板情報 | アニメ/アニメグッズ ]
【涼宮ハルヒの憂鬱】涼宮ハルヒを語れ【避難所】
書き込む前に読んでね | 2ちゃんねるガイド | チャット | FAQ

1 : 【涼宮ハルヒの憂鬱】涼宮ハルヒを語れ 避難所1日目(12)
  (全部で1のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード


1 【涼宮ハルヒの憂鬱】涼宮ハルヒを語れ 避難所1日目 (Res:4)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1名無しさん :2015/02/22(日) 01:02:10 ID:hxwDhWOw
本スレ
【涼宮ハルヒの憂鬱】涼宮ハルヒを語れ その166
ttp://hello.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1420381800/

新スレ
【涼宮ハルヒの憂鬱】涼宮ハルヒを語れ その167
ttp://hello.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1424533500/

6 ◆Yafw4ex/PI :2015/09/23(水) 21:20:21 ID:48ENbBaI
 古泉は他の旅館の温泉や足湯を楽しむとか言ってたが、他のメンバーの行き先については分
からない。
 そんなに大きな温泉街じゃなかったから、何処かで誰かに会うだろうと思ってたんだが。
 ……探してみるかな。
 せっかくの自由時間の使い方がそれでいいのかという気もするが、他にやりたい事があるわ
けでもないし。
 そう思って再び街をぶらついて居ると
「よう」
「……」
 ふと目に入った行列の途中に、長門を見つけた。
 行列の先にあるのは……意外だな。
「ラーメンか」
「そう」
 十人程が並ぶその店はラーメン屋で、暖簾に書かれた店名は達筆過ぎて俺には解読できない。
 まあちょうど昼時ではあるし、俺も並ぶとするか。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


7 ◆Yafw4ex/PI :2015/09/23(水) 21:22:02 ID:48ENbBaI
 今は何時だ……?
 時計に手を伸ばして確かめ……あれ、何処に置いたっけ。
 枕元を探って時計を手に取って見ると、ついさっき三時を過ぎた所だった。
 凄い雨だな……って、あれ。古泉?
 隣りに引いてあったはずの布団は空になっていて、敷布団を触ってみたが既に冷たくなって
いる。
 とりあえず部屋を出ると大部屋には誰の姿も無かった、女子部屋に声をかけるのは躊躇われ
るが……どうしようかと襖の前で迷っていると自動扉の様に襖が開き、そこには長門が立って
いた。
「えっと」
「緊急事態」
 何を聞いていいのかすら分からなかった俺だが、雨音に掻き消されそうな長門の声に、一気
に目が覚めた気がした。
 思わず息を飲む中、
「大雨洪水警報で、河川州域に避難指示が出ている。この宿は避難区域の対象外」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


8 ◆Yafw4ex/PI :2015/09/23(水) 21:23:36 ID:48ENbBaI
 聞いた限りでは、あいつが興味を示しそうな内容には思えないが……何か、気になる事でも
あったんだろうか。
 夕方のあの様子からしても、その可能性は高い気がする。
 やれやれ……。
 自然と口から漏れていた息が、湯飲みから上っていた湯気を乱した。
 自称超能力者でこんな宿まで手配できる古泉や、何事にも動じない万能元文芸部員とは違い、
俺には何の力も無い事は十分自覚している。こんな天気の中で外に出るのは悪手以外の何物で
もない事もな。
 せっかくの骨休めなんだし、ここで大人しく待ってるのが一般人たる俺の取るべき選択なの
は間違いないだろう。長門がここに居るって事はつまり、ハルヒに身の危険が迫ってるって事
でも無いんだろうしな。
 だからこれはきっと、間違っている選択なんだろう。
 お茶を一気に飲みほして、ちゃぶ台の上にそっと湯飲みを置いて立ち上がると
「お茶、ありがとうな」
「いい」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


9 ◆Yafw4ex/PI :2015/09/23(水) 21:24:55 ID:48ENbBaI
「あんたの想像してる通り、当時は割とあった事よ。……今で言えば、その行為で雨が止むだ
なんて誰も思わないわ。でもね、もしかしたら……当時の人もこれで雨が止むと信じてなんて
いなかったのかも。それでも、これで雨が止む『かもしれない』って希望でも無ければ、どう
しても動けない時もあるんだと思う」
 何かを考えているのか、それから暫くの間ハルヒは無言だった。
 ハルヒが言う様な絶望的状況に心当たりがあるはずもない俺には、当時の人々の苦労を理解
する事は出来そうにない。
「その、人身御供になった人ってね。亡くなったのは二十四歳の時だったんだって、中学の時
から入院していたらしいから十年以上ずっと病院に居て……でも結局、病気は治らなかった。
もう長くは生きられないって言われてて、こんな自分に出来る事はこんな事しかないからって、
自らその身を投げ出した。この地域ではずっとそう語り継がれてるみたい」
 お前の様子が変だった理由は、その話を聞いたからか。
 ハルヒはこちらを向くと、
「……キョン、あんたって幸せ?」
 何時もの無駄な元気がまるで感じられない顔で、そう聞いてきた。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


10 ◆Yafw4ex/PI :2015/09/23(水) 21:28:19 ID:48ENbBaI
「だーかーら、あたしが二十四歳で余命宣告を受けて、卒業後に連絡も取れなくなってたとし
ても、もう一度会いたいって言ったら来てくれる?」
 ああ、さっきの話を自分に例えてるわけか。
 現実的に考えて……
「すぐにってのは難しいんじゃないか?」
「……え」
 だって、ほら。
「二十四歳ともなれば、みんなそれぞれに生活がある頃だろうしさ」
「……」
「でもまあ、時間があれば……ってハルヒ、何を怒ってるんだ」
 それこそ半分寝ている頭でも一瞬で理解できる怒った顔が、俺をにらんでいる。
 腕を組んだハルヒが、俺の前に立ちふさがっていた。
「あんたが、そんっな薄情な奴だったなんてね」
 薄情……ああ、そういう事か。
 殆ど回転していない頭が導いた結論、それはハルヒが怒っている理由であり、それに対して
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


11名無しさん :2016/07/26(火) 21:10:40 ID:.qu3Lzd6
遅くなりましたが乙
みんな戻ってきてくれないかな…


12名無しさん :2016/08/19(金) 09:13:25 ID:nfONkOIs
dat落ちにつき次スレ
【涼宮ハルヒの憂鬱】涼宮ハルヒを語れ その184
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1471565100/


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容: