板情報 | アニメ/アニメグッズ ]
ラブライブ!ss総合【転載禁止】
【転載禁止】

削除の基準に関して、基本的にラブライブのss以外のスレは全て削除します

管理人に連絡がありましたら、管理スレに書き込んでください
書き込む前に読んでね | 2ちゃんねるガイド | チャット | FAQ

1 : 穂乃果「中学生になって、男の子になってる!?」ツバサ√(74) / 2 : 千歌「私、男の子になってる!?」果南√(47) / 3 : 穂乃果「安価で町を作るよ!」(919) / 4 : >>2「>>2の3分クッキングの時間だよ!」 PartⅩⅩⅡ(831) / 5 : 【安価・コンマ】名古屋→神戸サイコロの旅【サンシャイン】(189) / 6 : 週刊ほのえり(565) / 7 : テストスレ(244) / 8 : 海未ちゃんミニ四駆SSー特別編ー(139) / 9 : 曜「暮れなずむ空の下で」(27) / 10 : 善子「Black Sheep」(249) / 11 : にこ「安価で孤島から海を制覇するわよ!」(106) / 12 : 梨子ホグワーツSS(2) / 13 : にこ「二人で食べる」穂乃果「あなたと食べる」(694) / 14 : 千歌「夏の思い出」曜「グルメレポート!」(21) / 15 : 海未「江戸の町は華やかですね」(31) / 16 : 過去ログ化依頼スレ(98) / 17 : 千歌「私、男の子になってる!?」鞠莉√(291) / 18 : 海未「私が悪の組織の怪人に!?」(154) / 19 : 穂乃果「超高校級の」千歌「奇跡だよっ!」(557) / 20 : 凛「えっ!?彼氏ができたの?かよちん!」(68)
21 : 花丸「大正浪漫・ミステリートラベル」(65) / 22 : hnk「廃校!?」um「そうだよ」(便乗)ktr「たまげたなあ」(332) / 23 : メメノリさん家のメメリちゃん(607) / 24 : 穂乃果・千歌「異常性癖短編集?」(43) / 25 : 果南「海にひかれるんだよね」(60) / 26 : ラブライブ短編集(64) / 27 : 【安価】穂乃果・千歌「聖杯戦争だよ!!」善子「3日目よぉ!」(463) / 28 : μ'sを三姉妹ずつにしたSS(108) / 29 : SS祭り企画スレ(701) / 30 : にこ「真姫初め」(506) / 31 : 穂乃果「私はだれ?」(105) / 32 : ダイヤ「息抜きにスポーツはいかがでしょうか?」(57) / 33 : 絵里(やだ…恋人のアソコがマキバオーになってる…)(5) / 34 : 【R18】ルビィ「ルビィはビッチなんかじゃないです……」(406) / 35 : >>2「>>2の3分クッキングの時間だよ!」 PartⅩⅩⅠ(1000) / 36 : 千歌「でじたるわーるど?」(209) / 37 : メノ^ノ。^リ 「レズ神様が見てる」 |c||^.-^||(35) / 38 : 千歌「私、男の子になってる!?」善子√(406) / 39 : 千歌「安価で魔王討伐!ハードモード!!」(88) / 40 : SS総合雑談・質問スレ(147) / 41 : 海未「音ノ木喰種√絵」(69) / 42 : 鞠莉「そうcoolに決めるわよ」※μ'sAqoursクロス要素注意(33) / 43 : 善子「ギャルゲー……ね」(129) / 44 : ほのかちゃんねる(277) / 45 : 希「母性本能」(19) / 46 : 音ノ木坂の男性教師(9) / 47 : 絵里「エリーチカの実験コーナー!」(24) / 48 : 「安価で恋を叶えて!」Ver. μ's(53) / 49 : 穂乃果「Aqoursの皆と戦うよ!」(30) / 50 : 梨子「 天使になりたい! 」(223) / 51 : 穂乃果「天使と私の3日間」(70) / 52 : 千歌「μ's第77期オーディション…!」(240) / 53 : 穂乃果「安価で町を作るよ!」★2(1) / 54 : 【R18】善子(うわ……っ、マリーのチンポ大きすぎ///)(25) / 55 : ようりこ短編SSスレ(455) / 56 : 「これは、とある異世界の、とある少女たちの物語――」(131) / 57 : 海未「あなたはアンドロイド」穂乃果「人間とは」(413) / 58 : 曜ちゃんとナース梨子ちゃん(462) / 59 : 穂乃果「Youtuber?」(18) / 60 : 海未「三人の在り方」(180)  (全部で102のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 穂乃果「中学生になって、男の子になってる!?」ツバサ√ (Res:74)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1名無しさん@転載は禁止 :2017/08/18(金) 18:21:07 ID:XaCrBlqs
おまけです。短めです。

65名無しさん@転載は禁止 :2017/09/25(月) 23:20:28 ID:3roNuYsY
穂乃果「むぐ…」

ツバサ「ほら、早いうちにちゃんとやる」

穂乃果「ふぁ〜い…」

ーーー

穂乃果(とは言っても、中学生レベル。これくらい……う、うん。大丈夫だよ、うん…)

ツバサ「分からないところとかない?」

穂乃果「う、うん。大丈夫」


66名無しさん@転載は禁止 :2017/09/25(月) 23:36:53 ID:3roNuYsY
ツバサ「ふ〜ん…」ズイッ

穂乃果「……な、なに?」

ツバサ「いや、今の中学生って、どんな勉強してるのかな〜って」

穂乃果「そ、そっか」

穂乃果(急に近くなるからびっくりした…)

フワッ…

穂乃果「……」

穂乃果(…いい匂い)

穂乃果(やっぱり…ツバサさんって…可愛いんだよね)

穂乃果(A-RISEのリーダーで……魅力もあっただろうし)

穂乃果「……?」

穂乃果(あ、あれ、あそこが……なんか……)


67名無しさん@転載は禁止 :2017/09/25(月) 23:58:02 ID:3roNuYsY
ツバサ「……! あら…?」スッ

穂乃果「……っ!」ビクッ

ツバサ「これはなにかしら…?」サスッサスッ

穂乃果「っ、ツバサ…ねーちゃ……なにしてっ…」

ツバサ「そっちこそこんなにしちゃって……どうしたの?」

穂乃果「うっ、う……」

ツバサ「これじゃ、宿題に集中できないわね…」スッ…ジィィ…

穂乃果(ふ、ファスナーおろして…)

ボロンッ、ビンッ!!

ツバサ「ふふ……」

穂乃果「うわっ、ツバサさ…」

ツバサ「おねーちゃん、でしょ…」クリクリッ

穂乃果「ひうっ……!」ビクッ!


68名無しさん@転載は禁止 :2017/09/26(火) 00:10:19 ID:8IpLM6pU
ツバサ「イケナイ子ね、真面目にお勉強してる時に、こんなにしちゃって…」シコシコッ

穂乃果「あっ、あっぁ、ツバサさっ……!」

ツバサ「お・ね・え・ち・ゃ・ん」ギュッ

穂乃果「うああっ……!」


69名無しさん@転載は禁止 :2017/09/26(火) 00:16:05 ID:1lfIxMVY
イケるやん!


70名無しさん@転載は禁止 :2017/09/26(火) 00:17:15 ID:8IpLM6pU
ツバサ「ほら、勉強再開するために、早く頑張って射精して……♡」シコシコッ

穂乃果「うっ、つ、ツバサ……おねえちゃん……」ウルウル

ツバサ「……っ!」ゾクゾクッ

ツバサ「…ほら、特別。おねえちゃんのおっぱい、見せてあげる……そんなに大きくないけど」ピラッ

穂乃果「ふ、へ……?」

ツバサ「ほら、好きに……見ていいし……触ってもいいわよ?」

穂乃果「……」ハァー、ハァー

穂乃果「あ、んむっ……」カプッ

ツバサ「ん、んん……!?」ピクッ

穂乃果「ん、んちゅ……」チュパッ、チュルッ


71名無しさん@転載は禁止 :2017/09/26(火) 00:22:54 ID:8IpLM6pU
ツバサ「ふ、ふふ……おっぱい吸って……赤ちゃんみたいね…♡」シコシコッ

穂乃果「あっ、ぁっ……!」ビクッ

ツバサ「いきそう?でそう? いいわよ、好きな時に出しなさい? おっぱい舐めておちんちんイジメられて射精しちゃうところ、見ててあげるから……!」シコシコッッ!!

穂乃果「あ゛っ、でっぅ……!」ビグッ!

ビュリュッ!ビクュッ!!

ツバサ「わっ、はは……♡」

穂乃果(……)ハー、ハー、ハー


72名無しさん@転載は禁止 :2017/09/26(火) 00:34:51 ID:8IpLM6pU
ツバサ「んもう、手、ベトベト……」ペロッ

ツバサ「でも、これで収ま……」ぐいっ

ドサッ!

ツバサ「えっ、穂乃果……?」

穂乃果「……」クチュッ

ツバサ「ふぁっ……!」ビクッ

穂乃果「……ツバサおねえちゃんだって、もうこんなグショグショじゃん」

ツバサ「そ、それは……」

穂乃果「……いいよね??」

ツバサ「え……」

穂乃果「いれても」

ツバサ「……!? ま、待って穂乃果、それは……!」

ズニュッ!

ツバサ「コッ……!?」ビクッ

穂乃果「うっ、ぁ、きっつ……!」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


73名無しさん@転載は禁止 :2017/09/26(火) 00:45:46 ID:8IpLM6pU
ひとまずここまで。


74名無しさん@転載は禁止 :2017/09/26(火) 03:20:23 ID:G3B7kSYs
ほんとすき


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 千歌「私、男の子になってる!?」果南√ (Res:47)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 11:23:10 ID:hxtpMx1.
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/anime/10627/1490370600/-100

138レス目の果南フラグからの続きです。

38名無しさん@転載は禁止 :2017/09/25(月) 23:41:54 ID:3roNuYsY
千歌「……なにする?」

果南「んー。何も。決めてない」

千歌「そっかー」

果南「……ねえ。今更なんだけどさ」

千歌「ん?」

果南「……千歌って彼女とかいないの?」

千歌「……え? いないよ?」

果南「…そっか。じ、じゃあさ、好きな人……とか」

千歌「……いない、けど」

果南「……そっかぁ」

果南「…ね、千歌 」

千歌「うん?」


果南「私と…付き合わない?」

千歌「……へ?」


39名無しさん@転載は禁止 :2017/09/25(月) 23:54:20 ID:3roNuYsY
果南「ほ、ほら、私、そこそこ顔も悪くは……ない、でしょ?」

千歌「…可愛いと思うけど」

果南「ばッ……!? ヴっ、うんっ! ……スタイルだって自信あるし…」

千歌「……果南ちゃん」

果南「……っ、〜…!」バッ

千歌(!?)

なにをおもったのか、果南ちゃんは上着を脱ぎ捨て、上半身下着だけの姿になっていた。

千歌「な、なにしてっ……」

果南「ほ、ほら、私、千歌になら、見せたって……平気だから…」プルプル

果南「おねがい……」ムニュッ

千歌「うわっ、ちょっ……!?」

果南「私に何してもいいから…」

千歌「わ、わ、っ、ちょっと……!」

千歌(あれ、こ、こんなに柔らかかったっけ……!?)


40名無しさん@転載は禁止 :2017/09/26(火) 00:08:16 ID:8IpLM6pU
果南「ね……いい、でしょ……?」

千歌「っ、ぐっ……!」

こんなの…こんな事されて……。

千歌(我慢できるかっ……!)

ガバッ!

果南「あっ、はぁ……♡」

千歌「……!」フッー、フッー

果南「襲う?襲っちゃう? いいよ、好きに…して……♡」

千歌「っ……!」

くそっ……!

千歌「……!」ブルンッ

果南ちゃんのブラに手を伸ばし無理やり外す。

千歌(やっぱ大きいな……!)

それを両手いっぱいに収めて揉みしだく。

果南「あっ……♡」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


41名無しさん@転載は禁止 :2017/09/26(火) 00:15:30 ID:XaPKU9kU
やべえよ、やべえよ…


42名無しさん@転載は禁止 :2017/09/26(火) 00:20:20 ID:8IpLM6pU
今回はここまで。


43名無しさん@転載は禁止 :2017/09/26(火) 00:31:13 ID:Ec0EPyc6
うわあああ


44名無しさん@転載は禁止 :2017/09/26(火) 00:44:54 ID:AJGeDrD2
痴女やんけ!


45名無しさん@転載は禁止 :2017/09/26(火) 00:47:18 ID:jfA0guyo
とうとう爛れた性生活が…


46名無しさん@転載は禁止 :2017/09/26(火) 01:08:23 ID:WAF3zfSo
果南ちゃんえっっっろ


47名無しさん@転載は禁止 :2017/09/26(火) 08:17:44 ID:ua6OW5mE
積極的で大変エロスなんだけど行為に至るまでじっくりねっとりした描写みたいなあったらもっと嬉しい


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 穂乃果「安価で町を作るよ!」 (Res:919)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1名無しさん@転載は禁止 :2017/04/07(金) 09:03:36 ID:yOalPPig
舞台はファンタジー世界
μ'sの9人が魔王を倒したという設定
その後9人は大陸各地に派遣されて戦後の復興をするという内容
パクリです
書きためなし
超絶まったり
 
穂乃果「魔王を倒してゆっくりできると思ったのにどうしてこうなった…」
 
穂乃果「でも、戦争は終わっても皆が安心して暮らせないと意味ないよね!」
 
穂乃果「ファイトだよ!!」
 
穂乃果のステータス
剣士lv10
特技:剣技全般、水泳、和菓子作りなど
技:かえんぎり(炎属性の斬撃)、太陽の剣(太陽の力を宿した必殺の一撃、雲を消し去る事もできる)など
 
派遣された地域(安価下1)
 
1…平原
2…海岸
3…森林
4…高山
5…砂漠
6…氷雪
7…孤島
8…旧魔法都市
9…魔王城
 
サポートキャラ
都への買い出しや女王への依頼など
μ's以外で1人(安価下2)

910ID:yOalPPig :2017/09/23(土) 21:40:17 ID:LoHcfyKE
 
雪穂「社長さんだったんですか!?」
 
おっちゃん改め土木社長「そんなかてえもんじゃねぇよぉ、誰かがやらねぇといけねぇからやってるだけで…」
 
ツナギ着た女改め操縦士「そんな事いって、パパについてきたいって人はたくさんいるんだから」
 
ぐるぐる眼鏡の女改め測量士「お父さんは…頑張ってる」
 
土木社長「よせやいっ、誉めてもなんにも出さねぇぞ/////」カァッ
 
メット被った女改め施工管理士「はっ!何照れてやがんだクソ親父」ケッ
 
土木社長「てめえはもっと親を敬え!」ポカッ イテエ…
 
施工管理士「ふんっ!」
 
操縦士「あぁ…メットあるのに殴ったらそりゃ痛いよパパ」
 
測量士「お父さんは…おちゃめ」
 
雪穂「あははは、でも…社長さんなのに現場に出られてるんですね?」
 
土木社長「あぁ、椅子に座ってふんぞり返ってるのは性に合わねえからなぁ…」ポリポリ
 
土木社長「それはそうと、土木女子つったっけか?」
 
雪穂「は、はい…」
 
土木社長「こいつらの中から一人、持っていっていいぞ!」どどん!
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


911名無しさん@転載は禁止 :2017/09/23(土) 22:32:42 ID:451edCSw
3かな


912名無しさん@転載は禁止 :2017/09/23(土) 23:16:02 ID:m03JRo0c
1でまきちゃんに「まきちゃん!まきちゃんザウルス貸して!」

間違えてにこスレの方に書いちゃったテヘペロ


913名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 00:39:03 ID:B/hyp7TM
基盤整備で1にしたい所なんだけど
汎用性考えて2かなー


914名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 10:15:39 ID:VH4.vZ2.
3かな


915名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 16:18:18 ID:cERkW5f6
じゃあ3


916名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 17:14:28 ID:RcXGqLkA
2!


917ID:yOalPPig :2017/09/24(日) 18:36:11 ID:Y1LGsePQ
王都
テクノロジー専門店
重機コーナー
 
ウィーン
シャーセー
 
雪穂「施工管理士さんも重機扱えるんですねぇ」
 
施工管理士「現場監督は一通りできないとだからな」
 
施工管理士「で、予算はどれくらいなんだ?」
 
雪穂「えっと…これくらい…ですかね」電卓タタタタン
 
施工管理士「小型の魔導式ユンボ一台くらいか…私としても難しくなくていいか」
 
雪穂「やっぱり大きいのだと…」
 
施工管理士「姉貴にしか無理だな、あのなんとかザウルスだって扱える」
 
雪穂「操縦士さんって凄いんですね…」
 
施工管理士「妹も、見ただけで物の長さがだいたいわかっちまう」
 
雪穂「測量士さんも凄い…」
 
施工管理士「私にはなんにもないぜ?ホントに私なんかでよかったのか?」
 
雪穂「はいっ!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


918ID:yOalPPig :2017/09/25(月) 21:54:32 ID:ZpWyqCtg
ちょっと忙しくて遅くなってます(ノ;>_<;)ノ


919名無しさん@転載は禁止 :2017/09/25(月) 23:49:36 ID:kr/29ijI
大丈夫よー


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 >>2「>>2の3分クッキングの時間だよ!」 PartⅩⅩⅡ (Res:831)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1 ◆WsBxU38iK2 :2017/08/05(土) 20:06:21 ID:fc15iRYo
安価スレのようなそうじゃないよう
なSSスレ


前スレ(PartⅩⅩⅠ)
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/anime/10627/1496660857/

前前スレ(PartⅩⅩ)
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/anime/10627/1491735745/

前前前スレ(PartⅩⅨ)
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/anime/10627/1487495156/

前前前前スレ(PartⅩⅧ(再々))
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1486897355/

822 ◆WsBxU38iK2 :2017/09/25(月) 21:21:30 ID:bY/E75TM

空黒雪姫「はぁ……ぐっ……」

空黒雪姫(その通りだ、今の姫は便利な力は使えない、氷を操ることも死に関する呪詛をかけることもできない)

空黒雪姫(絨毯を染めるための塗料も見つからない、だから自分の血を使うのだ)

空黒雪姫(赤の舞台の鮮烈な赤とは違い、姫の体に流れる血は黒に近いくすんだ赤)

空黒雪姫(こうして垂らして染めれば絨毯は染み込み乾く血で黒く染まっていく)


シュルルルッ パッ

空黒雪姫(よし!赤の足枷が解けた!)

タタタッ

赤の聖女「いい作戦ね、でも貴女1人の血では赤の舞台を覆い尽くすほどの量は得られない」

赤の聖女「失血して動けなくなるのがオチだと思うけど」

空黒雪姫「わかってる!1回分じゃ足りないのなんて!」


ダンッ!

空黒雪姫(包丁片手に全身を切りつけながら走り周り、ドクドクと流れる血を撒き散らしていく)

空黒雪姫(そして視界が霞みはじめ、意識がなくなりかける直前に……)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


823 ◆WsBxU38iK2 :2017/09/25(月) 21:21:47 ID:bY/E75TM
空黒雪姫(最後に首から血を噴射して死んだ姫は……次の瞬間には復活!)

シュルルルッ

空黒雪姫「……ほっ!」

スタッ


空黒雪姫(予定通り……)

空黒雪姫(姫が蘇生する時、形を残してる肉片レベルなら体に戻ってくるけど、布に染み込んだりして簡単に戻ってこれない物はまた内部生成される)

タタタッ

空黒雪姫(血を流しながら走り回り動けなくなる直前に自死して復活、これを繰り返せばそのうち部屋は姫の血で埋まる)

空黒雪姫(なんとか……なんとかこの作戦を貫き通すしかない!!)


赤の聖女「困ったわ、こう汚され続けると黒雪姫の居場所が掴みにくい」

赤の聖女「ずっと追い詰め続けてればそのうち白狼王の作戦が発動するけど……」


赤の聖女「このままジワジワ追い詰めるか、もしくは切り札を切って一気に罰の執行をするか……か」

赤の聖女「私の選択は……>>824


824名無しさん@転載は禁止 :2017/09/25(月) 21:31:56 ID:cCPjcYFE
一撃で存在を消すことにした


825 ◆WsBxU38iK2 :2017/09/25(月) 22:22:05 ID:bY/E75TM
赤の聖女「……そうね、長引かせても仕方ないし一撃で存在を消すことにするわ」


空黒雪姫「……っ!?」


スーーッ 

空黒雪姫「……なに……これ」

空黒雪姫(さっきまでビンビンに感じていた赤の聖女のオーラが感じ取れなくなっていく)

空黒雪姫(自分で力の放出を抑えている……?)

ザッ

空黒雪姫(足を止めても絨毯から赤の拘束は飛んでこない、姫の頭を飛ばした攻撃もこない)

空黒雪姫(まるで津波の前に波が引くような……不気味な静けさが漂っている……)


赤の聖女「神力解放」

キィィィィィィンッ!

空黒雪姫(言葉と共に赤の聖女の体が眩い赤い光に包まれる)

空黒雪姫(その光は段々と甲冑の内部、聖女の下腹部へと凝縮されて行き――)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


826 ◆WsBxU38iK2 :2017/09/25(月) 22:23:04 ID:bY/E75TM


ズルリ


ズルリ


空黒雪姫(赤い光が収まり、再び薄暗い闇が支配する厨房)

空黒雪姫(そこでは巨大な蛇が這いずる音が響いていた)


空黒雪姫「な……なんなの……?」


赤の聖女「怯えることは無いわ、この子は私が能力で産み出した可愛い子供よ」

赤の聖女「そして……貴女に終わりをもたらすものでもある」

空黒雪姫「……っ!」


空黒雪姫(クネクネと赤の聖女を包み込むようにとぐろを巻く巨大な蛇)

空黒雪姫(その蛇は>>827)


827名無しさん@転載は禁止 :2017/09/25(月) 22:35:51 ID:O4KgPhYU
こちらを睨み付けると、私の下半身を再生不能に灰化した


828 ◆WsBxU38iK2 :2017/09/25(月) 23:00:08 ID:bY/E75TM
空黒雪姫(その蛇がこちらを睨みつけると姫の下半身は一瞬で石化)

ピキッ

空黒雪姫「……え?」

空黒雪姫(そして驚く暇もなく石化した足にヒビが入り……粉々に砕け散る)

ピキピキッ! バキィィィンッ!!!!


空黒雪姫「うわぁぁっ!」

バタァァンッ!

空黒雪姫(上半身だけになった姫はそのまま床へ落ちる、いったい……何が起こったの……?)

空黒雪姫(下半身が石になって、一瞬で風化、自重を支えきれないほど脆くなった下半身は砕け散った)

空黒雪姫(そして今……下半身は灰と言っても違和感がないほど粉々の粉末になっている……)


ググッ

空黒雪姫「その蛇の……力……!?」

赤の聖女「正解、この子はゴルゴーンの蛇」

空黒雪姫「ゴル……?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


829名無しさん@転載は禁止 :2017/09/25(月) 23:25:45 ID:cCPjcYFE
灰化は止まらない


830 ◆WsBxU38iK2 :2017/09/25(月) 23:45:23 ID:bY/E75TM
赤の聖女「愚問ね、一度石化の呪いが発動したらそれに伴う灰化は止まらない、やがて全身が灰となるわ」

赤の聖女「ゴルゴーンの蛇が倒されるか、私が任意で解かない限り呪いが解けることはない」

赤の聖女「石化された部位を無理に動かすほど灰化は早まるから、どれくらいの時間で灰になるかはあなたの足掻き方次第だけど……」

赤の聖女「まぁ、もう長くは保たないわね」


空黒雪姫「くっ……」グッ

赤の聖女「全身が灰になったら瓶詰めにでもして保存、そのまましばらく保管ね」

赤の聖女「体が無いのに意識だけはある状態での監禁、罰としては充分じゃない?」

赤の聖女「そして充分に反省して罰が完了したら出してあげるわ、何十何百年先になるかは分からないけど……ふふっ」


空黒雪姫「こ……のぉおおおっ!!」

バララララッ!

空黒雪姫(叫べば叫ぶほど自分の体が崩れていくのが分かる、でもやめることはできない)

空黒雪姫(せめて……最後まで抗ってやる……!)


空黒雪姫「うぁああああああああああああっ!!」


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


831 ◆WsBxU38iK2 :2017/09/25(月) 23:46:42 ID:bY/E75TM
というわけでここまで

結界を展開する前にもう1つ別のシーンを挟みたい
てなわけで次は別のとこから

新終末編『171』に続く
かもしれない


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 【安価・コンマ】名古屋→神戸サイコロの旅【サンシャイン】 (Res:189)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1 ◆cQMUjyyGHU :2017/08/21(月) 20:43:52 ID:JXRlF/ZY
SS速報VIPから移転してここで仕切り直します。コンマ時々安価でサイコロの旅をしてライブ会場に向かいます。次レスから本編

180 ◆cQMUjyyGHU :2017/09/22(金) 10:43:58 ID:mRn1YxKw
12:45 札幌駅前発 丘珠空港行

13:15 丘珠空港着

果南「ホントに空港が2つあるんだね」

千歌「知らなかったなー」

14:00 丘珠空港発 FDA174便 静岡空港行

15:50 静岡空港着


181 ◆cQMUjyyGHU :2017/09/24(日) 16:12:14 ID:HWmB1mNs
16:10 静岡空港

千歌「ひとまず北海道は出られたね」

ダイヤ「さあどんどん進みますわよ!」

第十八の選択 静岡空港
①三度スタート地点へ 名古屋
②じもあい! 沼津
③今度こそゴールだ 大阪
④ひとまずバスで 静岡駅
⑤高速バス乗り継ぎで 東京
⑥もう一度空へ FDA149便 福岡空港


182 ◆cQMUjyyGHU :2017/09/24(日) 16:14:16 ID:HWmB1mNs
善子「げ、まだ飛行機あるの?」

千歌「もうこりごりだよー……」

誰がサイコロを振る? ↓1


183名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 16:27:37 ID:IXYhKwdY
私に任せてくださいまし


184 ◆cQMUjyyGHU :2017/09/24(日) 16:51:50 ID:HWmB1mNs
ダイヤ「私がいきますわ!」

果南「おーダイヤがやる気だよ」

なにがでるかな♪なにがでるかな♪

ダイヤ「ハイッ!」

出た目
↓1の秒数1桁目
7〜0の場合は下を採用


185名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 17:38:19 ID:5bNMwu.M
黒澤家にふさわしいのは勝利のみ!


186名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 17:53:09 ID:KeqkRP5U
|c||^.- ^|| ぷっぷーですわ


187名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 18:45:13 ID:xD2Lm9aM
ダイヤッホー!


188 ◆cQMUjyyGHU :2017/09/24(日) 23:50:49 ID:CxiV/HJM
『3』

千歌「さすがダイヤさん!」

ダイヤ「このくらい当然ですわ」ドヤァ

果南「ダイヤがすごく調子に乗ってる」


189 ◆cQMUjyyGHU :2017/09/25(月) 00:16:26 ID:f0NGGAvE
16:35 静岡空港発 島田駅行

17:00 島田駅着
17:29 島田発 普通 浜松行

18:14 浜松着
18:36 浜松発 ひかり481号 岡山行

20:00 新大阪着


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 週刊ほのえり (Res:565)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1チョコレートの代償 :2017/02/19(日) 18:43:52 ID:5vyI1Ps2


絵里「あと10周!」タッタッタッ

穂乃果「うぇ~!もう無理だよぉー」ハァハァ

絵里「だ、ダメよ!頑張りなさい!」

穂乃果「はぁーい」タッタッタッ


ーーー


穂乃果「ぜぇぜぇ」グッタリ

絵里「次は筋トレね」ニコニコ

穂乃果「ぜぇぜぇ」ギロッ

絵里「うっ」ビクッ

穂乃果「もう、動け、ない、よ・・・・・・」ハァハァ

絵里「そんなこと言ってても、体重は減らないわよ?」

556名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 18:51:13 ID:..ewsT2s


ーーー


ガラッ

穂乃果「あっ、まだお湯温かった?」

絵里「ええ。さっぱりしたわ」フキフキ

エリカ「・・・・・・」ジーッ

絵里「あら、起きたのね」

穂乃果「ついさっき、起きたんだよねー」ニコニコ

エリカ「・・・・・・」ジーッ

穂乃果「あれ?」ポカン

絵里「どうしたの?」

穂乃果「いつもは、穂乃果が笑うと一緒になって笑ってくれるんだけど」

絵里「機嫌でも悪いのかしら」

穂乃果「それだったら、泣くと思う」

絵里「それなら・・・・・・」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


557名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 18:52:10 ID:..ewsT2s

穂乃果「絵里ちゃんが気になるの?」

絵里「えっ?」

穂乃果「ちょっと絵里ちゃん、こっちに来てくれる?」

絵里「ええ。いいわよ」テクテク

エリカ「・・・・・・」ジーッ

穂乃果「ほらー」ムスッ

絵里「いつも穂乃果と一緒だから、珍しい人だと思われているのかしら」アセアセ

穂乃果「それはないと、思うけど」アセアセ

絵里「ちゃんと覚えてくれないと、泣いちゃうわよ?」

エリカ「あっ、あっ」パクパク

絵里「よく見て、しっかりと覚えて」ズイッ

エリカ「えぃちゃっ、えぃちゃっ」

絵里「ん?」

穂乃果「これだよ! エリカが喋ってた言葉ッ!」

絵里「なんて言ってるのかしら」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


558名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 18:53:13 ID:..ewsT2s

穂乃果「ねえ、エリカちゃん? もう1回喋って」ニコニコ

エリカ「あっ! あっ!」ニコニコ

絵里「うーん、そう都合良くは」

エリカ「えぃちゃっ! えぃちゃっ!」

穂乃果「あっ! もしかして」

絵里「分かった?」

穂乃果「”絵里ちゃん”って、言ってるんじゃない?」

絵里「・・・・・・本当に?」

穂乃果「たぶん」

絵里「そう言われると、聞こえなくもない気も」

穂乃果「そうだよ! だって、穂乃果もお母さんも”絵里ちゃん”って呼んでるから、覚えちゃったんだよ!」

絵里「・・・・・・よく考えると、誰も”ママ”とは言ってないわね」

穂乃果「・・・・・・」


559名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 18:55:12 ID:..ewsT2s

絵里「ふふっ、嬉しいわ」ニコニコ

穂乃果「ぅ絵里ちゃん! これから穂乃果の事は、ママって呼んで!」

絵里「別に焦らなくても」アセアセ

穂乃果「ダメだよ! お母さんとお父さんにも頼まなきゃ!」

ガラッ

穂乃果「お母さーん! お父さーん!」タッタッタッ

バタン

エリカ「・・・・・・」ジーッ

絵里「どうしても、ママって呼ばれたいのね」

エリカ「??」キョトン

絵里「マ、マ」

エリカ「えぃちゃっ、えぃちゃっ」パタパタ


おわり


560名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 18:57:58 ID:..ewsT2s
次回予告
「新・スクフェス時空」

「新しいおはぎ」

>>553
また来週からいろいろ書いていくので、良ければ一読してみてください。


561名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 19:23:35 ID:vGfJuLk2
今週もおつおつ
絵里が家にいないときも絵里ちゃん絵里ちゃん言ってたのを聞いてたんだろうなぁ

自分はエリカちゃんネタも好きだから気が向いたらまた続き書いてほしい
もちろん普通の短編も楽しみだけど


562名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 21:22:08 ID:pUIZPUo.
>>560
すみません、いつも楽しみに読んでます


563名無しさん@転載は禁止 :2017/09/25(月) 00:16:35 ID:G94.rd0Y
エリカちゃん可愛すぎる…
きっと穂乃果ちゃんの影響なんだろうなあ


564名無しさん@転載は禁止 :2017/09/25(月) 00:18:11 ID:93AIgOpA
高坂家はお母さん呼びだったが絢瀬家はどう呼んでたんだろ?


565名無しさん@転載は禁止 :2017/09/25(月) 00:37:16 ID:lQf4FpjQ
絵里SIDではママだった


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 テストスレ (Res:244)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1名無しさん@転載は禁止 :2015/05/27(水) 08:01:48 ID:WdxejVNA
テスト

235名無しさん@転載は禁止 :2017/08/19(土) 03:36:00 ID:a.u2Gpf.
てす


236 ◆cQMUjyyGHU :2017/08/21(月) 20:30:04 ID:JXRlF/ZY
テスト


237 ◆ib.fcgBgzQ :2017/08/26(土) 23:04:57 ID:25KGrdis
テスト


238名無しさん@転載は禁止 :2017/08/28(月) 09:23:13 ID:3taRz4yA
♡♡♡


239名無しさん@転載は禁止 :2017/08/28(月) 09:39:58 ID:3taRz4yA
Happy♡End


240名無しさん@転載は禁止 :2017/09/01(金) 22:36:51 ID:HYpPX1tg
テスト


241名無しさん@転載は禁止 :2017/09/11(月) 15:03:45 ID:N6mwtfMU



242名無しさん@転載は禁止 :2017/09/11(月) 15:06:01 ID:N6mwtfMU



243名無しさん@転載は禁止 :2017/09/11(月) 15:07:57 ID:N6mwtfMU
最後
☢ฺ


244名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 09:55:13 ID:gvNqWIV.
うんち


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 海未ちゃんミニ四駆SSー特別編ー (Res:139)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1名無しさん@転載は禁止 :2017/06/24(土) 06:20:42 ID:mHG.gtFU





<競合3社レース、第三セクション・アンカー戦 >







善子「くは…………がッ…………… 」





ズリ……………ズザアァ……………









善子「あ……………と…………少し……………ッ 」







曜「ハァ、ハァ…………! マックスッ!!」


ルビィ「ソニックちゃあ……!急いでぇっ!」




130名無しさん@転載は禁止 :2017/07/28(金) 17:24:17 ID:eLkaNJq2
24歳、レーサーです


131名無しさん@転載は禁止 :2017/07/31(月) 16:13:27 ID:0Mwzh75I
別件でちょっと更新あくかもです、すいません!
穂乃果達2年組が19~20です
雪穂達は高3です


132名無しさん@転載は禁止 :2017/08/01(火) 21:13:08 ID:5ifP2IB6
マイペースで頼む


133名無しさん@転載は禁止 :2017/08/02(水) 02:28:01 ID:dUQySjEU
>>131
サンクス


134名無しさん@転載は禁止 :2017/09/09(土) 23:20:00 ID:Tq00/GNU
エタったか残念


135名無しさん@転載は禁止 :2017/09/20(水) 01:34:16 ID:WjtimTs.
一年は待てる


136名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 08:13:54 ID:og0OEFVY
待たせてすみません色々やってて後回しになってしまいました!サンシャイン放送中には再開したいです
エタだけはしたくないので気長に待ってて貰えると助かります


137名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 10:41:52 ID:wAeA9VMk
生存報告ありがとう!
気長に待てるクオリティなので、自分のペースでお願いします!


138名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 21:23:29 ID:KD41xsTo
待ってる


139名無しさん@転載は禁止 :2017/09/25(月) 21:08:32 ID:9qXGfZns
おぉ~乙乙


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 曜「暮れなずむ空の下で」 (Res:27)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 01:43:31 ID:jCt29wWw
鞠莉「あんまり泣くとチュウしちゃうわよ?」
http://fate.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1504939198/

上記スレ(及びその避難先)で書いていたSSの加筆修正です
また、宙ぶらりんにしていた分岐ルートについても書きたいと思います

18名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 01:55:45 ID:jCt29wWw
鞠莉「…」ギュ

曜「まり、ちゃ…」

鞠莉「言わなきゃ伝わらないけど…言葉だけでも伝わらない、よね」

曜「あっ…」ジワッ

鞠莉「待たせてごめんね。寂しくさせて…こんなことする資格なんてないと思うけど、でも…」

曜「うっ…ぐっ、うぅ…」ポロポロ

鞠莉「ごめん、ごめんね…!」

曜「うんっ…うんっ…!」ギュウウ

鞠莉「うっ…くっ…」ポロポロ


19名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 01:56:13 ID:jCt29wWw
…………………

曜「今更だけど、誰もいなくてよかったよね。見られてたりしたら、なんかさ」

鞠莉「本音を伝え合う状況としては、そうね。人が居たんじゃ言いたいことも言えないわ」

曜「私たちのぶっちゃけトークスポットだしね」

鞠莉「我ながら、いい場所を選んだでしょ?」

曜「さすが鞠莉ちゃん先生です、お見それしました。なんてね、えへへ」ニコ

鞠莉「ふふっ」ニコ


20名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 01:56:35 ID:jCt29wWw
鞠莉「夕焼け、綺麗だね」

曜「うん…正直、夕陽って寂しいイメージがあったんだけどね。太陽が持つもう一つの表情って気がして、今は好き」

曜「その日にあった楽しいことも、辛いことも、全てを優しく包んでくれそうで」

鞠莉「へぇ、曜って意外と詩人なんだ?」

曜「そこはロマンチストって言ってよ。あ、言わなくていいや…恥ずかしいし」

鞠莉「ふふっ」

曜「ふふっ」


21名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 01:57:14 ID:jCt29wWw
曜「――知ってる?ここってさ、デートや告白に使う人が多いんだって」

鞠莉「ええ、聞いたことある」

曜「ん…」グッ

鞠莉「曜?」

曜「私はね。あの日以来、ここは特別な場所だって思ってるんだ」

鞠莉「不器用な私を、鞠莉ちゃんが優しく受け止めて、包んでくれた。始まりの場所だって」

鞠莉「うん…」

曜「で、えっと…今日はもう一つ、特別な想い出を増やしたいなっ」

鞠莉「それって、もしかして…」

曜「その…さっきの仕切り直し、しない?」

鞠莉「あ、ぅ…!」

鞠莉(思い返したら、急に緊張が…!)カァァ


22名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 01:58:40 ID:jCt29wWw
曜「鞠莉ちゃん…」ハグッ

鞠莉「ひゃぁっ…!?」ドキッ

曜「さっきのって、鞠莉ちゃん流よやり方で、落ち込む私を元気付けようとしてくれてたんだよね?」


鞠莉『あんまり泣くとチュウしちゃうわよ?』


鞠莉「ええ、うん…」

曜「私も悪いのはわかってるし、鞠莉ちゃんは来てくれて、抱きしめてくれたけれど…」

曜「さっきまで凄く、すっごく寂しかったから…」エヘヘ

鞠莉「…っ」ドキドキ

曜「だからね、だから、その――」

曜「――鞠莉ちゃんから『元気』が欲しいなぁ」


23名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 01:59:07 ID:jCt29wWw
この日、この場所から。
また、曜との新しい関係がスタートした。

色々あったし、成り行きが成り行きだから、あんまり自慢できないかっこ悪いスタートになっちゃったけど…

でも、きっとこれも私たちらしくて、いいよね?


24名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 02:01:21 ID:jCt29wWw
鞠莉逃走ルート 終わり

今後は>>5の他の選択肢を書いて行きます
次はリクエストのありました【4.本当にする】ルートです
遅筆で恐縮ですがよろしくお願いします


25名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 11:54:43 ID:BktB0S0.
おつ


26名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 16:15:14 ID:hjEdv7SQ
楽しみ


27名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 23:58:51 ID:x.qfJdvY
期待


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 善子「Black Sheep」 (Res:249)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1名無しさん@転載は禁止 :2017/05/10(水) 01:37:40 ID:JFf8Mvsk
ああ、この手の人間か。


最初に思ったのはこんなことだった。

運動ができて勉強ができて、人付き合いも上手で友達もたくさん。

いわゆる典型的なリア充というやつで、それは私とは正反対の人種だった。

どうせ私のようなインドアで社交性のない人間とは馬が合わないのだろう。

そして得てして私のような人間はこのタイプの人間を嫌悪する。

こういう人のありかたが人間のあるべき姿だとわかっているし、この人自身とてもいい人だと思う。

でもだからこそ自分の人間としての不完全さが浮き彫りにされているような気分にもなった。

私みたいな社会に適合できない人間モドキとは住む世界が違うのだ。

だから私は、この人とはある程度仲良くはなれても、深い友好関係を築くことはないだろうと思った。

しかしこの人のそれは度を越していた。

240名無しさん@転載は禁止 :2017/09/23(土) 04:08:35 ID:O3dzT0FU
善子「(この人たちは曜さんのことが好きで、曜さんに憧れているのよね)」

善子「(好きならその人のようになりたいとか、そばにいるのにふさわしい人間になりたいと思うものじゃないの?)」

善子「(曜さんは完璧な人。人間として完成されている、全ての人が目指すべき存在)」

善子「(好きなら、そうなりたいと思うでしょう)」

善子「(それなのにこの人たちはどうだ)」

善子「(影でこそこそと年下をいじめるような、そんな卑怯なマネするなんて)」

善子「(……曜さんがこんな人たちにつきまとわれるなんて冗談じゃない。あの人の格が落ちる)」

「アンタなによその目、生意気ね。やっぱり痛い目見ないと――」

善子「(……邪魔だな)」ギロ

「ひっ!?」ビクッ


241名無しさん@転載は禁止 :2017/09/23(土) 04:09:02 ID:O3dzT0FU
善子「(この人たちは存在するだけで曜さんに迷惑をかける)」ガシッ

善子「(エスカレートすればAqoursのみんなにも同じようなことをするかもしれない)」ギリギリ

「な、なにすんのよ……い、痛っ」

善子「(そうなる前に……)」

善子「(……いいのかな)」

善子「(……いいんじゃないか)」

善子「(何も悪いことじゃない。この人たちは曜さんにとってもAqoursにとっても)」

善子「(――学校にとっても良くない)」

善子「(だから壊しても、いいんじゃないか)」


善子「……眠いわね」ニタァ

「ひ、や、やめ」


242名無しさん@転載は禁止 :2017/09/23(土) 04:09:19 ID:O3dzT0FU
「よーしこー!!!」

善子「……っ!」ビクッ

善子「ま、マリー?」

鞠莉「こんなところにいたのね。探したわ」

善子「……どうしてここに?」

鞠莉「もう、今日は理事長室に来るよう言ってたでしょ? 忘れたの?」

善子「あ、えーっと……」

善子「(そんな約束は……あっ、そうか)」

善子「(止めてくれたのね……)」

善子「……すみません」

鞠莉「わかればよし! というわけで、この子ちょっと借りてくわね~」スタスタ


243名無しさん@転載は禁止 :2017/09/23(土) 04:09:49 ID:O3dzT0FU
鞠莉「……」スタスタ

善子「……あの」

鞠莉「落ち着いた?」

善子「ごめんなさい」

鞠莉「いいえ。心無い連中もいたものね。よってたかって後輩をいじめるなんて」

鞠莉「ああいうやつらの方が、よっぽど異常だと思うんだけど」

善子「……世の中は普通の人間のためにできていて、私たちのためのいいことなんか何一つ残ってない」

善子「ここには優しさがたりない。限られた優しさは私たちには取り分けられない」

善子「だからこうやって牙をむくしかない。やつらに食い物にされる前に、こっちが食い物にしてやるしか」

鞠莉「……そうね。攻撃されたら身を守るのが当然」


244名無しさん@転載は禁止 :2017/09/23(土) 04:11:25 ID:O3dzT0FU
善子「それでも身を守った猛獣は撃ち殺されてしまうから」

善子「ここは悪意ばかりです。そんなものを向けられたら私、わたし……」

鞠莉「津島善子」

善子「……」

鞠莉「間違えないで、あなたはちゃんと人間よ」

善子「マリー、違うんです。中には本当に、人間じゃないのもいるんです」

鞠莉「大丈夫、大丈夫よ。あなたは優しいんだから。優しくなれたんだからここにいるのよ」

鞠莉「いつでも私やみんなを頼っていいんだから。あなたを助けてくれるんだから」

善子「はい……」


あの日以来、私はこうして不安定になる日が多くなっていた。

近くに誰もいなければいいけれど、今日は本当に危なかった。マリーがいなければ大変なことになっていたと思う。

学校でAqoursの活動をしているときはまだ気が紛れた。練習をしていれば何も気にしなくていいから。

けれど夜になれば煩わしいことばかりを考えてしまって眠れなくて、嫌なことを考える時間が多くなって。

それは、昔の私のことで。

……曜さんに会いたかった。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


245名無しさん@転載は禁止 :2017/09/23(土) 04:12:11 ID:O3dzT0FU
今回は小休止回。次からはいつも通り進んでいきます
いつも読んでくれてる方々ありがとうございます


246名無しさん@転載は禁止 :2017/09/23(土) 04:35:12 ID:4E9JNDfE
よっちゃん……


247名無しさん@転載は禁止 :2017/09/23(土) 18:13:53 ID:kmSwJPmA
なるほど少しずつ変になっていくのか


248名無しさん@転載は禁止 :2017/09/24(日) 02:04:34 ID:.XLB.FJ2
考え方の違いだと思うが、少しずつ変になっていくのではなく、元々変なのが表沙汰になってくってことなんだろなきっと


249名無しさん@転載は禁止 :2017/09/25(月) 03:23:29 ID:En36oJJM
あーたぶんそんな感じだね


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


11 にこ「安価で孤島から海を制覇するわよ!」 (Res:106)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 11
1ID:yOalPPig :2017/06/17(土) 14:53:55 ID:d2sRYIYE
 
ザブーン
 
にこ「つ…着いた…」
 
にこ「陸…大地…長かった…船もぎりっぎりね…よくここまでもったわ…」
 
にこ「だいたいぬわんなのよ!この世界地図は!!」
 
 城森氷
 海平山
 島砂魔
 
にこ「こんなの嘘っぱちじゃない!」
 
     城森氷
     海平山
      砂魔
 
 島
 
にこ「実際はこう!こんなの僻地も僻地…島流しじゃないんだから…」
 
傭兵「まあ、私ら元々おたずね者っすからねぇ~」
 
ここあ「天下の大盗賊!怪盗にこにー!」
 
こころ「でも今はお姉様は宇宙一の勇者様です!」
 
こたろう「ゆうしゃー」
 
にこ「チビ達はともかく、あんた達はよく着いてきたわね…魔王軍と戦った報奨金で田舎に家でも建てられたでしょうに」
 
傭兵「なーにいってるんすか~、私らはこじきやこそ泥やチンピラやってたのをお頭が拾ってくれたからこうして生きてるっすよ」
 
傭兵「どこまでも着いてくっす!一蓮托生っすよ!」
 
にこ「あんた達…」
 
にこ「…よし!」
 
にこ「大盗賊として大陸に名を馳せて、勇者になって名を轟かせた!」
 
にこ「次は大海賊になって海を制覇するわよ!!」
 
こころあこたろう&傭兵「おーっ!」
 
にこ「にっこにっこにー♪」
 
こころあこたろう&傭兵「にっこにっこにー♪」
 
ぬいぐるみ『…』
 
にこ「あんたもやんなさいよ!!」
 
ぬいぐるみ『えぇぇ…』
 
しゃべるぬいぐるみの性格&容姿は?(μ'sの誰か×動物・安価下3)

97ID:yOalPPig :2017/09/21(木) 16:49:47 ID:FRutTT6M
海辺の畑
 
ここあ「…」ホッペプクー←体育座り
 
にこ「ここあ…」
 
ここあ「皆で頑張って耕したんだもん…」
 
にこ「うん」
 
ここあ「これからもっと大きくするんだもん…」
 
にこ「そのはずだったわね」
 
ここあ「お姉ちゃんにはわかんないよっ!だって…だって…」
 
にこ「ここあ」
 
にこ「災害が起きた時にどうするか、花陽からなんて教わったの?」
 
ここあ「…」
 
ここあ「かよちゃんは…」
 
ここあ「どんなに心配でも、落ち着くまでは絶対に様子を見に行ったらダメだって…」
 
にこ「それはなんでだと思う?」
 
ここあ「…人の命のほうが大切だから?」
 
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


98ID:yOalPPig :2017/09/22(金) 00:47:49 ID:5t0WjQew
窯洞窟
 
トテトテトテ
 
こたろう「おかまー」ユビサシ
 
にこ「そうね、こいつも移動したほうがいいんだろうけど」サスサス
 
にこ「欲しくなったらピコハンで召喚しちゃえばいいから、最悪ここが海に沈んでもなんとかなるのよね…」
 
こたろう「…?」
 
にこ「本人はわかってるんだかいないんだか」フフッ
 
にこ「こたろうはどうしたい?」
 
【創造(召喚)のルール】
・創造はこたろうが想像できるものに限る
・こたろうが見た事ないものでも可能だが想像できるかどうかは未知数
・過去に創造したものは召喚できる
・生き物は創造できない(できるっちゃできるけど魂がないので動かない)
 
窯を高台に召喚する?それとも何か新しく創造する?(高台に窯or新しく創造する内容・安価下3)


99名無しさん@転載は禁止 :2017/09/22(金) 08:57:19 ID:pwjcv.zk
かそかそ


100名無しさん@転載は禁止 :2017/09/22(金) 12:57:15 ID:3hGYffD2



101名無しさん@転載は禁止 :2017/09/22(金) 13:00:08 ID:oGALMi3I
小回りの効く大型重機


102ID:yOalPPig :2017/09/22(金) 15:31:45 ID:5t0WjQew
 
こたろう「ゆんぼがいいー」
 
にこ「ユンボ?なによそれ」
 
こたろう「まきちゃんがかいてたー」φ(..)
 
にこ「…?(真姫ちゃんの設計図を見たのかしら…)」
 
こたろう「これー」っ□
 
にこ「これは…鉄の…竜…」
 
こたろう「これもー」っ□
 
にこ「これは…この板の上に乗せたらいろいろ運べそうね…」
 
こたろう「これでおかまはこべるー?」
 
にこ「あんた…今の状況で何が必要かわかってんのね…」
 
にこ「…(複雑そうだから難易度は高そうだけど、こんなものが本当に創造できるとしたら…)」
 
にこ「こたろう!やっちゃいなさいっ!」
 
こたろう「わかったー」
 
こたろう「ゆんぼー」ピコハンポムッ
 
煙ぼわわわわわわわーん
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


103名無しさん@転載は禁止 :2017/09/22(金) 15:44:12 ID:NBspFu.6



104ID:yOalPPig :2017/09/22(金) 21:44:10 ID:5t0WjQew
 
ミニチュアまきちゃんザウルス「」ヴェヴェヴェヴェヴェ
 
こたろう「しっぱいしたー…」ザンネン
 
にこ「大丈夫よ、砂遊びに使えそうじゃない」ナデナデ
 
にこ「ミニチュアにしてはよく出来てるわね…これだけでも凄いわよ、マジで」
 
にこ「…(遊んだりして触ってれば理解度が深まって、創造の難易度が低くなる…かもしれないしね)」
 
こたろう「いけー」コントローラービビビ
 
ミニチュアまきちゃんザウルス「」ヴェヴェヴェヴェヴェヴェ 砂ズシャァ
 
にこ「しかし動く時の音がやばいわね…」
 
《アイテム》
◆ミニチュアまきちゃんザウルス…大型多機能魔導重機『まきちゃんザウルス』を模した砂遊び用の小型のラジコン 動いてる時の音が意味わかんない←NEW!


105名無しさん@転載は禁止 :2017/09/23(土) 23:14:56 ID:m03JRo0c
1でまきちゃんに「まきちゃん!まきちゃんザウルス貸して!」


106名無しさん@転載は禁止 :2017/09/23(土) 23:15:16 ID:m03JRo0c
ごめn向こうと間違えた


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


12 梨子ホグワーツSS (Res:2)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 12
1名無しさん@転載は禁止 :2017/09/21(木) 12:44:29 ID:t6R0UD/c
代行

梨子「ホグワーツから転校してきました、桜内梨子です」千歌「奇跡だよ!」(ラ板で荒らされて落ちた方)
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1505908434/

2名無しさん@転載は禁止 :2017/09/22(金) 01:54:20 ID:K5mo4Vp6
なんでscリンクなんだよ


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


13 にこ「二人で食べる」穂乃果「あなたと食べる」 (Res:694)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 13
1名無しさん@転載は禁止 :2016/03/27(日) 08:22:27 ID:wQQQ3xzc
焼き魚


穂乃果「ただいまー……おっ、今日は焼き魚?」

にこ「ええ、帰りにスーパー寄ったら鯖が安かったのよ、せっかくだし買ってきたわ」

穂乃果「最近あまりお魚食べてなかったから楽しみだなー、なんかお手伝いできる?」

にこ「んー……もうそろそろ出来ちゃうからとりあえず待っててもらえる?」

穂乃果「はーい」

……………


穂乃果「いただきまーす!……ふっくらしてて美味しいね」

にこ「煮魚とかも良いかなって思ったんだけどやっぱりこれよねー」

穂乃果「ご飯にもすごく合うね、すごく進む」

にこ「塩かけて焼いてるだけだけど、しっかり味が出てるわね」

穂乃果「家庭の定番和食って感じだよね、実家では当たり前だったけどたまに食べると落ち着くなあ」

にこ「味噌汁漬物ご飯塩焼き……ひと昔前って感じだけど、こういうのも良いわね」

穂乃果「魚はお肉に比べてヘルシーだもんね、お肉も食べたくなるけど」

にこ「フライとかだと流石にちょっと重いけどね、肉と違って用途に合わせて魚変えないといけないのも面倒だし」

穂乃果「フライ……フライも食べたいなあ」

にこ「なら鯵とか?」

穂乃果「いいねー!……あ、そういえば今日ね……」


塩焼き おしまい

685名無しさん@転載は禁止 :2017/07/22(土) 23:45:09 ID:U26XF83o
にこ「何よー、遠慮すんじゃないわよ」

穂乃果「いや遠慮ってよりさ、にこちゃんには色々良くしてもらってるし、たまにはこれくらいやらせてよ」

にこ「別に普通でしょ?」

穂乃果「そんな簡単に」

にこ「簡単に言うわよ。そりゃほら、籍入れてないけどさ、一応私とあんた夫婦だし」

穂乃果「んー……ちょっと照れるしうれしい」

にこ「そうそう。だから私が大黒柱としてあんたを養ってやんのよ」

穂乃果「それはそれでやだ!」

にこ「あ、そう……とりあえずそれはそれこれはこれなのよ」

穂乃果「じゃあちょっと期待しちゃおうかな?」

にこ「ふん、見てなさいよー。度肝抜いてやるんだから」

穂乃果「……えへへっ。誕生日おめでとう」

にこ「それ、今日でもう3回目……ふふっ」


フライドチキン おしまい


686名無しさん@転載は禁止 :2017/07/22(土) 23:45:22 ID:U26XF83o
>>680
これの続きと考えてください


687名無しさん@転載は禁止 :2017/08/03(木) 00:39:40 ID:mRdKpVjU
しょうがやき https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8489548
こっちにほの誕書きました


688名無しさん@転載は禁止 :2017/08/24(木) 22:22:57 ID:BFgDKdSo
続きはまだですか


689名無しさん@転載は禁止 :2017/09/11(月) 23:46:35 ID:G8C.GFJk
焼鳥丼


にこ「焼鳥丼ってさ、あんま焼き鳥感なくない?」

穂乃果「え、そうかな?焼き鳥のタレ使ってるしグリルパンで焼いてるから結構焼き鳥っぽいけど」

にこ「いやまーそうなんだけどさあ、なーんか串から外れた感じが欲しいというか……そもそも私焼き鳥は塩派だし」

穂乃果「えー、タレ美味しいじゃんこってりしてて」

にこ「そのこってりが嫌なのよ。せっかく油落ちてヘルシー気分なのにあんな味の濃いタレかけられたら台無しじゃない」

穂乃果「そんなこと言ったら塩だってそんな特別感ないじゃん、あんなのフライパンでしっかり焼けばすぐ出来るし」

にこ「いや……そう言われると……反論できないわね」

穂乃果「でしょー?ま、塩も美味しいけどさ」

にこ「んー、でもこうして食べるとタレもいけるわよね」

穂乃果「うんうん……あ、じゃあ今度焼き鳥食べに行こうよ」

にこ「それならこの前テレビでロケ行ったとこが良いわね、こっからあんま遠くないし」

穂乃果「じゃーいつ行く?」

にこ「んー……今週は厳しいから、来週末とかは?」

穂乃果「えっとー……あ、大丈夫!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


690名無しさん@転載は禁止 :2017/09/12(火) 01:10:49 ID:A8uGlHL2
久々乙
やっぱ丼ならタレですね
塩だと物足りない気がする


691名無しさん@転載は禁止 :2017/09/14(木) 12:16:14 ID:vpOrfj2w
好みが別れるし仕方ないね
ちな塩


692名無しさん@転載は禁止 :2017/09/19(火) 23:10:19 ID:644DumKI
ほのにこスレ落ちたにこぉ…


693名無しさん@転載は禁止 :2017/09/20(水) 01:48:26 ID:OrgF5ryA
にごぉ・・・

秋ですなぁ、そろっとあったかいものも美味しい季節ですねぇ~


694名無しさん@転載は禁止 :2017/09/20(水) 08:18:38 ID:kblSJzv2
結構あっという間に落ちましたね


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


14 千歌「夏の思い出」曜「グルメレポート!」 (Res:21)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 14
1名無しさん@転載は禁止 :2017/08/30(水) 08:52:58 ID:WoXOZUPA


みんな! 千歌のお家に集まってくれてありがとう!

え、何の用かって? 

ただお話しようと思っただけだよー。

だって、今日が夏休み最後の日だもんね。

いやあ、つい昨日に夏休みが始まったばかりな気分だよ。

あっ、果南ちゃんは歌い出さなくていいからね。

とにかく、今年の夏をみんなで振り返るのだ!


……。

あれ、誰も何も話さないの?

ほら、ダイヤさんとか髪切ったでしょ。

何か言うこと―――あ、ない? ごめんね。


うーん、じゃあテーマを決めよっか。

そのお題の通りに思い出を話すのだ!

いい? ……よかった!


えーっと、何にしようかなあ……。

あ、そういえば善子ちゃんが堕天使の涙をつくってくれたんだよね。

じゃあテーマは「食べ物」で!


さすがに夏休み、何も食べなかった人なんていないもんね。





   *

12名無しさん@転載は禁止 :2017/09/14(木) 13:50:26 ID:5g6MWJmY


情けないことに、時間のことが気になったのは、いいだけ食べ終わった後のことでした。

もともと仕事で遅れた身。

家族が心配しているのではないかと、匙を置きました。


お会計を、そうお願いすると、店主はまた返事をくれました。

おかわりは。

いえ、お会計を。

おかわりは。

ですから、そろそろ。

おかわりは。


壊れた機械仕掛けのように、同じ言葉しか返ってこないのです。

プリンを食べ終わったわたくしは、またぞくりとした寒気を感じました。


恐ろしくなり、とりあえずある程度のお金を置こうと、席を立とうとしたのです。


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


13名無しさん@転載は禁止 :2017/09/14(木) 13:51:36 ID:5g6MWJmY


わたくしの周りには客はいなかったはずでした。

それがちらりと左右に目をやると、どろりとした影が、両隣の席を埋めているのです。

それは人のようにも、獣のようにも、はたまた幼気な少女のようにも見えました。

ただその影を見ていると、だんだん周りの闇が濃くなるのです。


影がいる。


影がいる。


頭がガンガンと痛み、身体はがくがくと震えました。

わたくしは、影と一緒にプリンを食べていたのでした。


一刻もここから出なければならない。

慌てて財布をとろうとしましたが、うまく持てませんでした。


手が財布をすり抜けてしまうのです。

なんど手を伸ばしても、水中でバタつくように、わたくしの指は空を掻くだけ。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


14名無しさん@転載は禁止 :2017/09/14(木) 13:52:42 ID:5g6MWJmY


淡いオレンジだと思っていた灯りは、もうついておりませんでした。

わたくしは知らぬ間に闇の中にいて、肌はぬめっとした黒で覆われていました。

鞄も、財布も、わたくしの腕にすうっとめり込んで、転がって行ってしまいました。


おかわりは。

おかわりは。


だんだん店主の声が近づいてきます。

鼓膜の表面から、耳の奥、脳の芯まで。

泥のような声に絡み取られて、わたくしの意識はどんどん薄れて―――



ぴりり、と何かが鳴りました。



黒澤ルビィ

そう表示された液晶が鋭く光っておりました。


15名無しさん@転載は禁止 :2017/09/14(木) 13:55:36 ID:5g6MWJmY


ルビィ、ルビィ! ルビィが助けに来てくれた!

はっはっ、と息を荒げ、わたくしは携帯電話の近くに倒れ込みました。

手が透けてしまっていることも忘れ、どうにかこうにか画面に手を伸ばしました。

ルビィのことだけを考えて、プリンのことも店主のことも、頭からすっかり消し去って、ただ助かりたい一心でした。


わたくしはしばらくの間、ぎゅっと目を閉じて、鳴り続ける携帯電話を握りしめておりました。

ワゴン車は、いつの間にか煙のように姿を消していました。


この身を包んでいた泥のような声も、闇も、影も、すべてが最初からなかったかのように、消えてしまいました。

わたくしはただ一人、海風に濡れた通学路で、みっともなく倒れ込んでおりました。



今でも、考えるのです。

あの時、ルビィが電話をかけてくれなかったら。

わたくしが、あと少しでもプリンを食べていたら。

むしろあのワゴン車は、いったい――。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


16名無しさん@転載は禁止 :2017/09/15(金) 00:09:52 ID:PvQMXHAo
いいね


17名無しさん@転載は禁止 :2017/09/19(火) 19:28:07 ID:x5Za.XrE


3.黒澤ルビィ



お姉ちゃん、危なかったんだね。

ルビィが電話を掛けてよかったぁ。

あ、堕天使の涙、一個もらうね。ほんとに辛くない?

あーむっ。

わあ、大丈夫、美味しいよ善子ちゃん!


んぐ、ごくん。

えっと、ルビィもね、プリンから始まったお話なんだ。

お姉ちゃんには怒られるかもしれないけど、他に思いつかなくて。


はじまりは、ルビィが生徒会室にお邪魔した日かなぁ。

ほら、お姉ちゃんと鞠莉さんが工作してたとき。

たしか片付けてねBOXを新しくしようって話をしてたんだよね。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


18名無しさん@転載は禁止 :2017/09/19(火) 19:29:13 ID:x5Za.XrE


もらった日はなんだか嬉しくて、勉強机の上に飾って、プリンを食べながら眺めてたんだ。


え、プリンは、あー、えっとね、お姉ちゃんのです……。

ぴぎぃ! ごめんなさいお姉ちゃん!

ほ、ほら、食べちゃったプリンは返ってこないから落ち着いて、ね?


それでね、そのときもお姉ちゃんが、プリンはどこですか、って部屋に入ってきたんだ。

ルビィはびっくりしちゃって、片付けてねBOXにプリンをぶちまけちゃって。

もらったばっかりなのに、って凹んでたんだ。


でもね、消えちゃったの。


プリンがすうってなくなっちゃった。

ううん、溶けたとかじゃなくてね。

片付けてねBOXに吸い込まれるみたいに、消えちゃったんだ。

夢でも見てるのかなって思って、ルビィはしばらく動けなくて。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


19名無しさん@転載は禁止 :2017/09/19(火) 19:30:56 ID:x5Za.XrE


きっと、食べちゃったんだよ。

片付けてねBOXさんはお腹が空いてて、プリンを美味しく食べちゃったんだぁ。

そう考えたら、なんだか可愛いなって思ってね。

飼うことにしたの。


それからもプリンとか、お菓子とかをあげてたんだぁ。

片付けてねBOXさんって、何でも吸い込んじゃうんだよ。

おまけにすっごい食いしん坊。

最近はどんどん食べる量が増えて、おこづかいが大変なんだ……。

でも、モット、とかオイシイヨ、とか返してくれると嬉しいよね。


え? あ、うん、今も飼ってるよ。

1回花丸ちゃんには見せたよね。

でもひどいよ、花丸ちゃん、怖い顔ですぐに捨てて、なんて言うんだもん。

あんなに可愛いのに、どうしてあんなこと言ったの?


20名無しさん@転載は禁止 :2017/09/19(火) 19:31:42 ID:x5Za.XrE


でも、最近はもう大丈夫だよね。

花丸ちゃんも慣れてきて、可愛がってくれるもん。

やっぱりお家に連れて行ったのがよかったのかな?

ルビィがお手洗いに行っているあいだ、楽しそうに2人でお話してたんだよね。

ふふっ、これからも一緒にいられたらいいなぁ。



あ、ごめんね。これで話は終わりなんだ。

ルビィ、話の終わらせ方とかよくわからなくて……。

そうだ、片付けてねBOXさんね、今日の朝もご飯をねだってきたんだよ。


お腹ぺこぺこずら、って紙に書いてね。

花丸ちゃんの真似なんかして、ほんとに可愛いんだぁ。


みんなにも、今度見に来てほしいなぁ。



(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


21名無しさん@転載は禁止 :2017/09/20(水) 00:29:03 ID:yN.We3W2
見てるぞ


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


15 海未「江戸の町は華やかですね」 (Res:31)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 15
1名無しさん@転載は禁止 :2017/09/02(土) 01:54:18 ID:SLKx4vTk
初投稿なのでおかしいところや直してほしい所があれば教えてください
スクールアイドル要素はないです

22名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 14:26:22 ID:imlvtrao

海未「は、恥ずかしすぎますぅ!!!」

ルビイ「ぴぎい!?」

海未「あ!すいません、驚かせてしまいましたかルビイ……さん」

ルビイ「あ、大丈夫だよ。ちょっとだけびっくりしちゃっただけだから。それとルビイでいいよ。多分海未さんの方が年上だろうし」

海未「はあ、とはいえ……」

ルビイ「いいのいいの。ルビイ、さん付け慣れてないし」

千歌「ルビイちゃんからも言ってやってよ!海未ちゃんが全然動いてくれなくてさ~」

ルビイ「え?うーん……その服海未ちゃんに似合ってて可愛いから大丈夫だよ!頑張ルビイ!」

海未「そう言われても恥ずかしいものは恥ずかしいのです……」

ルビイ「ルビイも最初は恥ずかしかったけど、慣れれば恥ずかしくなくなったよ」

千歌「そうそう!こういうのはテンションで乗り切るんだよ!ノリだよノリ!」

海未「ノリ、ですか……分かりました。この園田海未、全力でノリ切って見せます!」

千歌「そう!その意気だよ!さあ、お客さんを案内して!」

海未「い、いらっしゃいませーー!」


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


23名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 14:27:28 ID:imlvtrao


《前日・穂乃果の家の風呂場》


雪穂「つまりね、私達が怪しいと睨んでいる『シャロン』の実態を知ることが、何よりも先決だと思うんだよ私は」

海未「そ、そうですか」

穂乃果「それなら穂乃果が行ったよ。お客さんとしてね!いやあもう一度食べたいなあ……」

雪穂「よだれ垂らさないでね。ていうか私に内緒でなんで勝手に行ったの!?」

穂乃果「ごめんごめん、今度は一緒に行こうね」

雪穂「そういう問題じゃないよ!言うなればあそこは敵地なんだよ」

海未「あの、二人とも」

穂乃果「う~ん、まあそうなんだけどね、行ってみたらお客さんの対応も丁寧だったしケーキも美味しかったし怪しい感じじゃ無かったんだよねえ」

雪穂「見た目じゃそんなの分かんないよ。裏じゃあどんな悪どいことをしているか……」

穂乃果「なるほど。笑顔の裏では悪事の限りを尽くしている訳だね」


24名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 14:28:16 ID:imlvtrao

海未「あの、二人とも!少々近すぎではないでしょうか!」

雪穂「え?そうかな?」

穂乃果「せっかくの裸の付き合いなんだし恥ずかしがらなくていいんだよ?」

海未「いえ、なにか柔らかいものが両腕に当たっているのですが……」

雪穂「そんなことより!『シャロン』が裏でどんなことをしているか知るために海未ちゃんにはあそこに従業員として潜入してほしいの!」ズイッ!

穂乃果「おお!ナイス考え!」

海未「せ、潜入?私がですか?というか顔がさっきよりも近いです!」

雪穂「海未ちゃんなら最近この街へ来たばかりで身バレしてないし、適任だと思うんだよね。だからお願い!これは海未ちゃんにしか頼めないの!」ズズイ!

穂乃果「穂乃果からもお願い海未ちゃん!」ズイー!

海未「わ、分かりましたから少し離れてくださいーー!」


こんな会話が交わされ、結果的に海未はフリフリの和服を着ながら接客に奮闘することになったのである。


海未(なんだかあれよあれよと言う間にこんなことになってしまいましたが、私の思っていた協力と大分かけ離れています!)

千歌「お疲れさまー、海未ちゃん。大変だったね今日は」

海未「あ、お疲れ様です千歌。まさか頼み込みにきた当日に働かされるとは思いませんでしたよ」


25名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 14:28:47 ID:imlvtrao

海未が羞恥心を抑えながら仕事に取組み始めてから数時間後、日は傾き、お客さんも帰りはじめ、従業員は閉店の支度に取り掛かっていた。


千歌「うちはおかげさまで盛況だからね。猫の手でも借りたい状態なんだよ。正直海未ちゃんが入ってくれて助かったなー。うちの採用基準って無駄に厳しいから」

海未「はあ、そうなんですか?私としては面接にきたはずなのにいつの間にか店に立つことになってびっくりしていますが」


ダイヤ『採用!ですわ!それでは早速制服に着替えて仕事に入ってください』

海未『え?え?』


海未「あの人、店長ですか?ダイヤさんと言ってましたっけ。たいした面接も行わずに採用されてしまいましたが大丈夫だったのでしょうか」

千歌「それだけ海未ちゃんがダイヤさんのお眼鏡に叶ったんだよ。いいなあ、千歌なんて一週間毎日頼み込んでやっと採用してもらえたんだもん」

ダイヤ「千歌さんの時とは忙しさが違いますからね。満客御礼で嬉しい悲鳴ですわ」

千歌「あ、ダイヤさん!今までどこにいたんですか?途中から見なかったけど」

ダイヤ「ええ、少し所用で出掛けていまして……そんなことより、海未さんの仕事振りはどうでしたか?」

千歌「海未ちゃんはねー、最初はあれだったけどその後は呑み込みも早かったしよく働いてくれてたよ

ダイヤ「それは重畳ですわ。やはり私の目に狂いは無かったようですわね」

ルビイ「お客さんからの評判も良かったよ。あの可愛い娘は誰か?って聞かれたりしたし」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


26名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 14:29:30 ID:imlvtrao

ダイヤ「何をほざいてますの千歌さん!この店一番の看板娘は未来永劫ルビイに決まってますわ!」

ルビイ「ええ!?ルビイなんて全然ダメだと思うけど……」

千歌「いや、ルビイちゃんはすごい頑張ってるよ!てゆーかひどいよダイヤさん!」

海未「あはは……皆さん仲がいいのですね」

海未(やはり、穂乃果から聞いた通り従業員の皆さんは普通の方に見えますね。果たしてこのお店から悪事の証拠が見つかるかどうか)

海未「あ、すいません皆さん、これから予定が入ってるのでここらで上がらせてもらいますね」

千歌「ええー!もう帰っちゃうの!?これから歓迎会でもしようと思ってたのに!」

ダイヤ「こらこら千歌さん。海未さんにも用事があるんですから無理に誘おうとしてはいけませんよ。それでは、気を付けて帰ってくださいね」

海未「はい。それではまた明日。千歌さん、歓迎会はまた後日誘ってください」

千歌「はあーい、じゃあね、海未ちゃん」

ルビイ「さようなら~」


店の外は既に夜の帳が下りており、辺りは真っ暗になっていた。
海未は穂乃果たちの待つ家に帰ろうと歩き出す。
『穂むら』と『シャロン』は距離的には近いが、間に大きな川が流れていて、向こう岸に渡るためには数百メートル先にある橋を渡らなければならなかった。


27名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 14:29:58 ID:imlvtrao


ルビイ「海未ちゃんちょっと待って!」


海未が数メートル進むと、後ろから声がかけられた


海未「ルビイですか。どうしました?」

ルビイ「うん、忘れてたんだけど、これうちの自慢のケーキ!今日頑張ってくれたから差し入れにどうぞ!」

海未「わあ、ありがとうございます。ご丁寧に包装までしてくれて……」

ルビイ「いいのいいの。じゃあ気を付けてね。あ、あともうひとつ……」


そう言って顔を少し近づけるルビイ。何か内緒の話でもあるのかと、海未も自然と顔を寄せる。


ルビイ「実はね、最近ここら辺で人斬りが出るって噂なんだ」

海未「なんと、それは本当ですか?」

ルビイ「うん、夜中に歩いていたらどこからともなく鈴の音がして、気が付いた時には斬られているんだって。怖いよね……。だから気を付けてねって言おうとしたんだけど……海未ちゃんにその心配はいらなかったかな?その腰の刀。もしかして海未ちゃんお侍さん?」


そういってルビイは海未の腰に差さった刀をちらっとみた。


28名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 14:31:06 ID:imlvtrao


海未「ああ、いえ、私は……侍ではありませんよ。これは護身用です。ただの見掛け倒しですよ」

ルビイ「ふ~ん……まあ一応忠告はしたから、用心はしててね。海未ちゃんに何かあったら大変だもん」

海未「ふふ、ありがとうございます。ルビイ。それではまた明日」

ルビイ「うん、また明日」


一度手を振り、ルビイは店の中に戻っていった。
その背を見送り、海未はまた歩き始める。


海未「ふむ、人斬りですか……。穂乃果たちの両親を襲った人物と関係があるのでしょうか?まあ、今考えても分かりませんね」


昼間は人通りが激しかった道の通りも、夜になれば心臓の音が周囲にこだましているのではと錯覚するほどの静けさが空間を埋めている。
夜の町もまた乙なものだと、おぼろ月を眺めながら進み、いつの間にか橋の半ばまで歩いていた。


29名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 14:31:45 ID:imlvtrao


  シャララアン……


ふいに鈴の音が周囲にこだました。


海未「ふむ、噂をすればなんとやら……というのは……こういう時に使うのですかね?」

海未「あなたは、どう思いますか?」


音の出処、海未はゆっくりと後ろを振り返る。

海未から十数メートル離れた位置、ちょうど橋の根元に静かに人の影が佇んでいた。


海未「ちょうどいいです。穂乃果たちの両親との関係をその口から吐かせてあげましょう。覚悟してくださいね」


海未はゆっくりと腰から刀を抜き、戦闘態勢に映る。

雲が晴れ、月が顔を覗かせた。
そして月の明るみの下、影の姿がさらけ出される。


30名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 19:06:24 ID:khXNTkOo
海未ちゃんはやっぱり侍似合うなぁ


31名無しさん@転載は禁止 :2017/09/19(火) 01:33:34 ID:BGnlN3LE
いいね


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


16 過去ログ化依頼スレ (Res:98)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 16
1管理人 :2015/06/16(火) 21:32:58 ID:???
過去ログ化の依頼はこのスレでお願いします

86管理人 :2017/07/15(土) 17:13:11 ID:???
海未ちゃんミニ四駆SS part2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/anime/10627/1490116688/


87名無しさん@転載は禁止 :2017/07/28(金) 14:42:12 ID:E1l.Fb9g
完結したので過去ログ化をお願い致します。

海未「ババ抜き敗北の顔から戻らなくなってしまいました…」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/lite/read.cgi/anime/10627/1500994099/l30


88管理人 :2017/07/30(日) 22:26:02 ID:???
>>87
対応しました


89名無しさん@転載は禁止 :2017/08/21(月) 11:39:43 ID:n66D7jIY
過去ログ化お願いします

海未「手記」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/lite/read.cgi/anime/10627/1499070924/l30


90名無しさん@転載は禁止 :2017/08/21(月) 11:43:21 ID:n66D7jIY
過去ログ化お願いします

穂乃果「μ'sで時代劇!」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/lite/read.cgi/anime/10627/1500270246/30n-


92管理人 :2017/08/21(月) 20:15:12 ID:???
>>89>>90
対応しました


93名無しさん@転載は禁止 :2017/08/29(火) 00:34:06 ID:dgrcVcm.
完結したので過去ログ化お願いいたします。
梨子「カードキャプター」善子「さくらうち?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/anime/10627/1500262342/


94管理人 :2017/08/29(火) 03:02:59 ID:???
>>93
対応しました


97名無しさん@転載は禁止 :2017/09/21(木) 09:04:19 ID:/0N/gOSk
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/anime/10627/1494556084/

作者急病のため更新が困難になりましたのでお願いします。


98管理人 :2017/09/21(木) 09:15:50 ID:???
>>97
対応しました


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


17 千歌「私、男の子になってる!?」鞠莉√ (Res:291)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 17
1名無しさん@転載は禁止 :2017/08/02(水) 17:02:30 ID:nTCXJr.I
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/anime/10627/1490370600/-100

149レスの鞠莉フラグからの続きです。

282名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 03:09:28 ID:hxtpMx1.
千歌「もうすぐかな?」

鞠莉「ええ、予定じゃ、あと一ヶ月…」

千歌「……親、かぁ」

なんだか不思議……本当なら私も『母親』なんだろうけど、今の私は父親だもん。

鞠莉「……名前。どうしようか」

千歌「ゆっくり決めていこう、大事に……」


283名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 10:56:25 ID:hxtpMx1.
鞠莉「…私、良かった」

千歌「なにが?」

鞠莉「千歌と出会えて」

鞠莉「いろいろあったかもしれないけど、これからの事に比べたら、大したことないや」

鞠莉「これからずっーと、一緒なんだから…」

千歌「……そうだね」

あと何十年、この人といられるのかな。
どれだけ、一緒にいられるのかな。
明日事故にあって死んじゃうかもしれないし、100歳までだって生きるかもしれない。
だから、いつどうなってもいいように。

千歌「…愛してる、鞠莉」

鞠莉「えぇ……え?」

千歌「じゃ、お風呂はいってくるね」

鞠莉「ちょっ、まって!今……!」

そんな当たり前の事を、伝えていこう。

千歌「あ〜気の所為気の所為」

鞠莉「もー!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


284名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 11:02:48 ID:0R3tTUyM
幸せだなあ…乙乙


285名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 11:24:04 ID:hxtpMx1.
推しの濡れ場はなかなか…。

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/anime/10627/1505701390/l30

果南√はそういうのが多くなるかと。


286名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 11:27:14 ID:9HiscdTc
おつおつ
この二人なら幸せな家庭を築けるでしょうね
果南ちゃん√色んな意味で楽しみ!


287名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 11:29:33 ID:jCmm3mrU
うっひょー


288名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 19:06:15 ID:ix5lJByw
鞠莉ちゃんいいぞ


289名無しさん@転載は禁止 :2017/09/19(火) 02:01:03 ID:wdlR9xow
おつおつ


290名無しさん@転載は禁止 :2017/09/19(火) 15:19:45 ID:3.7zFc5k
おつ!


291名無しさん@転載は禁止 :2017/09/21(木) 23:18:02 ID:WtCIk34s
楽しかった!おつ!


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


18 海未「私が悪の組織の怪人に!?」 (Res:154)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 18
1 ◆JaenRCKSyA :2017/07/30(日) 17:20:49 ID:.NYd9Kao
海未「くっ、もう追いつかれてしまうのですか…!」

なぜこんなことになってしまったのか、と海未は自問する。

「おまたせ、魔法戦士ホムラだよ!」

「キャプテンアンカー、到着であります!」

「瞳に翠玉、髪に黒曜!胸に秘めるは――」

海未(ええ、そんな自己紹介をされずとも当然知っています…私たちの暮らしを守るヒーローですから)

海未(昨日まではあの姿をテレビの中に見ていたはずなのに、どうして私は)

海未(怪人として相対しているのでしょうか?)

海未「ああもう!考えていても始まりません!とにかく生き延びさせてもらいます!」

海未(とは言っても、本当にどうしてこんなことになってしまったのか…朝はいつもの日常だったというのに…)

145 ◆JaenRCKSyA :2017/09/22(金) 00:55:12 ID:5RsMlP.o
鞠莉『お願いね!』

鞠莉のその声を残して耳元でブツリと音がするのを聞き、ダイヤは教室から飛び出す。
そして廊下を走り抜けていくと前方から二匹の狼のような怪獣が向かってくるのが目に入る。

ダイヤ「邪魔!」

すれ違いざまに素早くレイピアを二閃して怪獣を一瞬のうちに葬り去る。ダイヤは振り返りもせずに駆け抜けて屋上へ続く廊下を急ぐ。

ダイヤ(思っていたよりも数が多い…!飛行型までが侵入したら本格的に収拾がつかなくなってしまう…!)

階段を駆け上がり、屋上につながる扉を開けてダイヤは屋上の中央にまで足を進める。

ダイヤ「どこから現れ――!?」

ダイヤは肌を刺すような感覚に襲われ、とっさにレイピアを自身の頭の上に構える。

ダイヤ「ぐっ…!」

上空から浴びせられたのは円錐形をしたいくつもの針。突きに主眼を置いた細いレイピアでは全てを防ぐことはできず、針はダイヤの体に突き刺さる。

ダイヤが空を見上げると、目に入ったのは大きく羽ばたく鳥の翼。しかし頭から体までは鳥のそれであったが、本来尾羽の生えているはずの部分には蜂の腹部がつながっていた。


146 ◆JaenRCKSyA :2017/09/22(金) 01:01:30 ID:5RsMlP.o
ダイヤ「また醜悪な…」

その身に負った傷はそう大きくないと判断し、怪獣の姿を視界に入れるとダイヤは眉間にしわを寄せ、レイピアを構えなおす。

怪獣が甲高く鳴き声をあげて左右の翼を大きく一振りすると、その翼から羽根が弾丸のように撃ち出される。

ダイヤ「星の瞬きに散りなさい!スターラピスラズリ!」

ダイヤはレイピアを高く掲げ、白い光弾を撃ち出す。相殺できないものは身に当たるに任せて怪獣を仕留めることのみを考える。

ダイヤ「このちょこまかとっ…!」

光弾で怪獣の姿を追うも、相手は空を自在に飛び回りそれをかわす。そして光弾がそれた隙をついて怪獣は膨らんだ腹部をダイヤに向けて針を発射する。

ダイヤ「くっ…!猛るは大地の怒り!バルジトパーズ!」

掲げていたレイピアを地面に突き下ろすと、ダイヤの身を隠すようにして茶色の大岩が突き出す。

針の射出が終わると同時にダイヤは岩の影から躍り出てレイピアを振るう。

ダイヤ「燃やすは我が熱き思い!ヒートルビー!」

レイピアから放たれた炎の触手は怪獣を焼き尽くそうと迫る。


147 ◆JaenRCKSyA :2017/09/22(金) 01:05:35 ID:5RsMlP.o
怪獣が自身に迫る炎に向かって翼を羽ばたかせるとそこから暴風が吹き荒れ、炎は透明なハンマーで殴られたように形を崩す。

ダイヤ「ならば…これでどうです!」

ダイヤがタクトのようにレイピアを振るうとまっすぐに伸びていた炎は根元から裂けて二股となる。

ダイヤ「はああっ!」

二筋の炎は蛇のようにその身をくねらせながら、怪獣に巻きつくようにして迫る。

しかし怪獣は甲高い鳴き声をあげると、自身の背面から振り下ろすように大きく翼をはためかせて放射状に暴風を吹かせて炎をかき消す。
そして腹部をダイヤの方へと突き出して体を震わせると、ひときわ巨大な針をダイヤめがけて発射する。

ダイヤ(発動が間に合わない…!)

ダイヤは眼前に迫る針を見据えながら腰を低く落としてレイピアを構える。

ダイヤ「ぜええぇい!!」

声をあげながらダイヤは腕に重さを感じながら渾身の力でレイピアを振り抜く。針は打ち返されて屋上の柵を破りながら消える。


148 ◆JaenRCKSyA :2017/09/22(金) 01:08:48 ID:5RsMlP.o
ダイヤ「このままではジリ貧…気は進みませんが覚悟を決める必要がありますわね…」

ダイヤはレイピアを目の前に垂直に構えてぎゅっと一瞬目を瞑る。

ダイヤ「吹き荒ぶは翠の薫風!ウィンディエメラルド!」

ダイヤの周囲に風が舞い踊り、その体をふわりと宙に浮かび上がらせる。

ダイヤ「本来このような使い方ではないのですけれど…仕方がありませんわ」

怪獣と同じ高さにまで飛び上がり、ダイヤはレイピアを構える。

ダイヤ「さあ、かかってきなさい!」

怪獣は一度大きく翼を羽ばたかせると、鋭くとがった嘴を真っすぐに向けてダイヤへと飛び掛かる。

ダイヤ「ふっ!」

それをダイヤは宙返りをするかのように舞い上がってかわし、無防備となった怪獣の背中めがけてレイピアを突き出す。

しかしその刺突には体重を乗せることもできなかったためえぐった肉は浅く、傷を意に介さずに怪獣はそのまま飛び去って行き十分に距離を取ったところで向き直る。


149 ◆JaenRCKSyA :2017/09/22(金) 01:12:23 ID:5RsMlP.o
ダイヤを再び視界へと入れた怪獣は即座にその場で翼を振り、無数の鋭利な羽根を撃ち出す。

ダイヤ「くっ…!」

ダイヤは宙を飛び回りながらそれをかわしていくが、一瞬ぐらりと体勢が崩れ、そこを羽根の弾丸は次々と打ち抜いていく。

ダイヤ(やはり空中での戦いは不利…!)

傷を負い落下を始める体をなんとか風で立て直し、自分の上空を羽ばたく怪獣を睨み付ける。

ダイヤ(風を飛行だけに使っているようでは勝機はありませんわね…)

短く息を吸い込んでダイヤは自身を包む風の勢いを強め、一気に怪獣の上まで飛び上がる。

怪獣はダイヤのその動きをとらえると、その場に滞空しながら蜂の腹部を上に向けていくつもの針をダイヤへと撃ち込んでいく。

ダイヤ「燃やすは我が熱き思い!ヒートルビー!」

ダイヤはレイピアを躍らせて炎の鞭を作り出し迫る針を灰へと変えていく。しかし炎を繰り出した瞬間、ダイヤを取り巻いていた風は消えて体は自由落下を始める。


150 ◆JaenRCKSyA :2017/09/22(金) 01:20:47 ID:5RsMlP.o
ダイヤ「吹き荒ぶは翠の薫風!ウィンディエメラルド!」

針を全て焼き尽くし、自身の落下するスピードが加速していく中でレイピアを振るい再び風によって飛翔を始める。

その時にはすでに怪獣よりも低い位置まで落下しており、逆さにした放物線を描くようにして怪獣の懐にまで飛び込んでいく。

ダイヤ「はあっ!」

真下から突き上げるようにレイピアを繰り出し怪獣の体を串刺しにしようとする。炎によってダイヤの姿を見失った怪獣はかわすことも叶わず、その肉を削られる。

ダイヤ「ふっ!」

刺突の勢いのままに怪獣よりも高い位置にまで飛び上がったダイヤに向かって、甲高い鳴き声をあげながら翼を羽ばたかせて怪獣は羽根の弾丸を撃ち出そうとする。

ダイヤ「星の瞬きに散りなさい!スターラピスラズリ!」

しかしダイヤはそれよりも早くレイピアを掲げて純白の光弾を怪獣の体へと叩き込んでいく。

ダイヤ「吹き荒ぶは翠の薫風!ウィンディエメラルド!」

怪獣へと光弾が着弾した瞬間にダイヤは風を生み出して落下を始めていた自身の体をさらに加速させていく。

ダイヤ「これで終わりです!!」

レイピアを真っすぐに構え流星のように飛び出したダイヤは、光弾のダメージにひるんだ怪獣の体に風を纏わせたレイピアを突き入れ風穴を開ける。


151 ◆JaenRCKSyA :2017/09/22(金) 01:22:43 ID:5RsMlP.o
ダイヤ「ふう…」

身を翻し、屋上の床へと着地したダイヤは黒い粒子になって消えていく怪獣を見つめながら息を吐き出す。

ダイヤ「――飛行型の姿はもう見えないようですわね…校舎内の掃除に戻りましょうか」

空をぐるりと見渡して、怪獣の影がないと分かるとダイヤはそう呟いて屋上の柵へと駆け寄り、ひらりと飛び越えて校舎壁面の窓から校舎へと入っていった。


152 ◆JaenRCKSyA :2017/09/22(金) 01:24:43 ID:5RsMlP.o
ここまで
戦闘いちいち長すぎて話が進まないナア…


153名無しさん@転載は禁止 :2017/09/22(金) 19:51:09 ID:l.8doYIw

戦闘も楽しく読ませてもらってるよ
何より定期的に投下してくれるのが嬉しい


154名無しさん@転載は禁止 :2017/09/23(土) 00:15:51 ID:sF4.xycM
更新おつー
戦闘描写読み応えあって好きよ


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


19 穂乃果「超高校級の」千歌「奇跡だよっ!」 (Res:557)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 19
1 ◆3tB10tTG2w :2017/01/28(土) 15:38:26 ID:6Qpddjpo
速報からの引っ越しです
ラブライブ!キャラでダンガンロンパっぽいことをします。

以下注意点
・μ'sとAqoursが同時空列に存在します。
・作品の性質上キャラが死にます。推しが死んだり犯人だったりしてもご容赦ください。
・キャラ崩壊。
・気分で安価
・地の分

暇な方はお付き合いいただけたらと思います

548名無しさん@転載は禁止 :2017/09/11(月) 09:37:10 ID:pedSOrUk
ダブルリップスに見当ついてたけど
今回のでわからなくなった


549 ◆3tB10tTG2w :2017/09/16(土) 17:17:03 ID:RclwY51.
学級裁判再開

なんと、鞠莉ちゃんはキスされることによって人格が入れ替わる二重人格者だった。

マリーと名乗る彼女の登場は裁判をどう導くのだろうか。

穂乃果「え、えっと、マリーちゃん? あなたは本当に鞠莉ちゃんとは別人ってことなんだよね」

マリー「うんっ、そうだよ! 鞠莉はマリーと別人格、つまり全くの別人なんだよ!」

凛「鞠莉とマリーってややこしいにゃ」

マリー「あら、確かにそうね。初めて気づいた。だって今まで自己紹介なんてしたことなかったんだもーん。あははは♪」

梨子「性格も似ているようで微妙に違うような……」

希「今まで以上に掴みどころの無さそうな厄介な感じやねぇ」

マリー「そうだ! それじゃあ、マリーのことはイタリア風に『マリア』って呼んでくれる? これならわかりやすいでしょ?」

穂乃果「マリアちゃんかぁ、よろしくね!」

マリア「Nice to meet you!」

ダイヤ「それはそうと、果南さん。これは一体どういうことなのか説明していただけます?」

果南「うん。私がマリー、マリアと出会ったのも昨日が初めてだったんだ。夕飯の仕込みをしようかと思って厨房に入ったら、急に鞠莉が飛び出してきて、びっくりして足元がこんがらがってその拍子に……」

ことり「ちゅーしちゃったんだね♪」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


550 ◆3tB10tTG2w :2017/09/16(土) 17:17:24 ID:RclwY51.
海未「そ、そんな、き、きききキスが引き金だなんて破廉恥すぎです! 理事長失格です!」

マリア「んもぅ、あなたもなかなか堅物さんねぇ。でも今のマリーは理事長じゃなくてホテルウーマンだから関係ないもんね! あ、ホテルウーマンって言ってもやらしい方じゃないから安心してね。このssは全年齢対象の健全でお子様に優しいssなんだから!」

ルビィ「ssってなんのこと?」

絵里「初めて聞くワードね。もしかして学院の謎と関係があるとか?」

善子「ふっ、ssとは真の世界と別次元に存在する何でもありのカオス空間のことよ。コロシアイなんてほんの序の口で阿鼻叫喚、鬼哭啾々、超絶怒涛に凄惨な物語達が……」

花丸「そ、それ以上はダメずらぁー!!」

果南「コホン、話を元に戻そうか。それで、キスをした後で明らかに様子がおかしくなった鞠莉にどうしても真相を聞き出さないとって思って機会を窺っていたんだ。そしたら、マリアの方からみんなに言ったんだ。『夜に一人で保健室に来なさい』って」

海未「! あれはまさか果南個人に向けてのメッセージだったのですか」

ルビィ「そっか、だからわざとあんなセリフを。てことは、あの変態さんみたいな性格も全部演技で……」

マリア「うふふ、あなたもなかなか可愛いわね……」ジュル

ルビィ「ピギィ!?」

ことり「あはは……あの性格はまんまみたいだね」

マリア「もしかしたらマリーはムッツリな鞠莉の性欲を解放するための人格なのかもね!」

ダイヤ「なんておぞましい……」

善子「あのダイヤをここまで震え上がらせるのは堕天使ヨハネでもなかなかできないわ」


551 ◆3tB10tTG2w :2017/09/16(土) 17:18:06 ID:RclwY51.
穂乃果「ねえ、さっきから気になっていたんだけれどマリアちゃんは鞠莉ちゃんのことをちゃんとわかっているみたいな話し方だったね?」

マリア「そうだよー。鞠莉は鈍ちんだからマリーのことは認識してないみたいだけど。……鞠莉は、とっても残酷な子よ。あの子からは感情というものを感じられないわ」

にこ「にこが保健室で銃を突き付けられたあなたもなかなかのものだったにこよ?」

マリア「それ以上にってこと。……あの子は何の躊躇いもなく人を殺す。それは相手が自分の別人格のマリーでもきっと同じ」

果南「私がみんなにマリアのことを話せなかったのはこれが理由だよ。マリアは、私の知る限り私たちと同じ普通の女の子なんだ。そりゃあ、ちょっと変なところもあるけれど……鞠莉みたいに残酷で冷徹なんかじゃ決してない」

果南「マリアのことが鞠莉に知られたら、彼女は間違いなくマリアの存在を自分の中から消し去ろうとする。そんなこと、私は絶対にさせたくなかったんだ!」

ルビィ「果南ちゃん……それじゃあマリアちゃんのことを庇うために……」

花陽「でも、よかったの? 鞠莉ちゃんにも今回のことでばれちゃったんじゃ」

果南「鞠莉は二重人格の消し方には心当たりがないって言ってた。もちろん本当のことかはわからないけれど、それでもあの場はああでもしないとまともな議論ができないと思ったから。今はみんなでこの裁判を乗り切るのが先だよ!」

凛「うん、そうだね! 凛たちも精いっぱい協力するよ!」

梨子「鞠莉ちゃんのことは確かに信用できなかったけれど、マリアちゃんには何の責任もないもんね」

マリア「みんな……ありがとう!」


552 ◆3tB10tTG2w :2017/09/16(土) 17:18:25 ID:RclwY51.
にこ「さあ、それじゃあ、早速なんだけれど、にこのアリバイを証言してくれないかな?」

マリア「アリバイの証言? ああ、マリーが保健室であなたから銃を奪ったことね。それなら間違いないわ。にこさんから拳銃を奪い取ったのは紛れもない事実だよ! あれは深夜の0時を少し回ったくらいだったかしら」

絵里「それは確かなことなの?」

マリア「ええ、もちろん。昨晩最初に私のところを訪れたのは果南ね。その時にマリーが鞠莉の二重人格だってことを話したの。時間で言うと23時から日付が変わるちょっと前くらいまでね」

マリア「それからしばらくしてにこさんが保健室に来たわ。彼女はマリーを殺すつもりだったみたいね。部屋に入れるなり銃口を私に向けて学院の秘密を話せって脅迫してきたわ。まあ、そんなのマリーには通用しなかったけどね♪」

マリア「その後はしばらく待っても誰も現れる気配もなかったからウトウトしてきて、そのまま寝ちゃったのよね。多分3時くらいだったかしら」

海未「それでは今朝がた5時ごろに私が保健室を訪れたことは知らないのですね?」

マリア「あー、あなたね。マリーが今朝起きたら枕元に置いておいた拳銃が無くなっていてびっくりしたわ。これでも気は張っていたつもりだったんだけれど不覚だったわ」

果南「これで昨晩あったことは大体明らかになったんじゃないかな。にこと海未の証言にも矛盾はないみたいだよ」

凛「海未ちゃん疑ってごめんね?」

海未「いえ、真実を明らかにするためには時に疑うことも大切ですから。凛は悪くありませんよ」

梨子「でも、今のマリアちゃんの証言で一つわからないことが増えたよ。それはこの事件では武器庫の拳銃は使われなかったってことだよ」

梨子「理事長ファイルによると犯行時刻は0:15。その時間はにこちゃんが保健室を訪れた時間と一致しているんだよ」

花陽「確かに。拳銃にアリバイが成立しているね」

希「だけど、その拳銃以外に武器庫の銃が持ち出された痕跡はないよ?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


553 ◆3tB10tTG2w :2017/09/16(土) 17:18:49 ID:RclwY51.
議論開始

①武器庫の見張り
②ブラックリスト
③メス
④結束バンド

ダイヤ「銃の出所は一体どこだったのでしょう?」

ことり「やっぱり武器庫以外にないんじゃないかな?」

海未「ですが、厳重な【見張りを破って】銃を持ち出すのは至難の業です。にこの時のように都合よくはいかないはずです」

絵里「それに武器庫にある武器の数は確認済みよ。あの拳銃以外に武器は持ち出されていなかった」

果南「学院内に他に銃を手に入れられる場所もないし、何かの方法で外部から持ち込んだとか?」

にこ「そんな危ないもの【学院に持ち込めるわけない】じゃない。理事長が許さないわよ。ね、マリアちゃん?」

マリア「さあ? マリー理事長じゃないからわかんなーい」

善子「やっぱり理事長の鞠莉は怪しいわ! どこかに内緒で【銃を隠していた】のよ」

穂乃果「理事長室を調べた感じだと武器のようなものは見つからなかったけれどな」

花陽「銃を【新しく作った】んじゃないかな? 部品だけ調達してあとで組み立てたとか」

善子「銃なんてそんなに簡単に作れるものなの? 第一部品はどうするのよ」

凛「倉庫にあるものでなんとかならないの?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


554 ◆3tB10tTG2w :2017/09/16(土) 17:19:09 ID:RclwY51.



③メス→【学院に持ち込めるわけない】

穂乃果「それは違うよっ!」

Break!

穂乃果「多分だけれど武器を学院に持ち込むことはできたはずだよ。実は真姫ちゃんのポケットの中からこんなものが見つかったんだ」

花丸「それってメスだよね?」

ルビィ「超高校級の医者の真姫ちゃんらしいね。でも、それと武器を持ち込むことの何が関係あるの?」

穂乃果「つまり、真姫ちゃんみたいに私たちが入学式の時に所持していたものはそのまま持ち込むことが出来たかもしれないんだよ。それが銃だったとしても」

ダイヤ「銃を学校に? そんなことをしでかす人物がいますでしょうか?」

にこ「でも確かににこが携帯していた化粧道具は一式揃っていたにこよー」

善子「私も黒魔術に使う鍋と毒ガエルと破魔の杖はいつの間にか部屋に運ばれていたわね」

絵里「なんてもの持ち込んでいるのよ……」

海未「毒ガエルやメスのような凶器に使えそうなものまで持ち込めるのであれば、銃を持ち込めない道理はないということですか」

花陽「でも、ここは日本の学校だよ? 銃なんて持っている女子高生なんているのかな?」

マリア「日本の学校だけれどただの学校じゃないわよ。超高校級の天才たちの集まる学校、音ノ木坂学院ならマリーたちの想像を超える出来事も少なくないわ」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


555名無しさん@転載は禁止 :2017/09/16(土) 22:01:01 ID:acm0HBsQ
続ききてたか


556名無しさん@転載は禁止 :2017/09/17(日) 11:17:49 ID:pHEX0aA6
おつおつ


557名無しさん@転載は禁止 :2017/09/18(月) 00:48:38 ID:PVkTEk82

にこの腹痛は真姫ちゃんに毒盛られたけど強靭な胃袋のお陰で無事だったんだ!
…という俺の名推理は外れたようだな


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


20 凛「えっ!?彼氏ができたの?かよちん!」 (Res:68)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 20
1名無しさん@転載は禁止 :2017/04/27(木) 07:54:03 ID:IIw.VJiY
昼休み


花陽「うん……実は、もう付き合って1カ月なんだ///」

凛「すごいよかよちん!いつのまに彼氏なんて作っちゃって!」

真姫「そういえば花陽、最近スマホを触る頻度が増えたと思ったけど、そういうことだったのね」ニヤニヤ

花陽「う、うん……ずっと彼氏とラインしてましたっ///」


本スレで糞茸に埋められたのでこっちで

59名無しさん@転載は禁止 :2017/04/29(土) 15:47:00 ID:0WtNr85I
>>1「花陽からラインがたまに来るから、それを返しながらだけど、今日は楽しもう!」

凛「かよちん……前までは凛と休日はラインしてたのに……」シュン

>>1(あ!やべ、いきなりやっちまった!)

>>1「ははっ!それよりもほら、行こうぜ」ギュッ

凛「あっ……///」

1は凛の手を握り、街へと向かった

凛(1さんの手が、凛の手を……///)

凛(凛、男の人と手をつなぐのはじめて……///)ドキドキ



凛「ねぇねぇ、どこ行くの?1さん」

>>1「凛ちゃんはスポーツ得意なんだろ?実は俺もスポーツは得意なんだ」

>>1「だから、街中にあるラウントワンへ行こう!ほら、見えたよ」

凛「わぁ、ラウントワンなんて久しぶり!体たくさん動かせるにゃ!」

>>1「にゃって何よにゃってw」

凛「あ……///」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


60名無しさん@転載は禁止 :2017/04/30(日) 12:00:36 ID:0uvgO9Ok
ラウントワンにて

>>1「さぁ、最初は何して遊ぼうか」

凛「よーし、腕ならしにテニスで勝負だ!」

>>1「俺はスポーツ万能だからね。負けないぞ!」

凛「よし、勝ったほうが次にやるスポーツを決めれることにしようよ」


結果

凛「ぐぬぬ……」

>>1「ははは!なかなか強いじゃん凛!」

凛「悔しいにゃー!!!」プンスカ

>>1「俺の勝ちは勝ちだもんね!次は……」

>>1「勝負に関係ないけどあれやろうぜ」

凛「ローラースケートか、おもしろそう!!」


61名無しさん@転載は禁止 :2017/04/30(日) 12:03:51 ID:0uvgO9Ok
ローラースケート

凛「えへへへへー、凛のほうが滑れるよー!」

>>1「くっ、これ難しいじゃん!!」

凛「みてみてー!今から回転するにゃ!」

凛「とうっ!!!」クルクル

>>1「おぉおおお!!!すごいすごい!」

凛「へへへー、凛、こういうのすっごく得意!!」ヒラヒラ

>>1(凛が回転するたびにパンツが見える///)

>>1(黄色か、もっと見たいな……)


62名無しさん@転載は禁止 :2017/04/30(日) 12:06:39 ID:0uvgO9Ok
凛「ぎゃっ!!!!」

>>1「あっ!だいじょうぶか凛!」

凛「えへへ、調子乗ってたらころんじゃった」

>>1「足からこけたよね。大丈夫?足見せて」

凛「問題なし!陸上やってたからこのくらいなら平気にゃ!」

>>1「うん、けがしてなさそうだな」

>>1(凛が、足を開いてるからパンツが丸見えだ……///)

凛「あっ///」

凛はスカートを慌てて隠す

>>1「///」

凛「もう!1くんのエッチ!!」


63名無しさん@転載は禁止 :2017/04/30(日) 12:12:07 ID:0uvgO9Ok

色々遊んで休憩

凛「んー!楽しい!やっぱりスポーツはわくわくするにゃー!」

>>1「ほんとにね。でも少し疲れたなー」

凛「ねーねー、1さんはかよちんと2人きりでいるときどんなことして遊ぶの?」

>>1「花陽といるときかい?街で買い物するか、プリクラとるか、家でイチャイチャすることがおおいかな」

凛(い、イチャイチャ……///)

>>1「花陽は、俺が疲れたときはよく膝枕をしてくれるぜ」

凛「えぇ!!かよちん、大胆なんだね///」

>>1「そうだ、凛も膝枕してよ」

凛「えっっ!!?凛が!!?」

>>1「あー、動くの疲れたなぁ、ちょうどいい膝ないかなぁーーー」チラッ

凛「や、やだよ……恥ずかしいもん……それに、凛の膝、かよちんの膝みたいに柔らかくないもん///」

>>1「そんなのやってみなきゃわからないさ。よいしょっと」

凛「にゃぁあ!!もう!いきなり寝転がらないで!!」

>>1「んーー!これよこれ!これの感触、すごく柔らかい!!」顔スリスリ
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


64名無しさん@転載は禁止 :2017/04/30(日) 12:16:13 ID:0uvgO9Ok
ラウントワン内にあるゲーセン

凛「ねぇねぇ1くん、プリクラ撮ろうよ!」

>>1「おっ!いいねぇ、花陽に見せるなよぉ」

凛「死んでも見せない」

>>1「さすが、即答だな」



プリクラ「お互いに好きなポーズをとってねぇ」

>>1「ギリギリまでくっつこう」ギュッ

凛「すっごく恥ずかしいよ……///」

凛(ほぼ全部のプリクラを1くんと抱き着いて撮っちゃった///かよちんに絶対に見せないようにしなきゃ……)

>>1(凛ってすごくいい匂いだなぁ)


65名無しさん@転載は禁止 :2017/04/30(日) 12:20:40 ID:0uvgO9Ok
そんなこんなで2人は夕方まで、まるで本物の恋人のように楽しんだ

凛「あー、すっごく楽しかったね、1くん!」

>>1「うん。また一緒に来たいね。ラウンドワン」

>>1「って、花陽にライン返すの忘れてた!!」

凛「えっ、ひどーい1くん!彼氏さんなのに!」

>>1「凛といると楽しすぎて花陽のこと忘れてた」

>>1「うわっ、ラインが20件来てる……」

花陽
1くーん

花陽
どうしたの?

花陽
花陽さびしいなぁ……

花陽
お返事ください……

花陽
いまどこにいるの?

花陽
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


66名無しさん@転載は禁止 :2017/05/05(金) 00:44:29 ID:FzFC4F1g
まだかよちん


67名無しさん@転載は禁止 :2017/07/20(木) 10:00:18 ID:.w1eqV.s



68ブランドコピー激安通販 :2017/09/13(水) 14:34:09 ID:gIkHEhak
ありがとうございました。商品無事にとどきました。とても良い取引ができました。またの機会が有りましたら、よろしくお願いします。
ルイヴィトンストール♪送料無料 新品同様 ルイヴィトン スカーフ ヤヨイ クサマ パレオ モノグラム ウェーブ M74632 コットン100% ジョーヌ 新品 スカーフマフラー 草間彌生 イエロー ブラウン 黄色 141006043 LOUIS VUITTON
クサマヤヨイのLVコラボ アイテムとして 綺麗な配色で思ったより派手でなくよかったです。
ブランドコピー激安通販 http://www.copysale.net


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容: