと思うからでもいいし、そうは思わなくても愛護派が可愛いと言うからだけでもいい。

まあ、ヒャッハーしたいっていうのも良いと思う。虐待ってそういうもんだし。

270 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:14:22 ID:m/Tc2ycY0
たった一時間か
たこカスはホントに潰す気あるのか?

271 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:31:51 ID:5NhFtoSI0
煽るようなこという害フォンくんも帰ってね

272 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:32:06 ID:Aki2HtaI0
書き溜めあり
回想中心で進行、回想についての語りはこの後登場する男Aの視点です。


あれは何年前の話だっただろうか。細かい数字は覚えてないけど、とりあえず俺が大学生の頃だったのは覚えている。

夏休みの間に帰省し、地元で少年期を共に過ごした友人4人でBBQに出掛けた時の出来事だった

@某自然公園
俺たちはBBQをしていたのだが食材を切らしかけていた。食材は全員で持ち寄ったのだが計画性を欠き、そのとばっちりを4人のうち2人が受けることになり、近くの町まで車を走らせることになった。

俺(男A)は残留組だった。
ここは比較的涼しく暑い車に押し込まれるのはノーサンキューだったのでラッキーだと思っていた。


この時点では、だが。

残留組の俺と友人(男B)はとりあえず手元にある食材を焼いていた。

俺は高校をでてから地元の近くの大学で経済学を、男Bは地方に出て生物学を専攻していた。互いに違う分野の勉強をしているので大学の出来事について盛り上がるとこはなかったが、昔の馬鹿な話を振り返って談笑していた。非常に穏やかな瞬間だった。

焼いていた肉が焼けて来た頃、突如として俺たちの穏やかな瞬間は打ち砕かれた。「あの」生き物によって。

273 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:32:45 ID:VispncrY0
>>271
たこカス負け惜しみwww
さっさと埋めろよオラさぼるなwww

274 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:33:13 ID:RSyzKId.0
書き溜めあり
回想中心で進行、回想についての語りはこの後登場する男Aの視点です。


あれは何年前の話だっただろうか。細かい数字は覚えてないけど、とりあえず俺が大学生の頃だったのは覚えている。

夏休みの間に帰省し、地元で少年期を共に過ごした友人4人でBBQに出掛けた時の出来事だった

@某自然公園
俺たちはBBQをしていたのだが食材を切らしかけていた。食材は全員で持ち寄ったのだが計画性を欠き、そのとばっちりを4人のうち2人が受けることになり、近くの町まで車を走らせることになった。

俺(男A)は残留組だった。
ここは比較的涼しく暑い車に押し込まれるのはノーサンキューだったのでラッキーだと思っていた。


この時点では、だが。

残留組の俺と友人(男B)はとりあえず手元にある食材を焼いていた。

俺は高校をでてから地元の近くの大学で経済学を、男Bは地方に出て生物学を専攻していた。互いに違う分野の勉強をしているので大学の出来事について盛り上がるとこはなかったが、昔の馬鹿な話を振り返って談笑していた。非常に穏やかな瞬間だった。

焼いていた肉が焼けて来た頃、突如として俺たちの穏やかな瞬間は打ち砕かれた。「あの」生き物によって。

275 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:33:46 ID:RSyzKId.0
書き溜めあり
回想中心で進行、回想についての語りはこの後登場する男Aの視点です。


あれは何年前の話だっただろうか。細かい数字は覚えてないけど、とりあえず俺が大学生の頃だったのは覚えている。

夏休みの間に帰省し、地元で少年期を共に過ごした友人4人でBBQに出掛けた時の出来事だった

@某自然公園
俺たちはBBQをしていたのだが食材を切らしかけていた。食材は全員で持ち寄ったのだが計画性を欠き、そのとばっちりを4人のうち2人が受けることになり、近くの町まで車を走らせることになった。

俺(男A)は残留組だった。
ここは比較的涼しく暑い車に押し込まれるのはノーサンキューだったのでラッキーだと思っていた。


この時点では、だが。

残留組の俺と友人(男B)はとりあえず手元にある食材を焼いていた。

俺は高校をでてから地元の近くの大学で経済学を、男Bは地方に出て生物学を専攻していた。互いに違う分野の勉強をしているので大学の出来事について盛り上がるとこはなかったが、昔の馬鹿な話を振り返って談笑していた。非常に穏やかな瞬間だった。

焼いていた肉が焼けて来た頃、突如として俺たちの穏やかな瞬間は打ち砕かれた。「あの」生き物によって。

276 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:34:19 ID:RSyzKId.0
書き溜めあり
回想中心で進行、回想についての語りはこの後登場する男Aの視点です。


あれは何年前の話だっただろうか。細かい数字は覚えてないけど、とりあえず俺が大学生の頃だったのは覚えている。

夏休みの間に帰省し、地元で少年期を共に過ごした友人4人でBBQに出掛けた時の出来事だった

@某自然公園
俺たちはBBQをしていたのだが食材を切らしかけていた。食材は全員で持ち寄ったのだが計画性を欠き、そのとばっちりを4人のうち2人が受けることになり、近くの町まで車を走らせることになった。

俺(男A)は残留組だった。
ここは比較的涼しく暑い車に押し込まれるのはノーサンキューだったのでラッキーだと思っていた。


この時点では、だが。

残留組の俺と友人(男B)はとりあえず手元にある食材を焼いていた。

俺は高校をでてから地元の近くの大学で経済学を、男Bは地方に出て生物学を専攻していた。互いに違う分野の勉強をしているので大学の出来事について盛り上がるとこはなかったが、昔の馬鹿な話を振り返って談笑していた。非常に穏やかな瞬間だった。

焼いていた肉が焼けて来た頃、突如として俺たちの穏やかな瞬間は打ち砕かれた。「あの」生き物によって。
(・8・)チュンチュン!!

277 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:35:14 ID:rvDfWp2.0
書くなら管理人のしっかりしたとこで書いた方がいいぞ
まあ今の時間は暇な荒らしが監視してるけど

278 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:35:54 ID:Aki2HtaI0
同じの連投しささってました。
失礼しました。

男B「すまん、トイレ行ってくるから一人で見ててもらっていいか?」

男A「なんだよ飲み過ぎか?漏らさないうちに行ってこいよww」

冗談を混じえて男Bをトイレへと送り出した。
この自然公園はBBQをしてもよいスペースから少し離れたところにゴミステーションやトイレがある。不便といえば不便だが景観を損ねるわけにはいかなかったのだろう。

俺たち学生は夏休みだが世間は平日だし、他の人間はいなかった。話し相手もいなくなったので一人でボーッと肉を見つめていた。

その時だった。

??「やきにくしゃんのにおいがするやん!」
??「やーんやーん!」
??「おちびしゃー!まましゃぁにちゃんとついてくうやん!」 ヨチヨチ
??「やきにくしゃん!やきにくしゃん!」 ヨチヨチ

俺はハッとした。
少女のような声。それも複数。
誰もいない自然公園にこだました。
あたりは見渡しがいいので、仮に女の子が遊んでいたとしたら気づく筈だ。
少し酒が入っていたので気のせいだろうと決め込もうとした。
そうして俺は視線をBBQに向けた。

ーーーーーーーー!!

目の前に信じられない生物がいた。
体調は30センチくらい、人間の少女の顔に身体、手足は短いが衣服を身にまとっている。それでいて頭と尻には狸のもののような耳と尻尾がついている。
人語を話す奇形の生物に出くわしたというだけで相当ショッキングなのだが、その生物の陰には正確には覚えていないが4〜5匹くらいの大きさは半分くらいだがそれと同じ生物がいた。

俺がこの生物を「のんたぬ」とその子ども「ちびたぬ」であるとこは後々、男Bから聞いた。
あいつは日頃から生物の研究をしていてそこそこ名のある教授に師事していた。
なんでもその教授が目を付けた新種の生物が「のんたぬ」であり、あいつもフィールドワークを通じて何度か実物を見たことがあったらしい。

当然俺は初めて見るので正直に言うと怖かった。
こういう奇形の生物、ゲームや漫画ではキメラなんて呼ばれるような生き物など空想であり、剣や魔法で打ち倒すものだと思っていた生物が目の前にいたんだ。無理もない。

親たぬ「やーん!やきにくしゃん!のんちゃぁたちもやきしゃんすうやん!」

ちび「やきにくしゃーん!」

ちび「ままーやきにくしゃんー!はやくー!」

男A「ッッッ!」

俺は恐怖による動揺を悟られないように威嚇するような表情を作り、足が震えないように腿の裏をつねった。

するとのんたぬは俺に近づいてくる。
俺は屈しないように不動の構えを、いや恐怖で動けなかっただけだ。

親たぬ「おーい、きいてるにょか?やきにくしゃんたべさせるやーん!!」

のんたぬは俺に飛びかかってきた(実際には飛びついた)のだった!
恐怖で膨れあがったイメージはさながら獰猛なライオンがシマウマを襲う際に飛びかかってくるように見えた。

男A「うわああああぁぁぁぁああ!!!くっ、来るなあああああああ!!!」

悲鳴にも似た声で叫んだ。
無邪気に飛びついて来たのんたぬを自分を襲いに来たと思った俺の防衛本能は蹴りとなってのんたぬを襲った。

「バキッ!」
鈍い音。
サンダル履きだった俺の足には何かを粉砕したような感覚。
野球で打者がライナー性の打球を飛ばすかのようにのんたぬは吹き飛んだ。

男A「う、ああ……ああ…」

身を守る為といい、生き物に対し全力の蹴りを見舞ったことなど人生で一度たりともなかった俺は恐怖と罪悪感に支配されその場に尻餅をついた。

親たぬ「いやああああ!いっ、いだいやあああん!いだっ、グフッ、ケホケホ」

吹き飛んだのんたぬは蹴りが胸を捉えていたので肋骨が折れ、肺に突き刺さりひどく呼吸がきつそうだった。

親たぬ「ゴホッゴホ・・・ヒュー・・・お、、ちび、、しゃん」

ちび「まましゃん!まましゃん!」

ちび「まましゃんがっ…まましゃんが…やあああああん」

数匹いたちび達は短い足でよちよちと歩き親の元へと駆け寄った。
ある者は親にしがみつき、ある者は恐怖に震え、ある者は俺を敵対者と見做し睨みつける。

親たぬ「えぃち…えぃちたしゅ……けてやぁん…」

男A「ハア…ハア…ハアッ!ゲホッゲホ!ハア…ハア」

のんたぬは「えぃち」というものに助けを求め、俺は恐怖で過呼吸気味になり苦しんでいた。

280 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:36:53 ID:m/Tc2ycY0
今はやめた方がいいと思う

281 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:36:55 ID:RSyzKId.0
同じの連投しささってました。
失礼しました。

男B「すまん、トイレ行ってくるから一人で見ててもらっていいか?」

男A「なんだよ飲み過ぎか?漏らさないうちに行ってこいよww」

冗談を混じえて男Bをトイレへと送り出した。
この自然公園はBBQをしてもよいスペースから少し離れたところにゴミステーションやトイレがある。不便といえば不便だが景観を損ねるわけにはいかなかったのだろう。

俺たち学生は夏休みだが世間は平日だし、他の人間はいなかった。話し相手もいなくなったので一人でボーッと肉を見つめていた。

その時だった。

??「やきにくしゃんのにおいがするやん!」
??「やーんやーん!」
??「おちびしゃー!まましゃぁにちゃんとついてくうやん!」 ヨチヨチ
??「やきにくしゃん!やきにくしゃん!」 ヨチヨチ

俺はハッとした。
少女のような声。それも複数。
誰もいない自然公園にこだました。
あたりは見渡しがいいので、仮に女の子が遊んでいたとしたら気づく筈だ。
少し酒が入っていたので気のせいだろうと決め込もうとした。
そうして俺は視線をBBQに向けた。

ーーーーーーーー!!

目の前に信じられない生物がいた。
体調は30センチくらい、人間の少女の顔に身体、手足は短いが衣服を身にまとっている。それでいて頭と尻には狸のもののような耳と尻尾がついている。
人語を話す奇形の生物に出くわしたというだけで相当ショッキングなのだが、その生物の陰には正確には覚えていないが4〜5匹くらいの大きさは半分くらいだがそれと同じ生物がいた。

俺がこの生物を「のんたぬ」とその子ども「ちびたぬ」であるとこは後々、男Bから聞いた。
あいつは日頃から生物の研究をしていてそこそこ名のある教授に師事していた。
なんでもその教授が目を付けた新種の生物が「のんたぬ」であり、あいつもフィールドワークを通じて何度か実物を見たことがあったらしい。

当然俺は初めて見るので正直に言うと怖かった。
こういう奇形の生物、ゲームや漫画ではキメラなんて呼ばれるような生き物など空想であり、剣や魔法で打ち倒すものだと思っていた生物が目の前にいたんだ。無理もない。

親たぬ「やーん!やきにくしゃん!のんちゃぁたちもやきしゃんすうやん!」

ちび「やきにくしゃーん!」

ちび「ままーやきにくしゃんー!はやくー!」

男A「ッッッ!」

俺は恐怖による動揺を悟られないように威嚇するような表情を作り、足が震えないように腿の裏をつねった。

するとのんたぬは俺に近づいてくる。
俺は屈しないように不動の構えを、いや恐怖で動けなかっただけだ。

親たぬ「おーい、きいてるにょか?やきにくしゃんたべさせるやーん!!」

のんたぬは俺に飛びかかってきた(実際には飛びついた)のだった!
恐怖で膨れあがったイメージはさながら獰猛なライオンがシマウマを襲う際に飛びかかってくるように見えた。

男A「うわああああぁぁぁぁああ!!!くっ、来るなあああああああ!!!」

悲鳴にも似た声で叫んだ。
無邪気に飛びついて来たのんたぬを自分を襲いに来たと思った俺の防衛本能は蹴りとなってのんたぬを襲った。

「バキッ!」
鈍い音。
サンダル履きだった俺の足には何かを粉砕したような感覚。
野球で打者がライナー性の打球を飛ばすかのようにのんたぬは吹き飛んだ。

男A「う、ああ……ああ…」

身を守る為といい、生き物に対し全力の蹴りを見舞ったことなど人生で一度たりともなかった俺は恐怖と罪悪感に支配されその場に尻餅をついた。

親たぬ「いやああああ!いっ、いだいやあああん!いだっ、グフッ、ケホケホ」

吹き飛んだのんたぬは蹴りが胸を捉えていたので肋骨が折れ、肺に突き刺さりひどく呼吸がきつそうだった。

親たぬ「ゴホッゴホ・・・ヒュー・・・お、、ちび、、しゃん」

ちび「まましゃん!まましゃん!」

ちび「まましゃんがっ…まましゃんが…やあああああん」

数匹いたちび達は短い足でよちよちと歩き親の元へと駆け寄った。
ある者は親にしがみつき、ある者は恐怖に震え、ある者は俺を敵対者と見做し睨みつける。

親たぬ「えぃち…えぃちたしゅ……けてやぁん…」

男A「ハア…ハア…ハアッ!ゲホッゲホ!ハア…ハア」

のんたぬは「えぃち」というものに助けを求め、俺は恐怖で過呼吸気味になり苦しんでいた。

282 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:37:30 ID:RSyzKId.0
俺たちはBBQをしていたのだが食材を切らしかけていた。食材は全員で持ち寄ったのだが計画性を欠き、そのとばっちりを4人のうち2人が受けることになり、近くの町まで車を走らせることになった。

俺(男A)は残留組だった。
ここは比較的涼しく暑い車に押し込まれるのはノーサンキューだったのでラッキーだと思っていた。


この時点では、だが。

残留組の俺と友人(男B)はとりあえず手元にある食材を焼いていた。

俺は高校をでてから地元の近くの大学で経済学を、男Bは地方に出て生物学を専攻していた。互いに違う分野の勉強をしているので大学の出来事について盛り上がるとこはなかったが、昔の馬鹿な話を振り返って談笑していた。非常に穏やかな瞬間だった。

焼いていた肉が焼けて来た頃、突如として俺たちの穏やかな瞬間は打ち砕かれた。「あの」生き物によって。
(・8・)チュンチュン!!

283 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:38:05 ID:RSyzKId.0
男B「すまん、トイレ行ってくるから一人で見ててもらっていいか?」

男A「なんだよ飲み過ぎか?漏らさないうちに行ってこいよww」

冗談を混じえて男Bをトイレへと送り出した。
この自然公園はBBQをしてもよいスペースから少し離れたところにゴミステーションやトイレがある。不便といえば不便だが景観を損ねるわけにはいかなかったのだろう。

俺たち学生は夏休みだが世間は平日だし、他の人間はいなかった。話し相手もいなくなったので一人でボーッと肉を見つめていた。

その時だった。

??「やきにくしゃんのにおいがするやん!」
??「やーんやーん!」
??「おちびしゃー!まましゃぁにちゃんとついてくうやん!」 ヨチヨチ
??「やきにくしゃん!やきにくしゃん!」 ヨチヨチ

俺はハッとした。
少女のような声。それも複数。
誰もいない自然公園にこだました。
あたりは見渡しがいいので、仮に女の子が遊んでいたとしたら気づく筈だ。
少し酒が入っていたので気のせいだろうと決め込もうとした。
そうして俺は視線をBBQに向けた。

ーーーーーーーー!!

目の前に信じられない生物がいた。
体調は30センチくらい、人間の少女の顔に身体、手足は短いが衣服を身にまとっている。それでいて頭と尻には狸のもののような耳と尻尾がついている。
人語を話す奇形の生物に出くわしたというだけで相当ショッキングなのだが、その生物の陰には正確には覚えていないが4〜5匹くらいの大きさは半分くらいだがそれと同じ生物がいた。

俺がこの生物を「のんたぬ」とその子ども「ちびたぬ」であるとこは後々、男Bから聞いた。
あいつは日頃から生物の研究をしていてそこそこ名のある教授に師事していた。
なんでもその教授が目を付けた新種の生物が「のんたぬ」であり、あいつもフィールドワークを通じて何度か実物を見たことがあったらしい。

当然俺は初めて見るので正直に言うと怖かった。
こういう奇形の生物、ゲームや漫画ではキメラなんて呼ばれるような生き物など空想であり、剣や魔法で打ち倒すものだと思っていた生物が目の前にいたんだ。無理もない。

親たぬ「やーん!やきにくしゃん!のんちゃぁたちもやきしゃんすうやん!」

ちび「やきにくしゃーん!」

ちび「ままーやきにくしゃんー!はやくー!」

男A「ッッッ!」

俺は恐怖による動揺を悟られないように威嚇するような表情を作り、足が震えないように腿の裏をつねった。

するとのんたぬは俺に近づいてくる。
俺は屈しないように不動の構えを、いや恐怖で動けなかっただけだ。

親たぬ「おーい、きいてるにょか?やきにくしゃんたべさせるやーん!!」

のんたぬは俺に飛びかかってきた(実際には飛びついた)のだった!
恐怖で膨れあがったイメージはさながら獰猛なライオンがシマウマを襲う際に飛びかかってくるように見えた。

男A「うわああああぁぁぁぁああ!!!くっ、来るなあああああああ!!!」

悲鳴にも似た声で叫んだ。
無邪気に飛びついて来たのんたぬを自分を襲いに来たと思った俺の防衛本能は蹴りとなってのんたぬを襲った。

「バキッ!」
鈍い音。
サンダル履きだった俺の足には何かを粉砕したような感覚。
野球で打者がライナー性の打球を飛ばすかのようにのんたぬは吹き飛んだ。

男A「う、ああ……ああ…」

身を守る為といい、生き物に対し全力の蹴りを見舞ったことなど人生で一度たりともなかった俺は恐怖と罪悪感に支配されその場に尻餅をついた。

親たぬ「いやああああ!いっ、いだいやあああん!いだっ、グフッ、ケホケホ」

吹き飛んだのんたぬは蹴りが胸を捉えていたので肋骨が折れ、肺に突き刺さりひどく呼吸がきつそうだった。

親たぬ「ゴホッゴホ・・・ヒュー・・・お、、ちび、、しゃん」

ちび「まましゃん!まましゃん!」

ちび「まましゃんがっ…まましゃんが…やあああああん」

数匹いたちび達は短い足でよちよちと歩き親の元へと駆け寄った。
ある者は親にしがみつき、ある者は恐怖に震え、ある者は俺を敵対者と見做し睨みつける。

親たぬ「えぃち…えぃちたしゅ……けてやぁん…」

男A「ハア…ハア…ハアッ!ゲホッゲホ!ハア…ハア」

のんたぬは「えぃち」というものに助けを求め、俺は恐怖で過呼吸気味になり苦しんでいた。

284 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:38:35 ID:RSyzKId.0
あれは何年前の話だっただろうか。細かい数字は覚えてないけど、とりあえず俺が大学生の頃だったのは覚えている。

夏休みの間に帰省し、地元で少年期を共に過ごした友人4人でBBQに出掛けた時の出来事だった

@某自然公園
俺たちはBBQをしていたのだが食材を切らしかけていた。食材は全員で持ち寄ったのだが計画性を欠き、そのとばっちりを4人のうち2人が受けることになり、近くの町まで車を走らせることになった。

俺(男A)は残留組だった。
ここは比較的涼しく暑い車に押し込まれるのはノーサンキューだったのでラッキーだと思っていた。


この時点では、だが。

残留組の俺と友人(男B)はとりあえず手元にある食材を焼いていた。

俺は高校をでてから地元の近くの大学で経済学を、男Bは地方に出て生物学を専攻していた。互いに違う分野の勉強をしているので大学の出来事について盛り上がるとこはなかったが、昔の馬鹿な話を振り返って談笑していた。非常に穏やかな瞬間だった。

焼いていた肉が焼けて来た頃、突如として俺たちの穏やかな瞬間は打ち砕かれた。「あの」生き物によって。

285 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:39:06 ID:RSyzKId.0
同じの連投しささってました。
失礼しました。

男B「すまん、トイレ行ってくるから一人で見ててもらっていいか?」

男A「なんだよ飲み過ぎか?漏らさないうちに行ってこいよww」

冗談を混じえて男Bをトイレへと送り出した。
この自然公園はBBQをしてもよいスペースから少し離れたところにゴミステーションやトイレがある。不便といえば不便だが景観を損ねるわけにはいかなかったのだろう。

俺たち学生は夏休みだが世間は平日だし、他の人間はいなかった。話し相手もいなくなったので一人でボーッと肉を見つめていた。

その時だった。

??「やきにくしゃんのにおいがするやん!」
??「やーんやーん!」
??「おちびしゃー!まましゃぁにちゃんとついてくうやん!」 ヨチヨチ
??「やきにくしゃん!やきにくしゃん!」 ヨチヨチ

俺はハッとした。
少女のような声。それも複数。
誰もいない自然公園にこだました。
あたりは見渡しがいいので、仮に女の子が遊んでいたとしたら気づく筈だ。
少し酒が入っていたので気のせいだろうと決め込もうとした。
そうして俺は視線をBBQに向けた。

ーーーーーーーー!!

目の前に信じられない生物がいた。
体調は30センチくらい、人間の少女の顔に身体、手足は短いが衣服を身にまとっている。それでいて頭と尻には狸のもののような耳と尻尾がついている。
人語を話す奇形の生物に出くわしたというだけで相当ショッキングなのだが、その生物の陰には正確には覚えていないが4〜5匹くらいの大きさは半分くらいだがそれと同じ生物がいた。

俺がこの生物を「のんたぬ」とその子ども「ちびたぬ」であるとこは後々、男Bから聞いた。
あいつは日頃から生物の研究をしていてそこそこ名のある教授に師事していた。
なんでもその教授が目を付けた新種の生物が「のんたぬ」であり、あいつもフィールドワークを通じて何度か実物を見たことがあったらしい。

当然俺は初めて見るので正直に言うと怖かった。
こういう奇形の生物、ゲームや漫画ではキメラなんて呼ばれるような生き物など空想であり、剣や魔法で打ち倒すものだと思っていた生物が目の前にいたんだ。無理もない。

親たぬ「やーん!やきにくしゃん!のんちゃぁたちもやきしゃんすうやん!」

ちび「やきにくしゃーん!」

ちび「ままーやきにくしゃんー!はやくー!」

男A「ッッッ!」

俺は恐怖による動揺を悟られないように威嚇するような表情を作り、足が震えないように腿の裏をつねった。

するとのんたぬは俺に近づいてくる。
俺は屈しないように不動の構えを、いや恐怖で動けなかっただけだ。

親たぬ「おーい、きいてるにょか?やきにくしゃんたべさせるやーん!!」

のんたぬは俺に飛びかかってきた(実際には飛びついた)のだった!
恐怖で膨れあがったイメージはさながら獰猛なライオンがシマウマを襲う際に飛びかかってくるように見えた。

男A「うわああああぁぁぁぁああ!!!くっ、来るなあああああああ!!!」

悲鳴にも似た声で叫んだ。
無邪気に飛びついて来たのんたぬを自分を襲いに来たと思った俺の防衛本能は蹴りとなってのんたぬを襲った。

「バキッ!」
鈍い音。
サンダル履きだった俺の足には何かを粉砕したような感覚。
野球で打者がライナー性の打球を飛ばすかのようにのんたぬは吹き飛んだ。

男A「う、ああ……ああ…」

身を守る為といい、生き物に対し全力の蹴りを見舞ったことなど人生で一度たりともなかった俺は恐怖と罪悪感に支配されその場に尻餅をついた。

親たぬ「いやああああ!いっ、いだいやあああん!いだっ、グフッ、ケホケホ」

吹き飛んだのんたぬは蹴りが胸を捉えていたので肋骨が折れ、肺に突き刺さりひどく呼吸がきつそうだった。

親たぬ「ゴホッゴホ・・・ヒュー・・・お、、ちび、、しゃん」

ちび「まましゃん!まましゃん!」

ちび「まましゃんがっ…まましゃんが…やあああああん」

数匹いたちび達は短い足でよちよちと歩き親の元へと駆け寄った。
ある者は親にしがみつき、ある者は恐怖に震え、ある者は俺を敵対者と見做し睨みつける。

親たぬ「えぃち…えぃちたしゅ……けてやぁん…」

男A「ハア…ハア…ハアッ!ゲホッゲホ!ハア…ハア」

のんたぬは「えぃち」というものに助けを求め、俺は恐怖で過呼吸気味になり苦しんでいた。

286 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:39:11 ID:rvDfWp2.0
しかしわざわざSSの名前を変えて上げ直すとは
よっぽど暇なんだなw

287 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:40:05 ID:RSyzKId.0
のんたぬ「あ、おちびしゃぁ生まれる」

絵里「?」

のんたぬ「おちびしゃぁでてくるやあああああああああああああああん!!!!!!!!!」ブリブリブリッッッブッブッ!!!

絵里「ヒエッ・・・」

ちびたぬ「やーん!!やきにきゅ!」ポテポテ

ぷちたぬ「やーん!」

のんたぬ「ぷちしゃぁもおるやんめずらしい」

のんたぬ「ついでにうんちさんもだすやん」

のんたぬ「うんこでるやあああああああああああああああん!!!!!!!!!」ブリッッッッッ

絵里「あ、あぁぁ・・・・・」

のんたぬ「ふーでたでた!さぁたべよ」

288 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:40:44 ID:RSyzKId.0
男B「すまん、トイレ行ってくるから一人で見ててもらっていいか?」

男A「なんだよ飲み過ぎか?漏らさないうちに行ってこいよww」

冗談を混じえて男Bをトイレへと送り出した。
この自然公園はBBQをしてもよいスペースから少し離れたところにゴミステーションやトイレがある。不便といえば不便だが景観を損ねるわけにはいかなかったのだろう。

俺たち学生は夏休みだが世間は平日だし、他の人間はいなかった。話し相手もいなくなったので一人でボーッと肉を見つめていた。

その時だった。

??「やきにくしゃんのにおいがするやん!」
??「やーんやーん!」
??「おちびしゃー!まましゃぁにちゃんとついてくうやん!」 ヨチヨチ
??「やきにくしゃん!やきにくしゃん!」 ヨチヨチ

俺はハッとした。
少女のような声。それも複数。
誰もいない自然公園にこだました。
あたりは見渡しがいいので、仮に女の子が遊んでいたとしたら気づく筈だ。
少し酒が入っていたので気のせいだろうと決め込もうとした。
そうして俺は視線をBBQに向けた。

ーーーーーーーー!!

目の前に信じられない生物がいた。
体調は30センチくらい、人間の少女の顔に身体、手足は短いが衣服を身にまとっている。それでいて頭と尻には狸のもののような耳と尻尾がついている。
人語を話す奇形の生物に出くわしたというだけで相当ショッキングなのだが、その生物の陰には正確には覚えていないが4〜5匹くらいの大きさは半分くらいだがそれと同じ生物がいた。

俺がこの生物を「のんたぬ」とその子ども「ちびたぬ」であるとこは後々、男Bから聞いた。
あいつは日頃から生物の研究をしていてそこそこ名のある教授に師事していた。
なんでもその教授が目を付けた新種の生物が「のんたぬ」であり、あいつもフィールドワークを通じて何度か実物を見たことがあったらしい。

当然俺は初めて見るので正直に言うと怖かった。
こういう奇形の生物、ゲームや漫画ではキメラなんて呼ばれるような生き物など空想であり、剣や魔法で打ち倒すものだと思っていた生物が目の前にいたんだ。無理もない。

親たぬ「やーん!やきにくしゃん!のんちゃぁたちもやきしゃんすうやん!」

ちび「やきにくしゃーん!」

ちび「ままーやきにくしゃんー!はやくー!」

男A「ッッッ!」

俺は恐怖による動揺を悟られないように威嚇するような表情を作り、足が震えないように腿の裏をつねった。

するとのんたぬは俺に近づいてくる。
俺は屈しないように不動の構えを、いや恐怖で動けなかっただけだ。

親たぬ「おーい、きいてるにょか?やきにくしゃんたべさせるやーん!!」

のんたぬは俺に飛びかかってきた(実際には飛びついた)のだった!
恐怖で膨れあがったイメージはさながら獰猛なライオンがシマウマを襲う際に飛びかかってくるように見えた。

男A「うわああああぁぁぁぁああ!!!くっ、来るなあああああああ!!!」

悲鳴にも似た声で叫んだ。
無邪気に飛びついて来たのんたぬを自分を襲いに来たと思った俺の防衛本能は蹴りとなってのんたぬを襲った。

「バキッ!」
鈍い音。
サンダル履きだった俺の足には何かを粉砕したような感覚。
野球で打者がライナー性の打球を飛ばすかのようにのんたぬは吹き飛んだ。

男A「う、ああ……ああ…」

身を守る為といい、生き物に対し全力の蹴りを見舞ったことなど人生で一度たりともなかった俺は恐怖と罪悪感に支配されその場に尻餅をついた。

親たぬ「いやああああ!いっ、いだいやあああん!いだっ、グフッ、ケホケホ」

吹き飛んだのんたぬは蹴りが胸を捉えていたので肋骨が折れ、肺に突き刺さりひどく呼吸がきつそうだった。

親たぬ「ゴホッゴホ・・・ヒュー・・・お、、ちび、、しゃん」

ちび「まましゃん!まましゃん!」

ちび「まましゃんがっ…まましゃんが…やあああああん」

数匹いたちび達は短い足でよちよちと歩き親の元へと駆け寄った。
ある者は親にしがみつき、ある者は恐怖に震え、ある者は俺を敵対者と見做し睨みつける。

親たぬ「えぃち…えぃちたしゅ……けてやぁん…」

男A「ハア…ハア…ハアッ!ゲホッゲホ!ハア…ハア」

のんたぬは「えぃち」というものに助けを求め、俺は恐怖で過呼吸気味になり死んでいた。


おしまい

289 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:41:32 ID:RSyzKId.0
災害が続いて不況となった平安時代の末期の京都の町外れ、羅城門の
下に雇い主から解雇された一人の俺くんが、飢え死にをするか盗賊にな
るかと迷っていた。

俺「どうしよう…不況のせいで働くところを失ってしまった…」

俺「食べるものもなければ住むところもない これからどうしよう…」

とりあえず今夜一夜を過ごそうと羅城門の二階に上ってみると、暗闇
の中で一匹ののんたぬがそこに棄てられていたのんたぬの死体から毛皮を抜こうとしてる姿を見た。俺くんにはそれをとんでもなく悪い行為と考える正義感が芽生え、のんたぬに飛び掛って取り押さえた。

俺「おい!のんたぬ!何やってるんだ!!!」

俺「いくら害獣の死体といえどそんなことしていいと思ってるのか!?」

のんたぬ「やーん!やめるやーん!放せやーん!」ジタバタ

のんたぬ「のんちゃあだってこんなことしたくないやん!でも生きるためには仕方ないやん!」ジタバタ

のんたぬ「それにこいつだってどうせ悪いことしてきたやーん!だから死んでしまったにちがいないやーんww」ケラケラ

のんたぬは、俺くんに対して悪いことだが生きるために仕方なくすることだと述べ、死体ののんたぬも生きるために悪いことをしてきたのだから毛皮を抜かれても許すだろうと述べた。

俺「その剥いだ毛皮をどうするつもりだ?」

のんたぬ「やぁん?のんちゃあのかわいい毛皮なら高く売れるやーん!それで美味しいもの食うやーん!!」ルンルン

俺「のんたぬよ」

俺くんはのんたぬに問う

俺「悪いことをしたヤツになら何をしてもいいんだな?」

のんたぬ「当然やん!こいつだってきっととんでもない悪事をやらかs」ドゴォ

気付けば俺くんの右ストレートがのんたぬの顔面にヒットしていた
何をされたのか状況が理解出来ていないのんたぬ
自分に人生最大の危機が迫っているということに気付いていないのだ

のんたぬ「な、な、な、なにするやん!!!」

のんたぬ「のんちゃあのかわいいお顔に傷がついたやん!どうしてくれるやん!」

俺「うるせぇ!」ドカァ

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!!!!!!!!」

俺「のんたぬ、おまえいったよな?『悪いことしたヤツは何をされても仕方ない』って?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛ん゛!!のんちゃあ何も悪いことしてないやああああん!!!!」

俺「死者を弔わず自己の私利私欲のために行動することは悪いことではないのか?」

のんたぬ「や゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!そんなの知るかあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

俺「害獣に何をいっても無駄か さっさと死ね」グググッ

のんたぬ「や゛あ゛ん゛…ぐ゛る゛……し゛い゛……や゛あ゛ん゛…」チ-ン

俺くんはのんたぬに対する侮蔑心とともに生きるためには何をしてもよいという気持ちが生じ、のんたぬの毛皮を剥いで夜の闇の中へ駆け出していったのだ。

おわり

290 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:41:42 ID:m/Tc2ycY0
>>286
暇じゃなきゃ荒らしなんかやらないだろ

291 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:42:13 ID:RSyzKId.0
のんたぬ工場
https://pbs.twimg.com/media/BTO6dpiCUAA8b4D.jpg

292 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:42:46 ID:RSyzKId.0
のんたぬ工場
https://pbs.twimg.com/media/BTO6dpiCUAA8b4D.jpg

294 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:46:06 ID:Aki2HtaI0
なんか連投しささるし端末の調子わるいから時間改めるわ
忠告ありがとう

295 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:52:23 ID:j..IA1zo0
おう!もう二度と書くなよ!

296 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:52:59 ID:RSyzKId.0
よくわかりにくいSS

297 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:56:33 ID:B8MUDyfw0
長過ぎ
読む気失せるわ

298 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 00:58:48 ID:VispncrY0
>>294
残念ながらお前のSSは需要無い
時間改めなくて結構2度と投稿するなよ!

299 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 01:00:00 ID:B8MUDyfw0
>>294が投稿することで荒らしを連れてくるくらいなら
投稿しない方がよっぽどマシ

300 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 01:00:38 ID:OaG2h9FQ0
可哀想だろ

301 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 01:00:42 ID:5KUxcbUs0
芝居が下手くそだなぁw

302 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 01:01:03 ID:j..IA1zo0
だって事実だし

303 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 01:01:06 ID:Ax8eKys.0
良SS投下されて妨害がんばってるやーんwwwwwwwwwwwwwww

たこやきが必死に書き込んでると思うと楽しいやーんwwwwwwww

304 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 01:01:43 ID:4WNdlEVA0
管理人ちょっと頼むよマジで

305 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 01:06:41 ID:TXnJ0xe60
ここの管理人は無能だから他のとこに投稿した方が良いと思う
アンチのんたぬスレとか

306 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 01:07:46 ID:5KUxcbUs0
この時間だし
対応しろってのも酷な話だよ

307 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 01:08:42 ID:4WNdlEVA0
もう何日間サボってるの?
管理人ならちゃんと管理してよ

308 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 01:12:49 ID:OaG2h9FQ0
自分の責務を放棄しやがって
のんたぬみたいな奴だな
糞管理人

309 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 01:16:36 ID:5KUxcbUs0
今度は管理人叩きか

310 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 01:41:05 ID:B8MUDyfw0
>>294
投稿するならここはやめといた良いよホントに
管理人もあんまり動かないしたこやきに荒らされやすい

311 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 05:23:10 ID:13a3mHuE0
まぁいい加減規制してくれとは思うよ

312 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 06:30:54 ID:OZk8fbxI0
すげえなお前ら
なんでこんなにキチガイになってしまったんだwww
やっぱあれか?萌えアニメなんかに嵌ると頭がおかしくなるということなのか?www
元々おかしいやつが萌えアニメに集結するということか?ww
どうしてこんなクズになれたんだ?
日本のことが本気で心配だわwwwww

313 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 06:40:42 ID:OZk8fbxI0
なーにがお仕置きだ馬鹿どもwww
お仕置きが必要な害獣はてめーらだっつーのwwww

314 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 09:18:16 ID:4WNdlEVA0
>>181
言い忘れてたけどのんたぬレストランはこの板のパート2にあるぞ

315 名無しで叶える物語 :2015/07/16(木) 23:57:34 ID:6HOnhW7g0
のんたぬとちびたぬが下剤入りの焼肉食う話も封鎖板の方だっけ
あれ好きだったんだが

316 名無しで叶える物語 :2015/07/17(金) 15:48:13 ID:mlMC8Yaw0
封鎖板のログが見たいが
どっかにまとまってないよね?

317 名無しで叶える物語 :2015/07/17(金) 21:11:49 ID:7QWkLv.E0
のんたぬ

318 名無しで叶える物語 :2015/07/18(土) 02:06:44 ID:3v7G//iU0
のんたぬたちは動物臭そう

319 名無しで叶える物語 :2015/07/18(土) 07:51:00 ID:zvX79EaE0
ここの管理人ほんと動かないなー
無能にも程があるわ

320 名無しで叶える物語 :2015/07/18(土) 21:56:28 ID:3v7G//iU0
管理人も忙しいならここの誰かに代わって貰え

321 名無しで叶える物語 :2015/07/19(日) 05:08:36 ID:1pi/jnvs0
ここだけ荒らされて愛護は無傷
それでも黙って耐えろと?

322 名無しで叶える物語 :2015/07/19(日) 13:26:36 HOST:115-36-162-40.gifu1.commufa.jp
耐えられんならお前だけ凸ればw

323 名無しで叶える物語 :2015/07/19(日) 15:55:18 HOST:KD182250253196.au-net.ne.jp
ねこがほのくまを反省部屋に入れたり
拾いえりちごっことかいって段ボールにキツネーチカを入れたりしててワロタ
なんか逆インスパイアされてねw

324 名無しで叶える物語 :2015/07/19(日) 16:04:25 HOST:KD182250253008.au-net.ne.jp
考えすぎ

325 名無しで叶える物語 :2015/07/19(日) 16:12:20 HOST:pw126253035230.6.panda-world.ne.jp
飛行機飛ばし忘れてますよ

326 名無しで叶える物語 :2015/07/20(月) 03:23:19 HOST:42-147-78-189.rev.home.ne.jp
>>323
元々愛されのぞみん以外はどうでも良い輩だろねこは

内心はらわた煮えくり返ってて八つ当たりしたくてたまらないんじゃね?

327 名無しで叶える物語 :2015/07/20(月) 07:15:26 HOST:219-122-243-57f1.osk2.eonet.ne.jp
>>326
考え過ぎ

328 名無しで叶える物語 :2015/07/20(月) 10:08:33 HOST:pw126214145103.1.panda-world.ne.jp
基本メンヘラしかいないしなここには

329 名無しで叶える物語 :2015/07/21(火) 16:14:55 HOST:KD182250253197.au-net.ne.jp
他の板は荒らしがいることが衰退の懸念材料だけど
この板に限っては皮肉にも荒らしが自然消滅を防いでる感あるよな

330 名無しで叶える物語 :2015/07/21(火) 17:12:37 HOST:KD182250253002.au-net.ne.jp
もうダメそうだね、閉鎖するしかないのか・・・

331 名無しで叶える物語 :2015/07/21(火) 20:09:28 HOST:219-122-243-57f1.osk2.eonet.ne.jp
どっちにしろこの板は捨てた方が良さそうかも

332 名無しで叶える物語 :2015/07/21(火) 20:10:36 HOST:pw126254003056.8.panda-world.ne.jp
たこやきと庭wwwwww

333 名無しで叶える物語 :2015/07/21(火) 20:34:25 HOST:115-36-178-198.gifu1.commufa.jp
もともと3つあるのが変だし、いいんでない

334 ◆fOLaAKQkvg :2015/07/21(火) 23:10:45 HOST:FL1-49-129-227-154.hkd.mesh.ad.jp
のんたぬ虐待掲示板
http://jbbs.shitaraba.net/otaku/17247/

新しく作ってみました
もし良ければどうぞ

335 名無しで叶える物語 :2015/07/23(木) 13:28:08 HOST:om126204000242.3.openmobile.ne.jp
>>332
在日

336 名無しで叶える物語 :2015/07/30(木) 17:39:41 HOST:KD121105082137.ppp-bb.dion.ne.jp
/     \
     /  / ̄⌒ ̄\
     /   / ⌒  ⌒ |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | /  (・)  (・) |   | we are Busters!
  /⌒  (6     つ  |   | 糞スレBusters!
 (  |  / ___  |  <
  - \   \_/  /    \__________________
 //  ,,r'´⌒ヽ___/     ,ィ
   /    ヽ       ri/ 彡
  /   i    ト、   __,,,丿)/        ζ
 |    !     )`Y'''" ヽ,,/      / ̄ ̄ ̄ ̄\
  ! l   |   く,,   ,,,ィ'"      /.         \
  ヽヽ  ゝ    ! ̄!~〜、       /           |
  ヽ  / ̄""'''⌒ ̄"^'''''ー--、 :::|||||||||||||||||||||||||||||||||
   Y'´          /    """''''〜--、|||||||||||||||||)
   (      丿  ,,;;''  ....::::::::::: ::::r''''"" ̄""ヽ   | >>1
    ゝ   ー--、,,,,,___      ::: ::,,,,,ー`''''''⌒''ーイ  ./
    ヽ      \  ̄""'''"" ̄   \____/-、
     ヽ       ヽ  :::::::::::::::::::: /          `ヽ
      ヽ  丿   )       /    ノ   ゝ ヽ ,〉
       ゝ      !      /            ∀
        !     |      /   人     ヽ   ヽ
        |     ,;;}      !ー-、/  ヽ _,,,-ー'''''--ヘ
          |ノ    |      |  /    Y        ヽ
         {     |      |   j      )         ヽ
         〈     j      ト-.|    /          )
          Y''""'i'~      |,__|    /      人   __,|
          |   |     ,-ーイ__j  /'""⌒""'''ノ  Y''""" |
          L_トァ   ::: ̄ ̄::::::::::t     /     |     !
      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ゝi'""⌒,ィrー-、,, ゞ'''"""ヽ
                      ::::::::\ //    r'`ヽ\,,-ー\
                          ""''''""^ヽ`i  \`\  ヽ
                               ::::::\,,,J:::::::

337 名無しで叶える物語 :2015/08/02(日) 06:36:58 HOST:w4d171.BN2.vectant.ne.jp
のんたぬ死すべし慈悲はない

338 名無しで叶える物語 :2015/08/05(水) 23:06:22 HOST:KD121105082137.ppp-bb.dion.ne.jp
/     \
     /  / ̄⌒ ̄\
     /   / ⌒  ⌒ |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | /  (・)  (・) |   | we are Busters!
  /⌒  (6     つ  |   | 糞スレBusters!
 (  |  / ___  |  <
  - \   \_/  /    \__________________
 //  ,,r'´⌒ヽ___/     ,ィ
   /    ヽ       ri/ 彡
  /   i    ト、   __,,,丿)/        ζ
 |    !     )`Y'''" ヽ,,/      / ̄ ̄ ̄ ̄\
  ! l   |   く,,   ,,,ィ'"      /.         \
  ヽヽ  ゝ    ! ̄!~〜、       /           |
  ヽ  / ̄""'''⌒ ̄"^'''''ー--、 :::|||||||||||||||||||||||||||||||||
   Y'´          /    """''''〜--、|||||||||||||||||)
   (      丿  ,,;;''  ....::::::::::: ::::r''''"" ̄""ヽ   | >>1
    ゝ   ー--、,,,,,___      ::: ::,,,,,ー`''''''⌒''ーイ  ./
    ヽ      \  ̄""'''"" ̄   \____/-、
     ヽ       ヽ  :::::::::::::::::::: /          `ヽ
      ヽ  丿   )       /    ノ   ゝ ヽ ,〉
       ゝ      !      /            ∀
        !     |      /   人     ヽ   ヽ
        |     ,;;}      !ー-、/  ヽ _,,,-ー'''''--ヘ
          |ノ    |      |  /    Y        ヽ
         {     |      |   j      )         ヽ
         〈     j      ト-.|    /          )
          Y''""'i'~      |,__|    /      人   __,|
          |   |     ,-ーイ__j  /'""⌒""'''ノ  Y''""" |
          L_トァ   ::: ̄ ̄::::::::::t     /     |     !
      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ゝi'""⌒,ィrー-、,, ゞ'''"""ヽ
                      ::::::::\ //    r'`ヽ\,,-ー\
                          ""''''""^ヽ`i  \`\  ヽ
                               ::::::\,,,J:::::::

339 名無しで叶える物語 :2015/08/07(金) 12:03:07 HOST:KD121105082137.ppp-bb.dion.ne.jp
      /     \
     /  / ̄⌒ ̄\
     /   / ⌒  ⌒ |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | /  (・)  (・) |   | we are Busters!
  /⌒  (6     つ  |   | 糞スレBusters!
 (  |  / ___  |  <
  - \   \_/  /    \__________________
 //  ,,r'´⌒ヽ___/     ,ィ
   /    ヽ       ri/ 彡
  /   i    ト、   __,,,丿)/        ζ
 |    !     )`Y'''" ヽ,,/      / ̄ ̄ ̄ ̄\
  ! l   |   く,,   ,,,ィ'"      /.         \
  ヽヽ  ゝ    ! ̄!~〜、       /           |
  ヽ  / ̄""'''⌒ ̄"^'''''ー--、 :::|||||||||||||||||||||||||||||||||
   Y'´          /    """''''〜--、|||||||||||||||||)
   (      丿  ,,;;''  ....::::::::::: ::::r''''"" ̄""ヽ   | >>1
    ゝ   ー--、,,,,,___      ::: ::,,,,,ー`''''''⌒''ーイ  ./
    ヽ      \  ̄""'''"" ̄   \____/-、
     ヽ       ヽ  :::::::::::::::::::: /          `ヽ
      ヽ  丿   )       /    ノ   ゝ ヽ ,〉
       ゝ      !      /            ∀
        !     |      /   人     ヽ   ヽ
        |     ,;;}      !ー-、/  ヽ _,,,-ー'''''--ヘ
          |ノ    |      |  /    Y        ヽ
         {     |      |   j      )         ヽ
         〈     j      ト-.|    /          )
          Y''""'i'~      |,__|    /      人   __,|
          |   |     ,-ーイ__j  /'""⌒""'''ノ  Y''""" |
          L_トァ   ::: ̄ ̄::::::::::t     /     |     !
      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ゝi'""⌒,ィrー-、,, ゞ'''"""ヽ
                      ::::::::\ //    r'`ヽ\,,-ー\
                          ""''''""^ヽ`i  \`\  ヽ
                               ::::::\,,,J:::::::

340 名無しで叶える物語 :2015/08/07(金) 17:31:19 HOST:KD121105082137.ppp-bb.dion.ne.jp
      /     \
     /  / ̄⌒ ̄\
     /   / ⌒  ⌒ |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | /  (・)  (・) |   | we are Busters!
  /⌒  (6     つ  |   | 糞スレBusters!
 (  |  / ___  |  <
  - \   \_/  /    \__________________
 //  ,,r'´⌒ヽ___/     ,ィ
   /    ヽ       ri/ 彡
  /   i    ト、   __,,,丿)/        ζ
 |    !     )`Y'''" ヽ,,/      / ̄ ̄ ̄ ̄\
  ! l   |   く,,   ,,,ィ'"      /.         \
  ヽヽ  ゝ    ! ̄!~〜、       /           |
  ヽ  / ̄""'''⌒ ̄"^'''''ー--、 :::|||||||||||||||||||||||||||||||||
   Y'´          /    """''''〜--、|||||||||||||||||)
   (      丿  ,,;;''  ....::::::::::: ::::r''''"" ̄""ヽ   | >>1
    ゝ   ー--、,,,,,___      ::: ::,,,,,ー`''''''⌒''ーイ  ./
    ヽ      \  ̄""'''"" ̄   \____/-、
     ヽ       ヽ  :::::::::::::::::::: /          `ヽ
      ヽ  丿   )       /    ノ   ゝ ヽ ,〉
       ゝ      !      /            ∀
        !     |      /   人     ヽ   ヽ
        |     ,;;}      !ー-、/  ヽ _,,,-ー'''''--ヘ
          |ノ    |      |  /    Y        ヽ
         {     |      |   j      )         ヽ
         〈     j      ト-.|    /          )
          Y''""'i'~      |,__|    /      人   __,|
          |   |     ,-ーイ__j  /'""⌒""'''ノ  Y''""" |
          L_トァ   ::: ̄ ̄::::::::::t     /     |     !
      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ゝi'""⌒,ィrー-、,, ゞ'''"""ヽ
                      ::::::::\ //    r'`ヽ\,,-ー\
                          ""''''""^ヽ`i  \`\  ヽ
                               ::::::\,,,J:::::::

341 名無しで叶える物語 :2015/08/07(金) 17:31:57 HOST:KD121105082137.ppp-bb.dion.ne.jp
はよ消えろ虐厨共

342 名無しで叶える物語 :2015/08/07(金) 17:43:19 HOST:219-75-223-49f1.osk2.eonet.ne.jp
もうこの板からは消えてるから
荒らすなら別の板にしろ

343 名無しで叶える物語 :2015/08/28(金) 08:10:43 HOST:58-3-89-25.ppp.bbiq.jp
俺も絵里に虐待されたい


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

のんたぬキツネチカかしこみかしこみ御守り (μ's メンバーの写真同封) / Waterfall

や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛!!!チ゛カ゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛!!!


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板