したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる |

シャア「今日は大晦日だな」ララァ「そうですね」

1 むらたく :2016/12/31(土) 10:28:12 ID:YKLDh.Cc
ララァ「コタツはあったかいですね」
シャア「ふふ、ララァといると心もあったまるというものだ」
ララァ「まぁ、大佐ったら(台詞クサッ…」
シャア(なんだこの違和感は)
シャア「ララァ、テレビをつけてくれ」
ララァ「自分でおつけになればいいじゃありませんか。大佐のほうが近いでしょう?」
シャア「ええい、私は冷え性なのだ。手袋を外すと冷えて仕方ない」
ララァ「宇宙でノースリーブのくせに…」
シャア「何か言ったか?」
ララァ「いえ、なにも」

2 むらたく :2016/12/31(土) 10:31:32 ID:YKLDh.Cc
ララァ「じゃあ、じゃんけんで」
シャア「私もニュータイプのはずだ…」
ララァ「じゃあ、いきますよ?じゃんけん、ぽん!」
ララァ「やった!(チョロいわー)」
シャア「ええい」
ピッ
シャア「やはり年末はお決まりの番組だな」
笑ってはいけない地球連邦軍!
ガースー「浜田〜アウトー」
邦正「まさかガンダムの中から楽しんごがでてくるとは…」

シャア「ガキ使もネタ切れか…過ぎた1発屋を使うとは」
ララァ「いけません、大佐」
ガースー「あれがジオンの赤い彗星、シャアや!」
池田秀一デデーン
シャア「チャッ(メガバズーカランチャー)」
ララァ「いけません!」

3 むらたく :2016/12/31(土) 10:46:33 ID:YKLDh.Cc
シャア「やはり年越しはこれだろう」
第411回紅白歌合戦‼︎
シャア「紅組か。響きは悪くない。見せて貰おうか、紅組の歌手の腕前とやらを」
ララァ「白いほうが勝つわ」
シャア「ねぇちょっと…」

4 むらたく :2016/12/31(土) 10:49:27 ID:YKLDh.Cc
プルルルル
シャア「電話だな」
ララァ「だな、じゃあありませんよ。仕方ありませんね、全く」
シャア「寒がりだからさ…」

ララァ「もしもし…え?はあ…大佐、ハマーンさんから…」
シャア「替われッ‼︎‼︎」

シャア「も、もしもし」
ハマーン「シャア‼︎大晦日はアクシズでパーティと言ったろ!なぜ来ない!何をしてる⁉︎さっきの女は誰だ⁉︎」
シャア「し、質問は一つずつだってばさぁ…」
ララァ「大佐…」

5 むらたく :2016/12/31(土) 11:10:26 ID:YKLDh.Cc
ハマーン「もう既に皆集まっているぞ。遅刻はいい、今からでも来い。通常の3倍で」
シャア「し、しかしだな」
マシュマー「ハマーン様、バンザーイ‼︎」
キャラ「猫目のキャラ様のカラオケだぁーい‼︎」
ハマーン「イリア、奴らを黙らせろ」
イリア「はっ!」
シャア「楽しそうじゃあないか…」

6 むらたく :2016/12/31(土) 11:12:04 ID:YKLDh.Cc
シャア「私は急用ができてしまったのだ。悪いがそちらだけで楽しんでくれ、頼む」
ハマーン「フン、ミネバ様もお前を心待ちにして居られるというのに…」
シャア「えっ」
プル「えー!赤い彗星こないのぉ‼︎ミネバ様もみたいよね!赤い彗星‼︎」
ミネバ「あぁ…きてほしいな…」
シャア「えっ」
ハマーン「直にラカンとグレミー達も他のプルシリーズと共に来る予定だ。まぁ楽しいが、お前がいなきゃ張り合いに欠くというか…別に私はミネバ様がお会いになりたがっているから言ってるだけで……シャア?」
シャア「ララァ、今すぐにアクシズに…」
ララァ「行きません」

7 むらたく :2016/12/31(土) 11:13:24 ID:YKLDh.Cc
シャア「今年もあと少しだな」
ララァ「ええ、そうですね」
シャア「来年も私の側にいてくれるか?」
ララァ「はい、大佐」

(・8・)チュンチュン
ララァ「さぁ、もう年明けてますよ、大佐」
シャア「うぅむ…寝てしまったか」
ララァ「年賀状きてますよ」
シャア「どれどれ…今年は貴様のアギルダーを倒すぞ、ガルマ…今度いっしょにスクフェスやりましょう、アムロ…今年は長袖着てください、カミーユ…私はクワトロバジーナだ‼︎それ以上でも(ry」
ララァ「変な大佐…」
シャア「まぁ、何はともあれ今年も頼むぞ、ララァ」
ララァ「今年はお母さんとか呼ばないで下さいね」
シャア「えっ」
おしまい

8 むらたく :2016/12/31(土) 11:15:17 ID:YKLDh.Cc
おまけ
プル「えー⁉︎赤い彗星って人なのぉ⁉︎」
プルツー「あぁ、ジオン広告のエリート会社員と聞いたぞ」
プル「かっこぃぃー!」
グレミー「なんだその設定」
おしまい


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

さくら荘のペットな彼女〈7〉 (電撃文庫) - 鴨志田 一

朝、目覚めた俺の眼前にはなぜか妹のパンツが。ってなんで○○がここに!?

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa