板情報 | 自動車/バイク/乗り物 ]

NAGAREMONO掲示板

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 下書き(139) / 2 : 更新情報(9) / 3 : 個人的なメモ帳(51)
  (全部で3のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 下書き (Res:139)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1幸平@管理人 :2012/03/02(金) 23:00:18
 下書き用

133【ソフィア2.00】(0) :2019/04/03(水) 22:49:58
 富士の樹海、その奥には【夜鬼】と呼ばれる一族の集落がある。集落の最深部では、夜鬼の族長が広大な屋敷を構えており、その敷地内には闘技場が設けられている。その、闘技場の床には、夜鬼一族最強の槍使い【モンド】が力尽きて倒れていた。その傍らで、満身創痍になった青年が、太刀で体を支えて辛うじて立っていた。死闘を制した【エイジ・シンジョウ】に忍び寄る影があった。どこからともなく現れたソフィアは、硬いヒールの音とともにエイジに歩み寄った。
「勝者に、祝福を――」
 エイジの頬に軽く口付けしたソフィアは、呆然とするエイジの前から、風のように去っていった。


134【ソフィア2.00】(1) :2019/04/03(水) 22:54:49
 暗闇に身を潜めたソフィアは、闘気を研ぎ澄ませながら、時が来るのを待っていた。静寂が支配する部屋のなかで、建て付けの悪い扉が微かな音を立てた。
「つぶれたディスコクラブ…か? なーんか嫌な予感がするけど、まァいいか」
 人の気配を感じたソフィアは、感覚だけを頼りに、長い一条鞭を放った。鞭を握る右手から、鞭先が標的の首を捉えた感触が伝わってくる。ソフィアは勢いよく右手を振り、標的を足元に引きずり寄せた。機械的な音とともに、煌々とした照明が灯り、ソフィアの足元には重そうな布の袋が転がっており、腕を組んだソフィアは、ハイヒールの靴で布袋をもてあそんでいた。
「変わり身? さすがだわ。ショウの弟だけあってただの木偶(デク)の棒じゃないようね」
「わざわざ来た客に、ずいぶんな歓迎してくれるじゃねーか」
「ウフフ…、ほんのあいさつ代わりよ」
 妖艶な笑みで標的(エイジ・シンジョウ)の言葉を受け流したソフィアは、闘士の顔へと表情へ切り替え、鞭を構えて名乗りを上げた。
「私の名は【ソフィア】!! 理由(ワケ)あって闘神大武闘会に途中参加させていただくわ!!」
「大体そんな事だろうと思ってたけどな。やめといた方がいいんじゃねえかな。ココんとこの俺はちょっと強ぇぜ!」
「そうかもしれないわ。けれど、もう後には退けないの。【クラースヌイ・ブーリファ】を手に取った以上――」
 ソフィアが手にした鞭の名を唱えると、その長い一条鞭は、ソフィアの闘気で濃いピンク色に染まった。自信に満ちた表情で抜刀したエイジの前で、ソフィアは、バレエの演目を舞うように鞭を振った。
「何のことかわかんねえけど、後悔するなよっ」


135【ソフィア2.00】(1) :2019/04/03(水) 22:56:51
 暗闇に身を潜めたソフィアは、闘気を研ぎ澄ませながら、時が来るのを待っていた。静寂が支配する部屋のなかで、建て付けの悪い扉が微かな音を立てた。
「つぶれたディスコクラブ…か? なーんか嫌な予感がするけど、まァいいか」
 人の気配を感じたソフィアは、感覚だけを頼りに、長い一条鞭を放った。鞭を握る右手から、鞭先が標的の首を捉えた感触が伝わってくる。ソフィアは勢いよく右手を振り、標的を足元に引きずり寄せた。
 ガシャン、という重い機械的な音が響き、煌々とした照明が灯った。ソフィアの足元には重そうな布の袋が転がっており、腕を組んだソフィアは、ハイヒールの爪先で、その布袋をもてあそんだ。
「変わり身? さすがだわ。ショウの弟だけあってただの木偶(デク)の棒じゃないようね」
「わざわざ来た客に、ずいぶんな歓迎してくれるじゃねーか」
「ウフフ…、ほんのあいさつ代わりよ」
 妖艶な笑みで標的(エイジ・シンジョウ)の言葉を受け流したソフィアは、闘士の顔へと表情へ切り替え、鞭を構えて名乗りを上げた。
「私の名は【ソフィア】!! 理由(ワケ)あって闘神大武闘会に途中参加させていただくわ!!」
「大体そんな事だろうと思ってたけどな。やめといた方がいいんじゃねえかな。ココんとこの俺はちょっと強ぇぜ!」
「そうかもしれないわ。けれど、もう後には退けないの。【クラースヌイ・ブーリファ】を手に取った以上――」
 ソフィアが手にした鞭の名を唱えると、その長い一条鞭は、ソフィアの闘気で濃いピンク色に染まった。自信に満ちた表情で抜刀したエイジの前で、ソフィアは、バレエの演目を舞うように鞭を振った。
「何のことかわかんねえけど、後悔するなよっ」


136【ソフィア2.00】(1) :2019/04/03(水) 22:57:40
 暗闇に身を潜めたソフィアは、闘気を研ぎ澄ませながら、時が来るのを待っていた。静寂が支配する部屋のなかで、建て付けの悪い扉が微かな音を立てた。
「つぶれたディスコクラブ…か? なーんか嫌な予感がするけど、まァいいか」
 人の気配を感じたソフィアは、感覚だけを頼りに、長い一条鞭を放った。鞭を握る右手から、鞭先が標的の首を捉えた感触が伝わってくる。ソフィアは勢いよく右手を振り、標的を足元に引きずり寄せた。
 ガシャン、という重い機械的な音が響き、煌々とした照明が灯った。ソフィアの足元には重そうな布の袋が転がっており、腕を組んだソフィアは、ハイヒールの爪先で、その布袋をもてあそんだ。
「変わり身? さすがだわ。ショウの弟だけあってただの木偶(デク)の棒じゃないようね」
「わざわざ来た客に、ずいぶんな歓迎してくれるじゃねーか」
「ウフフ…、ほんのあいさつ代わりよ」
 妖艶な笑みで標的(エイジ・シンジョウ)の言葉を受け流したソフィアは、闘士の顔へと表情へ切り替え、鞭を構えて名乗りを上げた。
「私の名は【ソフィア】!! 理由(ワケ)あって闘神大武闘会に途中参加させていただくわ!!」
「大体そんな事だろうと思ってたけどな。やめといた方がいいんじゃねえかな。ココんとこの俺はちょっと強ぇぜ!」
「そうかもしれないわ。けれど、もう後には退けないの。【クラースヌイ・ブーリファ】を手に取った以上――」
 ソフィアが手にした鞭の名を唱えると、その長い一条鞭は、ソフィアの闘気で濃いピンク色に染まった。自信に満ちた表情で抜刀したエイジの前で、ソフィアは、バレエの演目を舞うように鞭を振った。
「何のことかわかんねえけど、後悔するなよっ」


137【ソフィア2.00】(2) :2019/04/03(水) 22:59:33

 【白虎の太刀】を構えたエイジに狙いを定め、ソフィアは鞭を振りかぶった。ソフィアに向かって駆け出したエイジに向けて、ソフィアは鞭を振り下ろす。鞭の間合いの内側に入り込もうとするエイジだが、ソフィアは手首を返して巧みに鞭を操り、エイジを寄せ付けない。
「何っ!? …くっ…、むおっ! うあっ!!」
 ソフィアの鞭は急激に軌道を変え、エイジを執拗に狙い撃つ。ソフィアの鞭に追い立てられ、無理な回避で体勢を崩したエイジに、ソフィアは必殺技を解き放った。
「ラトル・スネーク!」
「くっ…! うぉあああっ!!」
 ソフィアの鞭が自在に乱舞し、無数の打撃をエイジに与える。その鞭を、エイジは太刀で受け流そうとするが、捌ききれずに全身を鞭で叩かれ、フィニッシュの一撃とともに吹き飛んだ。
「く…くそっ! スキがねえっ!」
 エイジは辛うじて受身を取り、素早く立ち上がった。口の中を切ったのか、エイジは口元に付いた血を手の甲で拭った。
「ホホホホッ! どうしたのっ? 手も足も出ないのかしら、ボウヤ?」
 挑発するような高笑いとともに、ソフィアの必殺技がキレを増していく。


138【ソフィア2.00】(3) :2019/04/03(水) 23:05:34
「サンダー・リング!!」
「ぐっ…」
 ソフィアの闘気が雷の環となって、鞭先からエイジに向けて放たれる。エイジは間一髪でガードし、太刀が鈍い音を立てた。
「触ってもいいのよ。出来るものならばね」
「何おぉ…」
「ラブ・ラバ――ッ!」
 ソフィアは、豊満な胸元を強調するように、魅惑的な手招きでエイジを誘惑する。ソフィアの体がエイジに触れた瞬間、ソフィアは独楽のように回転して変則的な軌道を描き、四方八方からエイジに体当たりを炸裂させた。ソフィアの究極宝技に、吹き飛ばされ、エイジは力なく宙を舞った。ソフィアが手元に戻した鞭先を掴むのと同時に、エイジは、背中からリングの床に叩きつけられた。

「戦闘強化人間を甘く見たわね」
「強化……人間!?」
「さあ話しておしまいなさい。ショウ・シンジョウの行方を!」
「それさえ分かれば鞭を退くわ。この勝負もあなたの勝ちということで構わない。…もとより大武会なんかに関わりたくはなかったのだから」
(なん……だとぉ!?)
「彼はどこっどこに行けばショウに会えるのっ!?」
「……だから言ったろ。俺も、ずっと捜してるって。だからこそ、この大武会に出場たんだ」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


139【ソフィア0.00】 :2019/04/19(金) 23:09:26
「これは…!」
 原型をとどめないほどに破壊された機材が、その威力を物語っていた。
「うふふ…、よく避けたわね。でも、そうでなくっちゃ。私を、愉しませてくれる?」


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 更新情報 (Res:9)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1幸平@管理人 :2012/03/01(木) 23:54:24
 こちらに更新情報をUPします。

3幸平@管理人 :2012/03/02(金) 22:53:36
 トップページの写真を更新。
 大学4年の頃に乗ってたS14Q。

 既存の掲示板のPASSを忘れてしまったので、
 (しかも、そのときに登録した旧いmailアドは使用不可能にorz)
 今後は、この掲示板をメインで使っていくことにする。

 プロフィール、どうしよう?


4幸平 :2013/02/24(日) 16:35:48
 と言いながら、何だかんだ言って1年近く放置。
 とりあえず気が向いたので、過去車歴なるものを作りはじめてみる。


5幸平 :2013/03/03(日) 00:21:52
 過去車歴にS14とVZ-Rを追加。
 現在5台分公開中。

 No.1 AE111レビン(1)
 No.2 AE111レビン(2)
 No.3 軽貨物ミラ
 No.4 S14Q's
 No.5 ルキノVZ-R


6幸平 :2013/05/03(金) 15:41:05
 TOP画像を茨城空港の展示機(F-4EJ/RF-4EJ)に変更。
 過去車歴のAE111(2)の画像を変更、仕様を追加。


7幸平@管理人 :2015/11/02(月) 21:30:12
 27.11.01の更新内容について

1 TOPの背景をカーボン柄に(試験的に)変更
2 年度明けから作り直しはじめた過去車歴はひと段落
 →3台目のAE111レビンを作り直せば一旦完成
 →インテRとハチロクについては別途コーナーつくるか(AE111も)
3 過去TOP写真のコーナーを追加


8幸平@管理人 :2018/01/15(月) 21:46:19
 鳴海章作品に登場するキャラクターリストを作成
 現在:レディイーグル


9幸平@管理人 :2019/02/11(月) 01:18:44
1.geocities、サービス終了(2019.3.31付)
 →移転先はFC2か?

2.やりたいゲームのリスト
(1)Racing Lagoon
(2)峠MAX G
(3)Optionチューニングカーバトルspec.R
(4)チョロQ3
(5)闘神伝(1~3)
(6)戦闘国家
(7)グランツーリスモ4
(8)KAIDO峠の伝説
(9)首都高バトルZERO
(10)レーシングバトルC1GP
(11)バトルギア3(再生不可→エミュ?)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 個人的なメモ帳 (Res:51)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1幸平@管理人 :2018/01/03(水) 19:46:15
名言録に関する個人的なメモ

#0001(全般)W.チャーチル、政治家(英)
「教育のない人間が名言集を読むのはよいことだ」

44幸平@管理人 :2018/02/28(水) 22:43:15
#0091/(価値観)R.W.エマーソン、思想家(米)
「人間の幸福は、決して神や仏が握っているものではない。自分自身の中にそれを左右するカギがある」

#0092/(価値観)B.D.スピノザ、哲学者(蘭)
「感情のままに左右される人間は、自分自身の主人ではなく、偶然の力に支配される」

#0093/(価値観)J.マーフィー、宗教家(アイルランド→米)
「感情が人の運命を大きく左右していることに気づきなさい。
 感情のコントロールができる人が人間関係の勝利者です」


45幸平@管理人 :2018/03/01(木) 20:41:30
#0094/(兵站論)M.L.クレフェルト――軍事学者(イスラエル)
「戦争という仕事の10分の9までは兵站だ」

#0095/(兵站論)O.ブラッドレー――軍人(米)
「戦略はアマチュアがやるものだ。プロフェッショナルは兵站をやる」

#0096/(兵站論)B.モントゴメリー――軍人(英)
「第二次大戦中、我々の問題の80%は兵站に関するものだった」

#0097/(価値観)松本幸夫――経営コンサルタント(日)
「成功は段取り八分」


46幸平@管理人 :2018/03/04(日) 22:05:28
#0098(報道)アーノルド・ベネット、劇作家(英)
「ジャーナリストは、真実でないとみずから心得ている事柄を語る。
 しかも、それをしゃべりつづけているうちに、真実になるかもしれないと願っている」

#0099(報道)トーマス・カーライル、歴史家(英)
「ジャーナリズムの力は大きい。世界を説得しうるような有能な編集者はすべて世界の支配者ではなかろうか」

#0100(報道)ブリュイエール、作家(仏)
「新聞記者の領分は、たかだか政治についてむなしい臆測を働かせ、人心のおもむくところについて、くだらない当てずっぽをすることにある」

#0101(報道)、本田勝一、新聞記者(日)
「支配する側とされる側、抑圧する側とされる側、搾取する側とされる側…そのどちらを選ぶ記者になるかか問題なのです」


47幸平@管理人 :2018/03/04(日) 22:08:56
#0102(報道)ゲーデ、自然科学者(独)
「言論の自由を呼号するものは、それを濫用しようとする人間のみである」

#0103(報道)三木清、哲学者(日)
「ジャーナリストは公平な批評家であるよりも、むしろ党派的意見の代表者である」


49幸平@管理人 :2018/03/14(水) 21:10:52
#0104(戦略)M.ホフマン、軍人(独)
「タンネンベルグの勝敗は、奉天のプラットフォームで決まっていた」

#0105(安全保障)キッシンジャー、国際政治学者(米)
「国家に真の友人はいない」(※ド・ゴールにも同様の発言あり)

#106(安全保障)M.フーコー、哲学者(仏)
「国民全員を死に晒すという権力は、国民に生存し続けることを保証する権力の裏側に他ならない。
 生き残るためには敵を殺すという、白兵戦の戦術を交えていた原理は、今や国家間の戦略の原理となった」


50幸平@管理人 :2018/03/19(月) 23:27:19
#0107(国家観)ド・ゴール、政治家(仏)
「フランスにおいては、右翼が国家を裏切り、左翼が国民を裏切った」

#108(国家観)F.エンゲルス、社会思想化(独)
「国家は一階級によって他の階級を圧迫する機械にほかならない。これは君主政体においても民主政体においても真実である」

#0109(安全保障)マクマナラ、政治家(米)
「採算が合わない形でしか他国を説得できないなら、その論証には再考の余地がある」

#0110(安全保障)フルシチョフ、政治家(ソ連)
「報道は我々の主要なイデオロギー兵器である」


51幸平@管理人 :2018/04/04(水) 21:15:57
#0111/モーゲンソー、政治学者(米)
「現実主義者は、個人的な精神生活においてはしばしばヒューマニスティックな感情の持ち主である。だからこそ、真実を指差したい衝動に駆られる」


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード