板情報 | 自動車/バイク/乗り物 ]

SV1000 MRワゴン PHASS ツーリング掲示板

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : HPを現在突貫工事中です。(90)
  (全部で1のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 HPを現在突貫工事中です。 (Res:90)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1 名前:管理人 投稿日: 2006/05/15(月) 17:39:06


とりあえず、管理人プロフおよびこのBBSから立ち上げます。

当分の間、暫定的にこのスレにいろいろカキコんでください。

71 名前:ましゅぱぱ 投稿日: 2009/09/30(水) 02:14:40
こんにちは お久しぶりです!
試聴会参加されたみたいですね。3wayいかがでした?
非常に興味があったので一度聞いてみたいです。

話は変わりますが、パラメって調整難しいですね(笑)

72 名前:荘一 投稿日: 2009/10/01(木) 20:26:51
ましゅぱぱさん、お久しぶりで〜す。

そうです、そうです、参加してきました。
試聴会に参加するのはベ○トサウンド試聴会以来でしたが、A650の3wayは他の2way,フルレンジとは
一線を画す音色でした。

店内にあった、試作品の3wayも同じ傾向でしたが、音数の多さを連想させるような
聴こえ方で、特に中高域の余裕のある鳴りかたはやはり3way独特のものであると感じました。

一方で、2wayやフルレンジにあるようなアナログチックな「まろやかさ」や
「温もり感」はやや身を潜めてしまったように感じました。

まあ、10〜15分くらいしか拝聴して無いのでアバウトなことしか言えませんが。。
3wayと2wayを比較して優劣が、どうこう、というよりは、聴く人の音の(好みの)方向性の違い、
と言ったほうが、的を得ているように感じました。

新製品のほうは、車載されたものをまだ聴いていないので、楽しみです。


自分は最近ダイレクトモードで聴く事が多いですよ。
NS2.65のエージングが進んだのか、パラメでいじらなくても音場も下がることなく
ステージも狭まることなく、ピークもそんなに感じずなぜかいい感じで聴けてます。
ネオクラシリーズは意外?にもキレのいい、気持ちのいい低音が出ますので
楽しんでいるところです。
なお、本日、以前使用していたRES6.5を復活(今回はPPコーンで)させようとインストールしなおしましたが
、鳴らしてみてまろやかさはかなりあるものの、全体的なバランスのよさが
NS2.65には及ばず、半日でまた元に戻してしまいました。

暫くホームでエージングさせてからでないと、同じ土俵で比較できないようです。

73 名前:ましゅぱぱ 投稿日: 2009/10/03(土) 15:15:10
こんにちは 
レスありがとうございます。

>特に中高域の余裕のある鳴りかたはやはり3way独特のものであると感じました。
店内でお聞きになった3WAYは、FTで以前に聞いたことがあります。
何ともいえない立体感や、リアル感に感動した覚えがありますが、やはり
2wayでは越えられない壁があるみたいですね。

現在、ツイーターを「AT58」に変更してセッティングしておりますが、今迄のシリーズとは
一線を画す音色は音数が多く、どちらかというと3WAYに近い感じがします。
とはいえ、でかいのでインストールに手こずってますが・・(笑)

今度の11月1日(日)にトヨタ博物館で中部のオーディオショップ主催のイベントがあるのですが、
私もアナログ自作派で参加します。もし愛知に来る機会がございましたら是非寄って下さい。

PPコーンのRES6.5の音色が気になるましゅぱぱでした。

74 名前:荘一 投稿日: 2009/10/05(月) 22:19:43
ましゅぱぱさんこんばんわ。

11月1日ですか〜。まだ予定が未定なので何ともいえませんができれば行きたいですね。

開催時間等詳細をご存知でしたら教えてください。

RES6.5PPコーンですが、エージングなしの状態でNS2.65と聴き比べると
かなり重々しい感じがダイレクトに伝わってきます。
スイフトのドアのほうはしっかりデッドニングしてあるので、サブウーハーみたいに鳴って
楽しいですよ。こんなのもありかな〜と。

75 名前:ましゅぱぱ 投稿日: 2009/10/07(水) 03:06:27
荘一さんこんにちは。

イベントの詳細です。

「Hi-Fi Sound meeting 2009中部」
日時:11月1日(日)9時から16時頃まで
場所:トヨタ博物館 (愛知県愛知郡長久手町大字長湫字横道41-100)

予定が合いましたら是非お立ち寄り下さい。味噌カツでも食べませんか?(笑)

76 名前:荘一 投稿日: 2009/10/08(木) 00:48:14
ましゅぱぱさん、ありがとうございます。
味噌カツいいですねぇ〜。大学時代天白に住んでいましたので、
長久手あたりの地理も大まかなことなら分かります。

愛知は静岡と違い強豪が多いと聞きますので、きっと凄いイベントになるんでしょうね。

77 名前:ましゅぱぱ 投稿日: 2009/10/10(土) 01:10:52
こんばんは

>大学時代天白に住んでいましたので

あの辺りって爆食の店が多いですよね(笑)よく行きました

>愛知は静岡と違い強豪が多いと聞きますので、きっと凄いイベントになるんでしょうね。

全国的だと思いますが、デジタルシステムを組んだ車両が殆どの中で、どこまで
アナログで評価を得られるか、また、来場者の中にもきっとアナログが好きな方も
おられると思いますので、今回参加を決意しました。私にとっては静岡は羨ましいです。

「掲示板管理者へ連絡」欄から私のメールアドレスを送っておきますので、
もし来場出来る様でしたら、ご連絡下さい。

78 名前:荘一 投稿日: 2009/10/11(日) 23:34:14
承知しました。

79 名前:荘一 投稿日: 2009/10/15(木) 23:54:45
皆さんこんばんわ荘一です。

ひょんなことからブログを始めることにしました。

まあ、いつまで続くかは、雌神のみぞ知る、といったところでしょうかw

なお、コメント等は一切受け付けない設定にしてありますので、

バイク、カーオーディオに関するご質問等がございましたら、
引き続きこの掲示板にカキコ願います。


敬具

80 名前:荘一 投稿日: 2009/10/25(日) 15:55:40
昨日、某有名ショップのゲ○ラ試聴会に参加してきました。

聴かせていただいたクルマは20cmフルレンジにRE2というゴージャスな仕様で、
あれでボーカルものを聴いたら最高だろうなと、感じました。

また、店内には新発売のNS3.65が聴けるようになっており、早速自分のオキニのCDを
聴かせてもらいましたが、解像度の高いこと、高いこと。
それでいて、アナログチックな温かみのあるところが健在なのは、やはりK社長の提案する
音なんだなと、再認識いたしました。

雨の天気で、集まりが悪いのかなと思いましたが、そんなことは無く
県外からの方もお見えになっていたようでして、大盛況でした。

昨日はショップの駐車場で開催されたわけですが、個人的には以前のように
東名のSAとかのほうがいいかな〜と思ったりしました。
売店の美味しい食べ物とかたくさんありますし、他の通りすがりの珍しいクルマとか見れますしw

81 名前:荘一 投稿日: 2009/10/26(月) 23:27:18
ましゅぱぱさん、メール送信しておきました。
ご確認ください。

82 名前:ましゅぱぱ 投稿日: 2009/11/02(月) 00:27:14
本日は遠いところ、応援に来て頂きまして有難うございました。
結果は残念でしたが、色々参考になったこともありますし、今後に生かしたいと思います。

しかし流石にいい音させてますね。色々とヒントを頂きましたので
デッドニングも含め再構築する事にします。

又、試聴会開きましょうね(笑)

83 名前:荘一 投稿日: 2009/11/02(月) 00:40:15
おっと、行き違いでオーナーズクラブのほうにカキコしてしまいました。

入賞までには、あと一歩というところでしたが、他のデジタルシステムと比較しても
ましゅぱぱさんのアナログシステムは一線を画すいい音を出していたと思います。

まあ、コンテストというものはメーカーとかショップとかいろんなしがらみがあるので
自作派にとっては風当たりの強い環境ですが、ましゅぱぱさんのクルマを聴いて
PHASSに興味を持ってくれた人も多いと思います。

また、よろしくお願いします。

84 名前:BOM 投稿日: 2009/11/02(月) 23:23:56
ほんとにお疲れ様でした。
遠いところわざわざお越しいただき有り難うございました。
荘一さんのアドバイス大変参考になりました。
次回お会いするときまでには少しでも荘一さんに追いつけるようにがんばりますので、次回も聞いてやってください。

85 名前:荘一 投稿日: 2009/11/03(火) 20:04:33
BOMさんこんばんは。

こちらこそお招きいただきありがとうございました。

自作でやっていると、普段オーディオ談義をする機会はほとんど無いので
貴重な井戸端会議?・情報交換の場はとても楽しかったです。

またよろしくお願いします!

86 名前:荘一 投稿日: 2010/02/09(火) 22:50:54
皆様こんばんは荘一でございます。

PHASSネタではありませんが、先ほどTang Band社製8cmフルレンジW3-1319SAについて
ブログのほうで簡単ではありますが、インプレッションを掲載しました。

ご覧ください
ttp://blogs.yahoo.co.jp/shizuokakenminsite/8453065.html

87 名前:荘一 投稿日: 2011/01/14(金) 20:06:41
皆様ご無沙汰しております、荘一です。

先日、FTトレーディングのHPが更新されまして、
NS2.65AL及び、ES6.5ALが発表されました。
昨日、再びリニューアルされまして6.5インチアルニコフルレンジのFD0790が発表されました。

今回のアルニコフルレンジは、先に発売された10僂汎韻犬フルレンジにしては珍しく上から
下までかなりワイドレンジで鳴るのだそうです。
低域はタイトに、高域はまるでツイーターでも付いてるの?というくらいに音場形成が優れているそうです。
これはすごい。

実はこのフルレンジが商品化されるまでは、かなりの試行錯誤があったようで、思い描くような音色が出ずカットアンドトライの毎日だったそうです。
しかしながらこのFD0790アルニコフルレンジは、近年のネオクラシックシリーズに見られるように、
これまでの混沌としたカーオーディオフィールドの新たなる道標となるべき革新主義を纏うフルレンジドライバーへと変化を果たしたのです。

これはもはや社長の長年にわたる「経験」と「情熱」の集大成とも言えるべき逸品なのではないでしょうか。
最もシンプルなフルレンジだからこそ求められる確かな設計思想、熟練の職人の手による入念な造り込み、
ハイエンドな素材。。
これらが三位一体となったときにこのようなすばらしい芸術的作品ができるのでしょうね。
ぜひ一度、カーだけでなく上質な箱に入れてホームで聴いてみたいものです。

88 名前:荘一 投稿日: 2011/01/15(土) 20:34:16
昨日、書き忘れたことが一つあるので、付け足しておきます。

NS2.65AL,ES2.65ALのほかにER6.5もモデルチェンジしました。
で、今回のモデルチェンジで特筆すべきはミッドバスです。
ER6.5のミッドといえばポリプロピレンやサンドウィッチといった樹脂系のコーンが
今までの常でしたが、今回はESと共通化されていて、ペーパーコーンです。

これはちょっとうろ覚えでまだ確認はしていませんが、確かネオクラシックシリーズと
同じく一品一品熟達の職人の手作りのはずです。ということは音のほうは、、もうお分かりですよね、
他社ハイエンドを脅かすあのナチュラルで抜けのいい、それでいて濃密なあのサウンドのはずです。
ツイーターは以前と同じく13mmシルクドームでネオディミウムマグネット内磁型の
NT13Bを採用しています。

以上のような内容で、お値段はなんと3万円を裕に切っているではありませんか!
これはNS2.65ALやES2.65ALなどと比べると非常にお値打ちな価格になっています。
所帯持ちのサラリーマンでハイエンドオーディオを味わいたいという方には
お勧めの一品です。

これはまさに、「いい音」=「高価」という既成概念を打ち破るブレークスルーです!


話はそれますが、私は、個人的には、「いいもの」だから「高い」という言葉は大嫌いです。
それは、値段が高ければ音の良さは当然期待されることであって、至極普通なことです。
その思考レベルは「安かろう悪かろう」とまったく同一であるといってもいいでしょう。

私が求めているのは、「安い」けど物は「良い」、あるいは「その価格に釣り合わないほどの価値を持ったもの」です。
私は製造業に携わるエンジニアとして日々このことを痛感させられますし、これを実現することこそが
エンジニアの醍醐味であるとさえ感じています。

「安い」から音の「悪い」スピーカー、「高い」から音の「良い」スピーカー、そんなの当たり前でしょ?
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

89 名前:荘一 投稿日: 2011/03/30(水) 22:53:14

皆様こんばんは、荘一でございます。

今日はカーオーディオネタとは少し逸脱しますが仕事の話をしたいと思います。

業務を行うときには必ずその後の「成果」と言うものが求められるのですが、
私の上長が言うにはどれほどの成果を出せるかは、その分野にどれほど精通しているかと
いう要素よりは、むしろどれほどその分野(仕事)に「のめり込めるか」のほうがはるかに
影響が大きいと言うのです。

なるほど、確かにのめり込んでじっくりやれれば自然とその分野にも精通してくるでしょうし
あらゆる熟慮がなされた結果がいい成果として出てくるのは頷けますね。

カーオーディオにしてみても、専門ショップなどで施工する場合、たとえば外部アンプでフロント2wayパッシブのアウター
のシステムを組む場合をとってみても、ショップが効率主義に走り、一台あたりに実質3〜4日しかかけられないような
場合は、その完成度はかなり低いものと言っても過言ではないでしょう。
「今月は数十台やりました」とか「予定がかなり入っていて忙しい」などと繁盛ぶりを謳っているショップを
見ますが、そのようなところは一台にかけられる時間などと言うものは
たかが知れているので、得てして量販店+α程度の音しか得られてない場合が多いです。(実際聴いてみて)
これは非常に残念なことです。
もっと一台一台時間をかけて入念に調整をしてあげなければお客はその「さもない音」が
「いい音」であると、カーオーディオとはこの程度のものがハイエンドであると勘違いしてしまうかも知れません。

・・・ということはさておき
何事においてもやる以上は「のめり込める」ことが非常に重要なんだと感じた一日でした。

90 名前:<削除> 投稿日: <削除>
<削除>

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード